株式会社アドップ

渡邊和則

制作会社の常識を覆す!

制作から広告代理店まで、一貫して行う会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社アドップ 渡邊和則社長の物語

Thumb 5fb4b8a7 c762 4634 8c95 5c30ba971313

お客様の願う100%の広告を作る


「Webソリューション」「セールスプロモーション」「イベント」の3つの事業を中心に展開する、株式会社アドップ。
同社は、「制作会社」「広告代理店」双方の特徴を一社で実現するという特徴を強みとしている。

制作会社にも、広告代理店にもできない、営業、制作、キャンペーン実施をワンストップで手がける仕事をしているのだ。そのような事業形態をとる理由を、渡邊社長はこう語ってくださった。

「一般的に、制作会社は大手の広告代理店とつながり、広告代理店がクライアントとつながっています。そのため、制作会社は代理店を挟むことで、お客様からの声が届きづらくなり、細かい要望に応えにくくなるのです。

その点、私たちは制作から営業まで全てを自社内で行い、クライアントさんと直接つながっているので、細かい要望にもお答えできますし、お客様の不便なことや、求めているサービスを、他の事業で提供することもできます。」

「一般的に、制作会社はあまり営業をしません。ですが、私たちは最初から営業会社のように、テレアポをかなりの数やってきました。たしかにその大半は断られますが、何100社と声をかけているうち、1社くらいは興味を抱いてくれるんです。

大変でも、お客様の願うものを作りたい。だから直接取引をしたい、そのようにずっと思い、行動をし続けました。そのおかげもあり、今では多くの企業の方と取引を行い、お客様を口コミで紹介もいただいています。」 


150503may0514306177402014 11 27 11756

中小企業を応援するスイーツイベント


営業も手がける広告制作会社として、独自性を持つアドップだが、イベント事業にも独自の強みを持っている。

アドップのイベント事業では、商品を売りたい業者のために販路開拓のイベントを主催している。そして、そのイベント事業の取引先のほとんどが「スイーツ事業社」だというのだ。

その背景には、中小企業を応援する気持ちがあると渡邊社長は語る。

「パッケージデザインの仕事をしていたことがきっかけとなり、スイーツ系事業社のためのイベント事業を始めることになりました。そのような企業と一緒に仕事をしているときに、売る場所を確保したり、サンプリングをしたいという声を聞いていたんです。

その中でも催事に慣れていない企業のために、イベントを開催しようと思いました。店舗を構えていて、催事の経験もないけど、売り上げに悩んでいる事業社さんはたくさんいます。

そういうお客さんに対して、『初期費用も定額の料金もいりません、売り上げの成果報酬でいいですよ、リスクはないですよ』という提案をしたら喜んでくれるんですよね。そういう企業って世の中にあまり知られていないんです。美味しいけど、その分販促費をかけることができていない。

そこで販路を開拓してあげて、近くの施設やホール、百貨店などでイベントをやってあげる。そうすると、施設にも、会社さんにも喜んでもらえます。

私たちは売り上げよりも、中小企業を応援したいというも思いで、イベント事業をやっているんです。」



他者とは違うインバウンド


アドップはウェブ事業でも差別化を図っている。

それが「インバウンド」事業である。

インバウンドとは「訪日外国人向けのプロモーション」のことだ。その中でも同社のインバウンドの特徴は、「日本に来る前に、認知をしてもらうためのプロモーションをする」という点にある。

「大手さんがやっているインバウンドと違うのは、外国人が日本に来る前から、外国人向けにプロモーションをするという点です。海外でサイトを作り、現地の人々に向けて広告を打つ。そういうノウハウはまだまだ日本に広まっていません。

対策をしている企業はほとんどなくて、そこをうちが担当しているんです。おかげ様で、空港や百貨店、様々な企業様と組ませてもらうこともできました。そこでも実際にかなり成果が出ています。」

なんと、空港での成果は、最大で50倍の売り上げ、少なくても通常の10倍を超える成果を出しているという。


150503may0514306177342014 11 27 11610

事業シナジーで勝つ制作会社


「インバウンドは2020年、オリンピックまでには必ずドーンと来ます。

セールスプロモーションは、紙の制作だと厳しいんです。ですが、うちはそういうところでも生き残っている。というのは、ウェブ、イベントで仕事を持っているので、そこでシナジーを生んでいるんです。そこの連携を今後も強化したいと考えています。

あとは、システム面での強化もしていきたいと思っています。IT化はまだまだ進んでいて、うちもエンジニアの採用を強化しようと思っています。

そしたらウェブ制作と連動して、稼働していくと。

5年10年先のことを考えると、うちはシステムがないと絶対にだめなんですよ。そこで、うちにはエンジニアがいることが大切なんです。

各事業が協力しあって事業を成長させていく。そういう未来を描きながら、進めています。」


150503may0514306177472014 11 27 11916

編集後記


アドップさんは、紙、オフラインの仕事が多い印象の広告代理店の中でも、ウェブの色が強い会社。
ウェブ広告代理店以上にオフラインに強く、広告代理店以上にウェブに強い、いいポジショニングを取っている、魅力的な会社だと感じました。
広告に憧れている学生にとっても、自社内で企画、営業、制作までを一貫して行えることは魅力的なのではないでしょうか。
取引先にも、社員にもストレスフリーで、成果の出る、魅力的な業態。さらに多くの事業で差別化を図り、成長していく企業、とてもいい会社さんでした。




住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社アドップ
https://www.adop.co.jp

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる