株式会社PLAN-B

北橋 広輝

分析から施策立案まで全て自動の『SERCH WRITE』

これ1つでコンテンツマーケティング業務が簡単に
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、コンテンツマーケティング支援ツール『SERCH WRITE(サーチライト)』(https://searchwrite.jp/)を提供している株式会社PLAN-Bの北橋氏にお話を伺います

「SERCH WRITEはコンテンツマーケティングの『運用』に特化したツールなんです」と話す北橋氏にサービスの詳細やこれからのビジョンについて語っていただきました。

株式会社PLAN-B 部長 北橋 広輝氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%beplan b  %e3%83%ad%e3%82%b4

コンテンツマーケ支援ツール『SEARCH WRITE』


―株式会社PLAN-Bの事業内容を教えてください。

北橋氏:弊社はデジタルマーケティングを一気通貫で支援している会社です。

コンテンツマーケティングをはじめ、Google、Yahoo!、SNSを含む広告運用、インフルエンサーマーケティング、クリエイティブまで幅広く支援しています。

―ありがとうございます。今回はその中でコンテンツマーケティング支援について教えていただけますか。

北橋氏:はい。コンテンツマーケティング支援では、必要不可欠だけれど面倒だと感じやすい集計や分析、施策立案を自動化し、担当者の業務内容を簡略化するサービス『SERCH WRITE(サーチライト)』を提供しています。

世の中の多くの会社では、コンテンツマーケティングの「運用」よりも「分析」に必要以上の時間をかけており、本来大切な運用に時間を割くことができていません。

そういった業界の課題を解決するために、弊社のツールSEARCH WRITEは、運用に必要な機能と使いやすい仕様に特化し、誰でも簡単に運用ができるツールとして提供しています。

―多くのマーケティング支援ツールがありますが、SEARCH WRITEの強みや差別化ポイントはどのような点でしょうか。

北橋氏:SEARCH WRITEの強みは大きく2つあります。

1つは先ほども申した通り、分析ではなく運用のしやすさに特化している点です。たとえば狙いたいキーワードがバブルチャートで表示されたり、施策立案がリスト化されたりと、やるべきことがすぐに分かるようUIUXにはかなりこだわって作っています。

そしてもう1つは、ライセンスフリーで使える点です。マーケティングに携わったことがあるひとはイメージしやすいと思いますが、コンテンツマーケティングでは、たとえばライティングは外注したり、キーワード選定は別の担当者が行ったりすることがよくあるんですね。

他社のツールではアカウントが増えた分料金が発生する形態がほとんどですが、弊社のツールは1つのアカウントで何名でも同時にログインができる仕様になっています。コンテンツマーケティングをこれから始める方にも機能性のあるツールを手軽に届けたいという想いがあるので適性価格でお届けしています。

分析ではなく、運用に時間をかけるマーケに!


―SEARCH WRITEを作るに至った経緯を教えてください。

北橋氏:マーケティングのコンサルティングや記事のライティングサービスを提供していく中で、お客様から「自社でコンテンツマーケティングをしているが効果が出ない」「将来的には自社でマーケティングをしていきたい」といったニーズを聞く機会が増えていきました。

そのようなお客様の現状をヒアリングしていくと多くの方々が「何を分析して、何を行えばいいのかわからない」という悩みを持っていると分かりました。

そこで「コンテンツマーケティングで成果を出すために、何を分析して何をすればいいのかが自動でわかるツールがあれば、その悩みは解決できるのではないか」と思い、2019年10月にSEARCH WRITEをリリースしました。

―事業を行う上で大切にしていることはありますか。

北橋氏:弊社の価値観の中の1つに「クライアントフリーク」というものがあります。これには「お客様に成果を還元できなければ、求められる組織やサービスにはならない。だから、とことんお客様と向き合ってサービス提供をしていこう」という意味が込められています。

僕たち一人ひとりや提供するサービスがお客様の成し遂げたい目標に対してしっかりと寄り添えているかということは常に重視しています。

―実際に御社のサービスを取り入れているお客様の事例を教えてください。

北橋氏:花キューピット株式会社様の事例をご紹介しますね。

これまで花キューピット様では別会社のSEOツールを取り入れたり、自社で分析を行われていました。しかし「どういうキーワードを選べばいいのか分からない」「どういう分析をすればいいのか分からない」「分析結果をもとにどういう施策をすればいいのか分からない」など、何をすればいいのか分からないという状況が続いていたそうです。

しかし弊社のツールを導入してからは「今までよりも少ないリソースでPDCAを早く回すことができるようになり、売上の1.3倍を実現することができた」といったお喜びの声をいただきました。

コンテンツマーケのインフラになりたい


―今後の目標を教えてください。

北橋氏:SERCH WRITEをコンテンツマーケティングのインフラにすることです。

「運用の時間が十分に取れず成果が出ない」という業界の課題を解決できるツールとして、「何を分析し、何を施策として行えばよいのか」が誰でもわかるツールとして、SEARCH WRITEをコンテンツマーケティングを行う人、もしくは始める人のインフラになるようなツールにしたいと考えております。

それによりコンテンツマーケティングの取り組み方や業界全体をも変えられると思っています。

―ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

北橋氏:現在の自社サイトのコンテンツマーケティングについて、リソースや施策の量・方向性が成果を出すために最適かどうかを第三者に確かめるという意味でも、ぜひ一度ご連絡ください。ヒアリングの上ベストな運用をご提案できればと思います。

執筆=山田
校正=笠原

株式会社PLAN-Bの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる