株式会社ココエ

近藤恵子

IT・Webの外部プロ人材が企業課題解決に取り組む

女性のライフスタイルに合わせたキャリアをつくる
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、ワーキングマザーを中心としたIT・Web領域のプロ人材を企業へ紹介する株式会社ココエの近藤氏にお話を伺います。
展開する事業内容や、2児の母として娘を育てながら会社を立ち上げた経緯、そして今後のビジョンについても語っていただきました。

株式会社ココエ 代表取締役 近藤恵子氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%82%a8

【経歴】

ココエ株式会社 代表取締役 近藤恵子 (6歳、8歳の娘が2人)
600万人会員数を持つ、ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児をする女性のためサイト「ウィメンズパーク」に 立ち上げ時期から携わる。自身で制作・ディレクションしてきたタイップ記事、サイトは700以上。
主にベネッセに広告出稿をするクライアントの課題を、Webを通して解決する業務に携わる。

保険、食品、マーケティング、製薬などの大企業を多く担当し、大規模なプロジェクトを成功させてきた。

BBTの起業・新規事業に特化したビジネススクールを経て、2016年株式会社ココエ創業。 自身も二児の娘を育てながら起業、ウィメンズパークで女性の悩みに多く対峙してきた経験から、 「女性の働き方改革」を掲げる事業を積極的に進める。

ITやWeb領域の外部プロ人材で課題を解決


–まずは、株式会社ココエの事業内容をお聞かせください。

近藤氏:弊社は、ITやWeb領域でスキルを持つワーキングマザーを中心とした転職エージェントサービスを提供している会社です。

クライアントにはWebディレクターやプロジェクトマネージャー、デジタルマーケティング、Web編集、エンジニアといったプロ人材を派遣させていただき、課題解決のお手伝いをさせていただきます。

また業務形態や契約期間は企業様とワーカーのニーズと要望をマッチングさせることで柔軟に対応しています。業務形態で言えば、正社員、業務委託、派遣社員。契約期間で言えば、常駐やスポットなど、働いて欲しい形と働きたい形がうまく組み合わさるようなマッチングをしています。

–エージェントサービスを提供している同業他社は多数いらっしゃいますが、その中で御社の強みや差別化のポイントはどのようなところにあるとお考えですか。

近藤氏:ベネッセコーポレーションに勤めていた時に、様々な企業の課題解決をしてきた私自身の経験が強みだと考えています。

ベネッセでは、600万人の会員がいる「ウイメンズパーク」の立ち上げに携わったり、Webを通して複数の大企業の課題解決をする業務を行なっていました。いろいろな業界に対応し、コンサルティングからマーケティングなど戦略の部分まで請け負えるのはココエならではの強みだと思いますね。

–実際に御社にご依頼されるクライアントはどういった要望を持っている方が多いのでしょうか。

近藤氏:私どもが一番得意としているのが、大手企業様のWebやIT、マーケティングのプロジェクト自体を受け取って、課題の抽出から組織作り、運用、さらにPDCAを回して改善するところまで一連の流れを全て担当することなんですね。まずはコンサルティングから入り、状況を把握したうえで、ベストな人材を派遣しております。

そのため、「このプロジェクトを任せられるような人材が欲しいな。」と考えているクライアントからお声がかかることが多いですね。

子育て中に見つけたやりたいことが起業だった


–起業の経緯を教えてください。

近藤氏:会社を立ち上げたきっかけは2つあります。

1つは通っていたビジネススクールで行われるピッチコンテストで入賞をしたことです。これがきっかけで「自分でも起業ができるのではないか。」という自信につながったんです。

そしてもう1つは、2人の幼児を抱えながら苦労して勤務したことにより、自分の本当にやりたい事は何かと考えるようになったことです。

1人目の子どもを保育園に入園させようとした時には、11カ所も落ちてしまい、結局預け先が自宅の周りでは見つからず、毎朝子どもを預けるために通勤途中の駅を降りて会社に行っていました。それも2人目の子どもがお腹の中にいる時のことだったので、とても大変でしたね。

しかし、そんな日々を過ごすことが仕事の働き方、やりがい、自分自身のライフプランを見直すきっかけにもなったんです。子どもがいることで働き方に制限ができたからこそ、その制限の中で何ができるか、自分が本当にやりたいことは何か、と考える機会になったんです。

そこで出てきた自分なりの答えが「起業」で、そこからはやりたいことをやろうと思い、事業を立ち上げました。

ライフステージに合わせた柔軟な働き方を推進


–今後のビジョンについて教えてください。

近藤氏:私たちは「女性のプロ人材を活用することで、働く女性も企業も元気になってもらいたい」というビジョンを掲げているんですね。

労働人口の減少から、今後、企業は正社員採用のみを行なっていると人材不足で立ち行かなくなってしまいます。そこでココエが女性のライフステージに合わせ業務委託や時短勤務など柔軟な働き方を推進することで、人材も企業もみんながやりがいを持って楽しく働ける社会を作りたいと考えています。

その一歩として、「女性のプロ人材だったら、ココエに登録しよう!」と思われる会社を目指していきたいです。ワーキングマザーだけでなく、将来ワーキングマザーを目指している女性も一緒に応援できる会社になりたいですね。

–それは素敵ですね。社会的にどういった影響を与えていける会社になっていきたいですか。

近藤氏:女性が育児中でもやりがいを持って働くためには、働く側の女性の意識も、それを受け入れる企業も変わっていかなければと思うんです。それを啓蒙していくために、企業に対しても影響力を持てる会社になっていきたいですね。


また女性は子どもがいると自分だけの選択ができなくなってしまうので、長期的なビジョンが持てなくなってしまう。例えば「今は子育てが忙しいから一旦仕事を辞めてパートになろう。子どもが小学校を卒業するまでパートでいよう。」と選択すると、その後なかなか経営や管理など企業の中枢には入れなくなってしまいます。

女性の場合、そういったこと、つまりライフステージに合わせたキャリアを考える機会が男性に比べて少ないため、一緒に勉強をしたり、考えたりできる会社になっていきたいとも考えています。

–ありがとうございます。では最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

近藤氏:経営者の方においては、外部からプロ人材を使って会社を成長させたり、課題を解決することにチャレンジしてみませんか、とお伝えしたいですね。そういった採用が初めての場合でも、外部に業務を切り出すやり方を含めお手伝いができると思っていますので、ぜひご相談ください。

学生の方においては、ライフステージに合わせてこれからキャリアを積み重ねていきたいと考えている若い女性も、ぜひ弊社に来てもらえたらと思いますね。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社ココエ

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる