最終更新日: 2023.09.22

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

1. インサイドセールスとは?その重要性を理解しよう

1.1 インサイドセールスの定義

インサイドセールスとは、主に電話やメール、SNSなどのリモート手段を利用して営業活動を行う手法のことです。対面営業(アウトサイドセールス)とは異なり、インサイドセールスでは営業担当者が自社のオフィスや自宅などから顧客とコンタクトを取り、商談やクロージングを行います。

1.2 インサイドセールスのメリット

インサイドセールスには以下のようなメリットがあります。

  • コスト削減: 交通費や出張費を削減できます。
  • 効率向上: 移動時間を営業活動に充てることができます。
  • 顧客範囲の拡大: 地域や国境を越えて営業活動が可能になります。

1.3 インサイドセールスの成長の背景

インサイドセールスは近年、以下の理由から急速に成長しています。

  • リモートワークの普及: コロナ禍によりリモートワークが一般化し、インサイドセールスのニーズが高まりました。
  • テクノロジーの進化: CRMツールやコミュニケーションツールの発展により、リモートでの営業活動が容易になりました。
  • 顧客のニーズ変化: 顧客もリモートでのコミュニケーションに慣れ、インサイドセールスに対する受容度が高まっています。

2. インサイドセールス やり方の基本要素

2.1 目標設定とKPI

インサイドセールスを成功させるためには、まず明確な目標設定が必要です。目標を設定する際は、SMART(Specific, Measurable, Achievable, Relevant, Time-bound)な目標を立てることが重要です。目標設定に加え、KPI(Key Performance Indicator)を設定し、チーム全体でパフォーマンスを管理することが求められます。

2.2 顧客セグメントの特定

効果的なインサイドセールスを実施するためには、ターゲットとなる顧客セグメントを明確に特定することが重要です。顧客セグメントを特定することで、営業活動を効果的に行い、顧客満足度を向上させることができます。

2.3 プロセスの構築と最適化

インサイドセールスでは、営業プロセスを構築し、継続的に最適化することが重要です。プロセスを構築する際には、リサーチ、アプローチ、フォローアップなどの各ステージにおいて、チーム全体で統一された手順や基準を設定しましょう。また、データを活用してプロセスを最適化することで、効率的な営業活動が実現できます。

3. インサイドセールス やり方の実践的ステップ

3.1 リサーチとリードの獲得

効果的なインサイドセールスの第一歩は、リサーチとリードの獲得です。リードは、SNSやウェブサイトからの問い合わせ、イベント参加者、リファラルなど、様々な方法で獲得できます。リードを獲得したら、彼らの業種、企業規模、役職、ニーズなどの情報をリサーチし、営業活動の効果を最大化しましょう。

3.2 アプローチの方法とタイミング

リサーチが完了したら、リードに対して適切なアプローチ方法とタイミングを見極めることが重要です。アプローチ方法には、電話、メール、SNSなどがありますが、顧客の好みや状況に応じて最適な方法を選択しましょう。また、タイミングも重要であり、例えば、顧客が情報を求めているタイミングや、過去のアクティビティ履歴から導き出される最適なコンタクト時間を把握することが求められます。

3.3 高いコンバージョン率を目指すためのコミュニケーションスキル

インサイドセールスで成功を収めるためには、高いコンバージョン率を目指すコミュニケーションスキルが必要です。具体的には、以下のようなスキルが求められます。

  • リスニングスキル: 顧客のニーズや懸念を理解し、適切な提案ができるようになります。
  • 問題解決能力: 顧客の課題に対して柔軟かつ具体的な解決策を提示できます。
  • 適切なクロージング: 顧客の購買サイクルに合わせて適切なタイミングでクロージングを行います。

3.4 顧客フォローアップの重要性

インサイドセールスでは、顧客フォローアップが重要です。商談が成立しなかった場合や、顧客が潜在的なニーズを持っている場合は、定期的にフォローアップを行い、関係を維持・強化しましょう。また、成約した顧客に対してもアフターサポートを行い、リピートやリファラルを促進することが大切です。

4. インサイドセールス やり方で陥りがちな失敗例と対策

4.1 対象顧客の誤解

インサイドセールスで陥りがちな失敗の一つは、対象顧客の誤解です。ターゲット顧客が適切でない場合、営業効果が低くなります。対策として、顧客セグメントを定期的に見直し、営業活動がターゲット顧客に適切に向けられていることを確認しましょう。

4.2 コミュニケーションの不足

コミュニケーションが不十分である場合、顧客との信頼関係が築けず、商談がうまく進まないことがあります。対策として、リスニングスキルや問題解決能力を向上させる研修を行い、顧客とのコミュニケーション力を高めましょう。

4.3 プロセスの未熟さ

営業プロセスが未熟であると、効率が悪くなり、成果が出にくくなります。対策として、営業プロセスを見直し、改善点を明確にしましょう。また、営業チーム全体でプロセスの最適化に取り組むことが重要です。

5. インサイドセールス やり方の向上のためのツールとリソース

インサイドセールスを効果的に実践するためには、以下のようなツールとリソースが役立ちます。

  • CRM(Customer Relationship Management)ツール: 顧客情報や営業活動の履歴を管理し、効果的な営業活動をサポートします。
  • コミュニケーションツール: 電話やメール、チャットなど、様々なコミュニケーション手段を提供し、リモート営業活動を円滑に行うことができます。
  • 営業研修やセミナー: 営業スキルを向上させるための研修やセミナーに参加し、コミュニケーション力や問題解決能力を磨きましょう。

6. まとめ: インサイドセールス やり方を成功させるポイント

インサイドセールスを効果的に実践するためには、以下のポイントが重要です。

  1. 目標設定とKPIの明確化
  2. 顧客セグメントの特定
  3. プロセスの構築と最適化
  4. 4. 実践的ステップの遵守(リサーチ、アプローチ、コミュニケーションスキル、フォローアップ)
  1. 陥りがちな失敗を避けるための対策
  2. 効果的なツールとリソースの活用

これらのポイントを押さえ、チーム全体で取り組むことで、インサイドセールスを成功させ、売上向上につなげることができます。

インサイドセールスは、効果的な営業戦略として、今後もさらなる発展が期待されます。営業プロセスやスキルを磨き続けることで、インサイドセールスを成功させ、企業の成長に寄与しましょう。

最後に

弊社は、決裁者向けのマーケティング支援に特化して9年以上事業展開している会社です。

決裁者マッチング支援サービス「チラCEO」を提供しています。

チラCEOを通して『BtoBだと、担当者に営業しても中々契約につながりにくい』

そんな悩みの解決に寄与できます。

またそれだけでなく、パートナー獲得や資金調達先探しなど、様々な経営課題解決にも活用できます。

【マッチングについて】

登録決裁者数6,500人以上(審査通過済みの数、2023年1月時点)の

国内最大の決裁者マッチングプラットフォームを基軸に、

決裁者とのマッチング機会を創出しています。

具体的には

・会いたい決裁者を探して、メッセージでつながる「メッセージ機能」

・毎日のおすすめ決裁者に会いたいリクエストを送る「会いたい機能」、

・日々決裁者のニーズがタイムラインで投稿される「掲示板機能」、

・決裁者に直接プレゼンできる「決裁者限定イベント」、

・CS(カスタマーサクセス)があなたに合う決裁者を「直接ご紹介」

の5つの導線より決裁者同士のつながりを創出します。

【実績、問い合わせ】

実際にご利用いただいた決裁者様のなかには、

・導入後2ヶ月で6件の受注ででた

・10か月毎月受注&費用対効果8倍を実現した

等多数実績がございます。

事例一覧↓

https://onlystory.co.jp/service/case/

サービス詳細についてはこちらからご覧ください↓

https://onlystory.co.jp/

お問い合わせ、資料請求は、こちらからお気軽にお問合せ下さい

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問