ASX株式会社

蓼沼 康之

営業戦略の軍師

事業の成功は信用・信頼から生まれる
SHARE ON

今回のインタビュ―は、企業に営業・集客ツールのプロデュースを展開するASX株式会社蓼沼氏(タデヌマ氏)にお話を伺います。

有形商材の貿易商社、無形商材のITコンサル企業の2社で営業部長経験があり、かつては利益至上主義だったという蓼沼氏。

ある時に心が燃え尽きてしまった経験から、現在事業を行う上で大事にしていることを教えていただきました。

ASX株式会社 代表取締役 蓼沼康之氏のONLY STORY

営業・集客ツールのプロデュースという唯一無二の領域


–まずは、ASX株式会社のサービス内容をお聞かせください。

蓼沼氏:営業や集客、顧客との関係をより深めていくために必要なツールやリソースをお客様の強みやターゲットに合わせてプロデュースすることです。コンサルではなくプロデュースなので弊社でツールの制作やリソースの調達まで行います。

–同業他社と比べて強みや、差別化できるポイントはありますか。

蓼沼氏:一言で言えば、営業とITの2つの分野の掛け合わせでは、日本で一番という自負があります。売ることを強化するだけではなく、既存顧客との関係を深めていくことや、トラブルを回避するためや発生時の対応ツール・リソースもあります。

コンサルではなくプロデュースなので、私たちで必要なツール(資料やウェブサイト、SNSやブログ、WEB営業ツールの選定、契約書や規約)の制作やリニューアルも行います。

営業戦略においては、どんな業界のどの企業のどの部署のどんな人に売り込めば成果に結びつくのか という設計を行い実際に弊社でリストの制作からアポイントの獲得、その後の見込み獲得率や受注率、リピート率などもモニタリングしてPDCAサイクルを回していくことが可能です。

–取引先は法人がメインなのでしょうか?。

蓼沼氏:法人だけではなく、個人事業主やフリーランスの方の集客のお手伝いもさせて頂いております。弊社のポリシーに「人を区別・差別せず、ただただ目の前の人の尊厳を慈しむ」というものがあります。
大手や有名企業だから力を入れよう・時間を割こう。立ち上げたばかりの個人事業主だから最低限の対応をしよう・・・ということを一切しません。弊社に想いを持って相談してきた人たちは、全員平等に一所懸命全力を尽くしています。

–どのようなご相談が多いですか?

蓼沼氏:法人であれば「営業戦略設計」が多いです。営業のターゲット先の設計やリストの作成。コロナ禍以降は、Zoom営業の設計や必要な資料のプロデュース。紙やPDFの資料をLP化していく動きも高まってきています。
クライアント企業が保有しているコンテンツの再利用や、露出メディアのプロデュースも最近では増えてきました。
個人事業主の方や店舗で事業をされている方ですと、ホームページの制作やSNSの活用、ネット広告の集客について。最近多いのが「LINE公式の制作と運用戦略」です。
 
–大切にしているのは補完性から生まれる爆発的成長。

蓼沼氏:どんな会社や組織、個人でも言えることですが、必ずいいところと悪いところがあります。足りない部分を弊社で補完させて頂くことで、爆発的な成長を遂げるクライアントさまを見た時は本当に幸せな気持ちになれます。




人としての在り方、人間性を磨きたい


–起業されてから現在に至るまでを教えてください。

蓼沼氏:起業した当初は「とにかく儲けたい、有名になりたい、誰にも負けたくない」ただその一心でした。
以前勤めていた2つの会社では、叩き上げで営業部長になり、新規事業も成功させ、経営計画も立てたり 会社の業績を短期間で何倍にもしたり、とにかく自分は仕事ができると天狗になっていました。常に効率性を大事にして、成果や結果こそがすべてと信じて疑わない人間でした。
努力できない人間は、人ではないと見下していました。

–その心境に変化をもたらす経験があったそうですが。

蓼沼氏:2017年に起業して最初の1年は良かったんです。ますます天狗になりました。ところが2期目から全然うまくいかなくなり、自信を無くしました。
 
そんなタイミングで、ある日お客様から相談を受けた際に「お客様には、競合会社のサービスの方が合っています」と話をしました。本来なら競合サービスを勧めることってないと思うんですが、そのときは気持ちが燃え尽きていたので全部正直に伝えたのです。するとお客様からは「こんなに正直に言う営業はいない」と感動されてしまって。結果的に契約に繋がりました。

またこれまであまりデメリットになる話はしてこなかったんですが、サービスのデメリットを全部伝えても受注率は変わらず、むしろデメリットとリスクを先に話しておくことで、クレームがゼロになりました。

–その経験から現在に至るのですね。

蓼沼氏:当時はそれらが不思議だったのですが、そのうち「お客様が信用信頼してくれた結果が成約になるのだ」と気づき、それならば「もっと人としての在り方や人間性を磨いていこう」と気持ちが変わっていったのです。

今は利益至上主義よりも、お客様にお役に立てることを一番に考えるようになりました。

日本の仕事の在り方を変えていく


–今後のビジョンを教えてください。

蓼沼氏:日本の仕事の在り方を変えていきたいですね。というのも今後は「儲かる、儲からない」という話は価値が下がっていくと思うからです。

シリコンバレーの投資家によると、一昔前まではプランニングに対して儲かるか儲からないかで投資の意思決定をしていたようですが、最近はいかに人の役に立てるかというところを重要視して投資の判断をしていると言います。

お金儲けが目的になってしまうと、いずれ燃え尽きてしまう。そうではなく、社会的に求められていることや、貢献すべきことなど、自分の役目について答えられる社会になっていければと思いますね。

–いま現在、力を入れて取り組んでいきたいことはありますか。

蓼沼氏:今は目の前のお客様や案件に一生懸命尽くすことしか考えていません。

「今日が最後だと思って今日を一生懸命生きる」その積み重ねによって、人が集まったり、自分の魅力が上がったり。結果的に売上が上がって会社が大きくなれば、それだけ世の中に与える影響も大きくなり、「日本の労働の在り方」を変えていけるはずです。そのためにも毎日コツコツ、慌てず諦めずにやっていくしかないですね。

–ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

蓼沼氏:想いをもっている人同士が集まればものすごいエネルギーやデータが生まれると思っています。業種業態を問わず日本を変えていけるようなものを作っていきたいという経営者さんとぜひお会いしたいですね。

執筆=山田
校正=6483works

ASX株式会社の住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON

この決裁者とコンタクト

メッセージを送るためには決裁者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる