MAツールの運用代行で営業活動を仕組み化・効率化

お客さんの役に立つ仕事で稼ぎたいという想いから起業
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回のインタビューは、クライアントに寄り添ってMA(マーケティングオートメーション)ツールの運用代行を行う、株式会社シーサイドの永井氏にお話を伺いました。まずは、とことんお客様に寄り添いたいという想いから作られた同社の詳しいサービス内容について語っていただきます。

株式会社シーサイド 代表取締役永井孝様のONLY STORY

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

顧客に寄り添ったMA代行で営業を効率化

 
–まずは株式会社シーサイドが手がけている事業について、お聞かせください。
 
永井氏:弊社はMAツールの運用代行を行なっています。MAツールとはマーケティング活動にシステムを導入し自動化することで、営業の効率化を測るものです。

例えば1000人に対して営業をする時、電話を1000件し、アポが1件しか取れなかったとしたら効率が悪いですよね。そこで1000人にEメールを一斉送信し、その後自社商材に対して、いい印象を持っているユーザーにだけアプローチをすれば、大幅に手間を減らすことができます。これが、MAツールの使用例です。

また、商材資料がダウンロードされた時に社内に通知が届くように設定しておけば、お客さんが資料をダウンロードした時間がわかり、そのタイミングでこちらからアプローチができます。それにより、営業に対する嫌悪感を減り、ユーザーの満足度にも繋がりやすくなります。

このように、MAツールでは営業の仕組みを構築することで、無駄をなくし、効率化することができ、その運用代行を行うのが私たちのサービスになります。
 
–業界のなかでは、どのような差別化をはかっていますか。
 
永井氏:とことんお客様に寄り添うところですね。MAには様々な要素が関わってきますので、本当にお客様のためになることを考えて提案させていただきます。例えば「広告をかけたほうがいい」とか、「そもそもプロダクトのこの部分に問題があるんじゃないか」とか、そういったところまで一緒に考え、パートナーとして企業に向き合っていきます。

寄り添うということでいうと、もうひとつ。現時点でMAの導入がない企業には、導入の支援もさせていただいています。その上、弊社はMAツールであれば何でも対応が可能なんです。

その際、一緒に知識も共有させていただいて、契約が終了した後には自社で回せるような体制の構築をしていきます。なので一回担当させていただいた企業には、継続的にシステムが残るところまでサポートしていきます。
 
–御社の事業運営にあたって、一番重要視していることを教えてください。

永井氏:先ほども申しましたが、お客様に寄り添った対応をもっとも大切にしています。社名であるシーサイドのシーというのは、クライアント(Client)やカスタマー(Customer)のCを表しています。それらのCに寄り添った活動をしたいという想いを常に持っていますね。 

お客さんの役に立つことで稼ぎたかった

 
–起業を決意したきっかけについて教えてください。
 
永井氏:起業する前はWeb関係の会社や広告代理店に勤めていました。しかしそれらの会社は、枠があるからそれを売らなければいけない、お金もこちらの予算に合わせて動かさなければいけないという姿勢で、働きながらも「お客さんのためになっていないのではないか」と思っていたんですね。

なので「本当にお客さんのためになることをして稼ぎたい」という想いから、起業を決意しました。
 
–これまでに苦労したエピソードはありますか。
 
永井氏:職場である東京と、自宅のある静岡の、二拠点生活でビジネスを始めたのですが、もともと東京に仕事仲間やお客さんがいたわけでもありませんでした。加えてまだ東京でも「MAって何?」という方は少なくありませんし、静岡ではもっと知られていないので、顧客開拓には苦労しましたね。
 
–印象に残っている案件はありますか?
 
永井氏:ほとんどの案件に共通して、MAツールに驚かれるお客様が多いんですね。例えば、ユーザーの情報がメールアドレスでトラッキングできて、長期的なデータも見れるということなどを説明するとよく「すごい」と言ってくださいます。

さらにそれがなぜ事業に必要なのかというところまで話すと、皆さんすごく納得してくれるので、こういった便利なものを、もっと世の中に伝えていきたいと思いますね。

お客様に最も近いMA代行として

 
–今後の短期的な目標について教えて下さい。
 
永井氏:数字ベースだと2年以内に6000万円の売上、1000万円の経常利益を目指したいです。
 
–短期的な目標をお話しいただきましたが、その後の長期的な目標はありますか。
 
永井氏:マーケターを増やすことです。これから労働人口が減って、ますます人手不足になってくるのですが、マーケターがいれば解決する部分もあると考えています。

特に日本の中小企業にはマーケターがもっと必要だと思っているので、まだ具体的には煮詰まっていないのですが、新しい事業として自社にマーケターを増やすことのできる取り組みをしていきたいですね。
 
–最後に読者へメッセージをお願いします。
 
永井氏:MAを扱っている他のどの会社よりも、お客様に近いところで事業を回している会社だと思います。興味のある方は、ぜひ一度ご連絡ください。

執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社 シーサイド


ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる