株式会社NOMAL

松本 祥太郎

採用支援からオフィス改革、離職防止までフルサポート

計5事業運営。愛ある個性派サービスが支持される理由
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

社員5名で5事業運営?!株式会社NOMALとは

 s1a3776 2


『自分の人生に期待できる人を増やす』という理念の元、社員5名で5事業を展開している株式会社NOMAL。


  1. 
採用コンサルティング事業
  2. 人材紹介事業
  3. アートによるオフィス空間ブランディングWASABI(ワサビ)
  4. 離職防止のためのメンタルヘルス相談窓口Reme(リミー)
  5. 関西独立リーグに所属するのプロ野球チーム「堺シュライクス」の運営

と展開しているサービスは実にバラエティ豊かで、一見相関性がないように見える。

なぜNOMALはこのような事業展開をしていて、どのような実績があるのだろうか?

株式会社NOMALの松本 祥太郎社長に話を伺った。

株式会社NOMAL 代表取締役 松本 祥太郎様



自分の人生に期待できる人を
増やせるかどうかが、全ての事業運営の軸



上記のように様々な事業を展開し、それぞれの事業が評価されている株式会社NOMAL。なぜこのような事業形態になったのだろうか。




「事業形態は正直なところ、何をやってもいいと思っています。でも、その根本にいつもあるのは『自分の人生に期待できる人を
増やしたい』という想いです。人生に期待するには、自分で勝手に
つくった”制限”を取り除くことが大事だと思います。



『自分にはできないだろう』『社会がこう決めたことだから』など、人間は無意識にたくさんの制限を自分で創っています。
実は社名にもその意味が込められていて、普通”NORMAL”と
書くところを、制限を表す『R』を取り除いているんです。


自ら制限をなくすことで、誰でも自分の人生に期待できるようになると考えています。」




松本社長が牽引する"採用ブランディング""人材紹介業"は、会社が成長したい方向を導けるように、人材のプロである松本社長が予算や課題に合わせた採用戦略設計を練る。

”アートによるオフィス空間ブランディングWASABI(ワサビ)"では、アートライフスタイリストでもある取締役の平山氏が、20名以上のアーティストや個性的なオフィス設計会社と共に、個性的なビジョナリーオフィスを目指す。

”離職防止のためのメンタルヘルス相談窓口Reme(リミー)”は、取締役の近藤氏が作ったサービスで、メンタルを病んでしまい取り返しがつかなくなる前のセーフティネットとして、いつでも専門家にユーザーが相談することができる。

”独立リーグ球団堺シュライクス”は、野球選手のセカンドキャリアを支援する目的から始まった球団。全国放送のスポーツ番組で特集もされ、盛り上がりを見せている。

一見バラバラに見える事業だが、アーティストであったり、野球選手であったり、メンタルを病んでしまった人であったりと、誰かの制限を取り除き可能性を広げるという軸は同じ。

株式会社NOMALの「5人で5事業」というユニークな経営方法も、社員一人一人のやりたいことを突き詰めた結果だという。


「この規模で5事業運営しているというと驚かれます(笑)
でも、それも「経営は1事業で大きくするもの」という制限を取り払って、社員ひとりひとりに好きなことをやってほしいから。

どの事業も2〜3年目くらいですが、今では事業間でコラボしてお客さまにソリューションを提供できるようになりました。

拡大期にある会社の採用課題を解決するために「採用コンサル×アートオフィス設計」とか、離職が多くて悩んでいる会社のために「採用コンサル×メンタル相談」とかですね。」


中小企業でも優秀な人材を。採用予算200万円で7名の採用に成功!

Nakamura 1024x683



企業の組織・採用コンサルティングに加え、大学の授業ではキャリアデザイン講師も務めるなど、様々な切り口から人々の中にある制限を取り除こうとする松本社長。そもそも人材業界に入った理由は何だろうか。



「もともと教師になるつもりでしたが、なぜ教師に
なりたいかを考えたとき、別に政治や経済を教えたい
わけではないということに気づきました。

教師を目指したきっかけは、自分の人生に寄り添ってくれた
先生のように『誰かの人生で印象に残る人になりたい』
ということでした。



そこで、人生の転機に多く関わるであろう人材業界に
入社しようとして、結局ご縁のあった株式会社マイナビに入社したんです。」

マイナビでは法人営業を担当し、新人賞をはじめ、全国新規契約者数第1位、 プレーヤー賞金賞などを多数受賞した松本社長。
入社3年で独立し、中小企業を中心に多数の企業の採用を成功に導いてきた。


「『採用コストを抑えたい』『離職率を低下させたい』

人材領域において様々な悩みをお抱えの300社以上の企業様に対して、ご予算や課題に合わせた採用戦略設計を行ってきました。

具体的には、その企業様が求める人物像を把握した上で、最適な採用広告媒体の活用方法や新卒〜中途人材のご紹介等を行います。

最終的には、自社内でこうした業務が行える状態を見据えながらこうしたソリューションをご提供しています。」


株式会社NOMALの採用戦略設計サポートを受けた企業からは、これまでに次のような喜びの声が届いているという。


▼IT企業・従業員10名
「紹介会社に頼って中途採用を実施していたが、1人当たりの採用コストが高くてなってしまい、困っていた。株式会社NOMALにご相談し、紹介会社から求人広告へ切り替えると、前年と比べて200万円もコストを削減できた。1円の広告費で7名を採用できたこともあった。」


リソースが限られる中小企業にとって、人材は「人財」とも言われるほど重要な資産。

採用戦略の最適化や採用費の削減は、経営課題の解決に向けて大きな効果をもたらすだろう。株式会社NOMALの採用戦略設計サポートの魅力は、新卒・中途採用、業種を問わず、幅広く対応出来ることに加えて、上記にあげたユニークな他事業との連携もできることだ。

松本社長の人柄が見えるような、こんなインタビューも必読。どんな企業の採用課題でも真摯に向き合う姿が浮かんでくる。




急成長!!採用にも影響を与える「アートのあるオフィス作り」

%e5%ad%a6%e7%a0%94 6



また、5事業のひとつである「アートによるオフィス空間ブランディングWASABI(ワサビ)」( http://wasabi-artdesign.com/ )はここ1年くらいで急成長しているサービスだという。


このサービスは、アーティストがビジョンを反映したアートを、オーダーメイドで壁にペイントしてくれるというもの。インテリアにコストをかけなくても、唯一無二のウォールペイントがあるだけで「センスがいい会社」「先進的な会社」との印象が伝わるのだ。

2017年10月からスタートして約1年半、「アート×オフィス」のサービスは、ベンチャー企業から社員一万人を抱える大手企業まで問い合わせあり、数十件のオフィスを手がけるなど、事業としても急伸長。

採用コンサルを行う松本社長からしても、新しい切り口で採用課題を解決してくれる、確かな手応えを感じているという。

「『アート』といきなりいうと突飛に聞こえますが、アメリカを代表するテック企業のオフィスには必ずと言っていいほどアートがある。

採用HPなどに掲載する写真映えするというのはもちろん、アートを導入する遊び心ある会社なんだ、という印象を与えます。



今までの採用事業やキャリア事業とは少しテイストが
変わるが、どのような経緯があったのだろうか。



「大きく分けると、理由は3つあります。1つ目は、オフィス空間の良し悪しは、学生が企業を選定する上での大きな軸になっていること。

特に最近の学生はインターン活動が盛んで、就職活動中にオフィスを見る機会も多いので、ただ綺麗なだけのオフィスは見飽きてしまっている可能性があります。

その上で、会社のビジョンを反映したかっこいいアートが壁に描かれていると、そこでまた社員と学生との交流が生まれたりしますよね。

『このアートはどんな意味があるんですか?』

『このアートは、うちのこんなビジョンを反映しているんです。よくみると、ここにはこういうストーリーが隠されているんですよ』

直接ビジョンや理念を口で説明するよりも、よっぽど深みが生まれます


2つ目は、創業メンバーであり取締役である平山が入社と同時にアートの事業を始めたこと

平山はもともと美大を目指しているほど自分もアートを描くのが好きで、アーティストの友達も多かったんです。

ですが、日本ではアートが売れていきにくい現状がある。

それを打破するために、「暮らしを、アートに」をビジョンとするアート通販サイト「WASABI( https://wasabi-nomal.com/ )」をスタートさせました。

通販サイトも軌道に乗ってきたころ、平山自身が大手企業で働いていた時の無味乾燥なオフィスを思い出して「オフィスにビジョナリーなアートを描く」という事業をスタートさせました。

3つ目は、僕自身がアーティストに可能性を感じたこと。



正直いって、平山が事業を始める前までは関わりがなかった「アーティスト」ですが、みんなそれぞれ明確な軸や個性をもってアート活動をしているプロフェッショナルばかりです。

だからこそアーティストの目を通して、企業のビジョンや理念をアートにしてもらうと、まるで想像しなかったようなアートが生まれてきて、それがとても魅力的なのです。

「想像の枠を飛び越える」ことがアートなのだ、と実感いたしました。」



WASABIではまずはヒアリングを行い、多数のアーティストとのコネクションを武器に、ラフのコンセプト提案までは無料でしてくれるという。

今あるオフィスのエントランスや会議室にアートを追加する企業もあれば、移転・増床をきっかけとしてアートを取り入れる企業も。移転・増床の場合は物件探しから内装設計施工まで請け負うことができる。

▼ウォールアート完成までのムービーはこちら▼
  

Rd support 006
Img 7124

最後に




事業領域が増えてもぶれない、松本社長の軸。
これからもNOMALは、様々な事業を展開していくだろう。



その中にしっかりと存在する、根本となる想い。


会社の発展を通じて、自分の人生に期待する人が増える世界実現の一役を担うNOMALの今後が楽しみだ。


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社NOMAL
http://nomal.jp

▼お問い合わせフォームはこちら▼

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる