派遣業界の学習を支援するプラットフォーム

縁で結ばれ、笑顔と感謝あふれる「世界縁満」を目指す
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回のインタビューは、派遣業界の学習を支援するプラットフォーム「派遣のミカタ」を運営する株式会社manebiの田島氏にお話を伺います。以前のサービスでの失敗から学んだユーザーとの向き合い方や、壮大な企業理念について語っていただきました。

株式会社manebi 代表取締役CEO 田島智也氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%bemanebi %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

学習データの半自動処理が派遣企業に好評


–株式会社manebiのサービスについて教えてください。

田島氏:弊社が運営する「派遣のミカタ」は、派遣業界の学習を支援するプラットフォームです。2015年から派遣企業は派遣社員を教育することが義務化されたので、その教育環境を構築するための教育システムをクラウド上で提供しています。いわゆるeラーニングですね。

具体的には、派遣社員が3年でキャリアアップするための考え方や勉強法を示した上で、業界ごとに求められるスキルを動画やスライドなどのデータ教材にまとめて提供しています。ユーザーは、Webやスマホアプリから学習することができます。

–御社が同業他社と差別化している点、あるいは強みはどういうところにありますか。

田島氏:派遣企業は派遣社員の学習データを集計して労働局に提出する義務があるのですが、弊社のシステムはそれを半自動的に全てクラウド上で処理することができます。管理時間を削減できることから、クライアントにはとても好評ですね。同業他社も多い中でこれが強みになっているので、弊社が圧倒的なシェアを持っている状況です。

また、弊社のサービスは教育コンテンツが最も多いことも特徴です。それに加えて使いやすさや安さなど、業界が求めるものを徹底的に網羅することで、導入のしやすさを実現しています。

–事業を運営する上で、大切にされている理念は何でしょうか。

田島氏:弊社では、「世界縁満」をミッションに掲げています。この言葉には、世界中の人と人が互いに良縁で結ばれ、笑顔と感謝のあふれる世界にしたいという想いが込められています。

その実現のために弊社が掲げているビジョンが、「自分らしく輝くためのプラットフォームをつくる」になります。社会だ、企業だ、コミュニティだと言っても、結局は個人の集まりなので、その個人が自分らしく輝けているかが重要です。それができていなければ、相手の道を照らすこともできないし、幸せを分けてあげることもできません。

個人が自分らしく輝くことにフォーカスし、見出していけるプラットフォーム事業を展開することで、「世界縁満」を目指しているんです。

最初の事業はユーザー目線の欠如で失敗


–起業してからの失敗談などはありますか。

田島氏:現在運営している「派遣のミカタ」の前に、個人間で教材を売買するCtoCのプラットフォーム「manebi.jp」を立ち上げたのですが、失敗しましたね。

このサービスは、先生が授業内容を動画やスライドにまとめて、デジタルコンテンツとして販売することができるもので、売り上げの30%を弊社がいただくビジネスでしたが、さっぱり売れませんでした。

–失敗の原因は何だったのでしょうか。

田島氏:サービスの方向性をきちんと打ち出せず、ユーザーの心を掴めなかったことが挙げられます。

その結果、販売者のコンテンツ内容にばらつきが出てしまい、一律のクオリティも保てず、購買者の学習意欲を購入まで結びつけることができませんでした。

–その失敗から学んだことは何でしょうか。

田島氏:ユーザー目線を持つことの大切さです。「もしも自分がユーザーだったとしたら、これを愛して使うだろうか」と、もっと客観的に考えるべきでした。

その反省から、現在はユーザーに徹底的にヒアリングを行い、課題は全て改善して、使いやすさを全力で追求しています。

世界中に轟くプラットフォームを目指して


–今後達成したい短期的な目標があれば教えてください。

田島氏:クライアントの数が現在約850社いらっしゃいますが、この2年で2000社を超えたいと思っています。売り上げは、来期5億、再来期10億と、倍々で伸ばしていきたいですね。

また、「派遣のミカタ」はeラーニングの提供を軸にしながら、コミュニティとしても大きくなってきています。何万社もある派遣会社の中で、「派遣と言えば『派遣のミカタ』」と思っていただけるコミュニティを作っていこうと考えています。

–次に、長期的な展望をお聞かせください。
 
田島氏:プロダクトで世界一になりたいですね。ミッションを「世界縁満」としている以上、日本一ではなく、世界中に轟くプラットフォームを作りたいと思っています。
 
事業の規模や価値観がいろいろある中で、私は「分かりやすさ」を重視しています。あの会社はすごい、かっこいい、イケてるプロダクトだよね、世界一だよ、と、誰が見ても分かる企業になって、夢を与える側になりたいんです。

そのために、現在取り組んでいるHRテックなどのテクノロジー分野で世界一のものを作り、デファクトスタンダードを獲得することが長期的なビジョンです。

–社会的にはどういう企業でありたいと考えていますか。
 
田島氏:私は3人兄弟の末っ子で、父を早くに亡くしたため、母に女手ひとつで育ててもらいました。貧乏暮らしで、大した勉強もしてきていません。そんな人間が世界で活躍している姿を見せることができれば、社員やお客様をはじめ、多くの人に夢を持ってもらえます。人として、企業として、人々に勇気を与える存在でありたいですね。

–最後に、読者へのメッセージをお願いします。
 
田島氏:自分らしさを大事にしながらも、他人に貢献できる輝きを持つ人間であることが、「世界縁満」に繋がっています。みなさまとのご縁が繋がることを願っています。

執筆=増田
校正=米山

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社manebi

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる