株式会社トラスタブル

小松原史雄

「HAN-JO-CHUコンサルティング」で商売繁盛

「半常駐」で経営者を内からサポート
SHARE ON

今回のインタビューは、「HAN-JO-CHUコンサルティング」というサービスで、ベンチャー企業の経営判断をサポートする株式会社トラスタブル代表取締役の小松原氏にお話を伺います。

「HAN-JO-CHUコンサルティング」のサービス内容や、サービス誕生に至る経緯について語っていただきました。

株式会社トラスタブル 社長 小松原史雄氏のONLY STORY

事業の「繁盛」を「半常駐」でサポート


–株式会社トラスタブルの事業内容を教えてください。

小松原氏:弊社は、中小企業が「繁盛している状態を継続さする」お手伝いをする「HAN-JO-CHUコンサルティング」というサービスを展開しています。

業績を上向かせるだけではなく、その状態を継続させることが重要との考えから、「攻め」も「守り」もバランスをとったサポートを行っています。

–業界内における御社の強みとは何でしょうか。

小松原氏:一つは、クライアントの企業のオフィスに弊社スタッフ用の席を作っていただくことで、お客さんや外部の人間としてではなく、「メンバーの一人」という位置からサポートできることです。

経営に影響を与える施策を立案する際に、社内外の状況や諸条件のバランスを考えた上で戦略を検討しなければなりません。社内情報を正確に把握することで、机上の空論ではない提案をすることが可能です。

もう一つは、「半常駐」という仕組みです。

「半常駐」という、完全には企業に所属しない関わり方には、行動にしがらみがないというメリットがあります。企業が長年続けてきた手法や社内体制に問題があったとしても、他の事例を引用した合理的な提案や、ゼロベースからの検討を提案することができます。

–事業を進める上で大切にしていることを教えてください。

小松原氏:全ての業務において、信頼を大切にしています。

株式会社トラスタブルという企業名も、「信頼に(trust)足る(able)」立場でありたいという想いからつけました。

信頼の有無によって、弊社の提案の伝わり方や価値も変わってきます。オフィス内に席を作っていただくことは、社内情報を把握できるだけでなく、メンバーの一員であるという意識にも繋がるので、非常に有効な手法だと考えています。

また、経営は答えがあるものではなく、一つの判断が良い結果に繋がることもあれば、悪い結果に繋がってしまうこともあるので、後悔しないですむベストな判断のお手伝いをしていきたいと考えています。

多彩な転職とベンチャー倒産で得た経験値


–起業に至るまでの経緯を教えてください。

小松原氏:私のキャリアは、バブル期の証券会社での営業から始まりました。株も経営と同じで正しい答えがあるわけではないので、お客様に対して株の売買の判断材料を提供していた経験は、今の仕事にも繋がっています。

その後、財務担当としてベンチャー企業に転職しました。証券業界で垣間見た上場の実務や増資を、企業側で経験できたのは貴重なことでしたね。

また、上場企業からの転職だったので、自分次第でどんどん事業を進めていけるベンチャー企業の環境に触れることができたのも、働き方の意識が変わる良い経験でした。

しかし、その企業はその後、経営判断の誤りなどが原因で倒産してしまいました。自分が所属していた組織のビジネスがうまくいかなかったことに対して非常にショックを受けましたが、経験としてはものすごく得難いものだったと思っています。

–次のステップは転職と起業のどちらでしたか。

小松原氏:その後も、営業系の上場企業で取引先の資金調達支援に携わったり、同じグループの上場子会社のCFOに就任するなど経験を積ませてもらったのですが、次第に大きな組織内での自分の役割に物足りなさを感じたため、環境を変えるために退職し、独立をしました。

独立後はいくつかの企業を社外からサポートしたり、常駐のかたちでサポートしたり柔軟な対応を心がけていました。不動産ベンチャー企業では、初めは通常の顧問として社外から定期的にサポートしていたのですが、気軽に相談を受けられるように社内に席を作ってもらったところ、その直後に管理系の幹部の方が休職される緊急事態になり、業務代行をさせてもらったんです。

その後のも実質的な経営幹部として関与を継続し、事業は急拡大し事業規模が10倍以上になりました。事業基盤の構築に管理部門の責任者としてかかわったことが「HAN-JO-CHUコンサルティング」の原点にもなっています。

サービスの体系化と組織化を目指す


–今後の目標をお聞かせください。

小松原氏:私の多種多彩な業務経験が「HAN-JO-CHUコンサルティング」として結実したと思っており、成功例もあるのですが、現在サービスを提供できるのが私一人だけというのが課題になっています。

今後は、私自身の知見や経験を体系化したり、組織化していくなど、増えていくニーズに対応できるよう、サービスの発展を目指していきたいと思っています。


執筆=増田
校正=米山

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓

ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。



SHARE ON

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる