最終更新日: 2023.09.22

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

1. イントロダクション

近年、営業の手法としてインサイドセールスが注目されています。この記事では、インサイドセールスの基本的な概念や役割について解説し、フィールドセールスとの違いや、インサイドセールスを成功させるためのポイントを紹介します。

2. インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは、主に電話やインターネットを活用し、顧客とのコミュニケーションを行いながら商品やサービスを販売する営業手法です。インサイドセールスは、対面での営業活動(フィールドセールス)に代わる形で普及しており、効率的な営業活動が求められる現代のビジネス環境に適応しています。

3. フィールドセールスとインサイドセールスの違い

3.1 定義と役割の違い

フィールドセールスは、対面での営業活動を指します。これに対し、インサイドセールスは、電話やインターネットを活用した営業活動です。両者の違いは、主に接触手段と活動範囲にあります。

3.2 活用シーンの違い

フィールドセールスは、顧客訪問や商談、展示会などの対面活動が主体です。一方、インサイドセールスは、電話やメール、オンライン会議などを使って顧客とコンタクトを取ります。インサイドセールスは地理的な制約が少なく、顧客とのやり取りが効率的に行えるため、多くの企業で導入が進んでいます。

3.3 インサイドセールスとフィールドセールスの協業

インサイドセールスとフィールドセールスは、それぞれの強みを活かして連携することで、より効果的な営業活動が可能です。インサイドセールスによってリードの質を高め、フィールドセールスが成約に導くといった役割分担が考えられます。

4. インサイドセールスの成功要因

4.1 優れたリード管理

インサイドセールスの成功には、リードの管理が重要です。リードの獲得、評価、フォローアップのプロセスを整備し、営業チームが効率的にリードを取り扱えるようにすることが求められます。

4.2 効果的なコミュニケーションスキル

インサイドセールスでは、電話やメール、オンライン会議などで顧客とのやり取りが行われます。そのため、適切なコミュニケーションスキルが求められるほか、リスニング力や問題解決能力も重要です。

4.3 CRMツールの活用

CRMツールを活用することで、リード管理や営業活動の効率化が図れます。顧客情報の一元化や営業プロセスの可視化により、営業チームの生産性向上につながります。

4.4 継続的な研修とスキルアップ

インサイドセールスにおいては、営業スキルや知識の向上が重要です。継続的な研修やスキルアッププログラムを通じて、営業チームの成長を促すことが求められます。

5. インサイドセールスの抑えるべきポイント

5.1 顧客のニーズを理解する

インサイドセールスでは、顧客のニーズを理解し、適切な提案を行うことが重要です。リスニング力を鍛え、顧客の要望や課題を把握することで、効果的な営業活動が可能になります。

5.2 オンラインコミュニケーションの向上

電話やメール、オンライン会議を使ったコミュニケーションが主体のインサイドセールスでは、オンラインでのコミュニケーションスキルが求められます。効果的な伝え方やリスニング力を磨くことが重要です。

5.3 KPI設定と達成

インサイドセールスチームには、明確なKPI(Key Performance Indicator)を設定し、目標達成に向けた取り組みが必要です。KPIの設定と達成状況のモニタリングを通じて、営業活動の効果を最大化します。

5.4 顧客との長期的な関係構築

インサイドセールスでは、一度の取引だけでなく、長期的な顧客との関係構築が重要です。アフターサービスやフォローアップを通じて、顧客満足度を向上させ、リピートビジネスやリファーラル(紹介)を促進します。

6. インサイドセールスのチーム構築

6.1 人材採用

インサイドセールスチームの構築には、適切な人材の採用が必要です。優れたコミュニケーションスキルを持ち、問題解決能力やリスニング力に優れた人材を選定することが重要です。

6.2 役割分担

インサイドセールスチームでは、メンバーの役割分担が重要です。リード獲得、顧客対応、アフターサービスなど、各メンバーが担当する業務を明確にすることで、効率的なチーム運営が可能になります。

6.3 チームワークの向上

チームワークを向上させることで、インサイドセールスの効果が高まります。定期的なミーティングや情報共有、研修などを通じて、チームの連携を強化しましょう。

7. インサイドセールスのテクノロジー活用

7.1 CRMツール

顧客情報や営業活動を一元管理するCRMツールは、インサイドセールスの効率化に欠かせません。リード管理や営業プロセスの可視化、顧客対応履歴の管理などを行うことで、営業チームの生産性向上につながります。

7.2 コミュニケーションツール

インターネット電話やチャットツール、オンライン会議ツールなど、コミュニケーションツールの活用がインサイドセールスにおいて重要です。効率的な顧客対応やチーム間のコミュニケーションが可能になります。

7.3 データ分析ツール

営業活動の効果測定や顧客分析を行うデータ分析ツールの活用も、インサイドセールスの成功に寄与します。データを活用して営業戦略の最適化や顧客対応の改善を行いましょう。

8. インサイドセールス活用事例

8.1 ITソリューション企業のリード獲得と顧客対応

あるITソリューション企業では、インサイドセールスを活用して、効率的なリード獲得と顧客対応を行っています。まず、ウェブサイトのコンテンツやSNSを活用して、ターゲット顧客にリーチし、リードを獲得します。獲得したリードに対して、インサイドセールスチームが電話やメールでアプローチし、商品説明や質問対応を行います。リードの質を高めた上で、フィールドセールスチームに引き継ぎ、成約に導くといった役割分担が行われています。

8.2 ソフトウェア企業のオンラインデモ提案

あるソフトウェア企業では、インサイドセールスを活用して、オンラインでのデモ提案や顧客対応を行っています。顧客からの問い合わせや興味を持ったリードに対して、インサイドセールスチームがオンライン会議ツールを使ってリアルタイムで商品説明やデモンストレーションを行います。これにより、顧客が自分のオフィスや自宅からでも、商品の特徴や機能を理解しやすくなっています。また、アフターサポートもオンラインで効率的に行われており、顧客満足度の向上につながっています。

8.3 スタートアップ企業の顧客獲得とリテンション

あるスタートアップ企業では、インサイドセールスを活用して、効率的に顧客獲得とリテンションを行っています。インターネットを活用したリード獲得や営業プロセスの最適化が行われており、特にSaaSプロダクトの導入に成功しています。インサイドセールスチームは、ウェビナーやコンテンツマーケティングを活用してターゲット顧客にリーチし、適切なタイミングでアプローチを行っています。また、既存顧客に対しては、定期的なフォローアップやアップセルの提案を行い、長期的な顧客リテンションを実現しています。

9. まとめ

インサイドセールスは、現代のビジネス環境に適した営業手法であり、フィールドセールスとの違いを理解し、それぞれの強みを活かすことが重要です。インサイドセールスでは、効率的なリード管理や優れたコミュニケーションスキルが求められます。また、CRMツールやコミュニケーションツール、データ分析ツールなどのテクノロジー活用が、インサイドセールスの成功に寄与します。

チーム構築や継続的な研修、KPI設定と達成、顧客との長期的な関係構築など、インサイドセールスにおける抑えるべきポイントを理解し、効果的な営業活動を展開しましょう。インサイドセールスを活用した事例からも、多くの企業がインサイドセールスを導入し、効果を上げていることが分かります。

今回の記事で紹介した内容を参考に、インサイドセールスを効果的に活用し、売上向上を目指してください。

最後に

弊社は、決裁者向けのマーケティング支援に特化して9年以上事業展開している会社です。

決裁者マッチング支援サービス「チラCEO」を提供しています。

チラCEOを通して『BtoBだと、担当者に営業しても中々契約につながりにくい』

そんな悩みの解決に寄与できます。

またそれだけでなく、パートナー獲得や資金調達先探しなど、様々な経営課題解決にも活用できます。

【マッチングについて】

登録決裁者数6,500人以上(審査通過済みの数、2023年1月時点)の

国内最大の決裁者マッチングプラットフォームを基軸に、

決裁者とのマッチング機会を創出しています。

具体的には

・会いたい決裁者を探して、メッセージでつながる「メッセージ機能」

・毎日のおすすめ決裁者に会いたいリクエストを送る「会いたい機能」、

・日々決裁者のニーズがタイムラインで投稿される「掲示板機能」、

・決裁者に直接プレゼンできる「決裁者限定イベント」、

・CS(カスタマーサクセス)があなたに合う決裁者を「直接ご紹介」

の5つの導線より決裁者同士のつながりを創出します。

【実績、問い合わせ】

実際にご利用いただいた決裁者様のなかには、

・導入後2ヶ月で6件の受注ででた

・10か月毎月受注&費用対効果8倍を実現した

等多数実績がございます。

事例一覧↓

https://onlystory.co.jp/service/case/

サービス詳細についてはこちらからご覧ください↓

https://onlystory.co.jp/

お問い合わせ、資料請求は、こちらからお気軽にお問合せ下さい

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問