HP制作、SEO、コンサル。Webの事なら何でも

クライアントの課題に対してベストなソリューションを
Large a0f58910 57c1 40d5 92f8 8839e5831dd7
株式会社ラヴィゴット

梁川宰源

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、Webに関する様々なソリューションを提供する株式会社ラヴィゴットの梁川氏にお話を伺います。梁川氏が事業運営において大事にしているミッションや起業当初の苦労、今後のビジョンなどについて語っていただきました。

株式会社ラヴィゴット 代表取締役 梁川宰源 様のONLY STORY

05

【経歴】

 1985年生まれ。兵庫県神戸市出身。大学卒業後で、独立系リクルーティングファームに入社。
採用メディアの営業兼ディレクターとして経験を積み、その後、キャリアコンサルタントとして広告業界に特化し転職支援を行った後、ヘッドハンターとして特定クライアントの為のエグゼクティブサーチ業務を行い、総合的にHRM領域の業務を経験。 
その後、総合Webコンサルティング会社に転職し、当時最年少で昇格をし続ける。Yahoo!JAPAN、Google等と共同でセミナー開催、スマートフォン向けサービスの新規事業の立ち上げを行い事業責任者となる。
在籍中、約800社以上のクライアントのWeb分析・改善提案の実績を経て、よりクライアントへの売上に貢献できる組織を作るべく、2014年に株式会社ラヴィゴットを創業。

永続的成長とベストソリューション

04
 
–まずは株式会社ラヴィゴットが手がけている事業について、お聞かせください。
 
梁川氏:弊社はWebコンサルティング事業を手がけています。今まで1,500社以上ものWeb診断・分析に携わってきたので、そこで蓄積されたノウハウやデータを活用し、業種や規模に関わらず総合的にWeb集客における最適な方法を提供しています。最近は国や行政からのお仕事も増えています。

例えば、Web制作のご依頼をいただいたとしても、話を進めていくうちにSEOが必要だとなればSEOを、といった具合に、お客様のお悩みをヒアリングし、何が最適かを専門家の視点から考え提案させていただきます。

その上で、私たちは特定のWebサービスに偏ることなく幅広い商材を取り扱っているので、提案で終わるのではなく、様々なWebサービスの中から予算やタイミング、ターゲットに合わせて最適な解決策をプロダクトとして提供することができます。

そのほかにも、Web制作後のアクセス数や導入経路を解析し改善を重ねる、Webコンサルティングサービスや、バナー市場という定額のバナー作成サービスを提供しています。

–多くの同業他社がいらっしゃるかと思いますが、御社が選ばれる理由はどこにあるとお考えですか。
 
梁川氏:やはりお客様の課題に対して、最適な選択肢を提案している点ですね。実はそこで大事になってくるのが、営業に対する評価の方法なんです。

一般的なWeb制作会社の場合だと、営業担当者に「あなたはWeb制作を売る人」「あなたはSEOを売る人」というように縦割りの体制を敷いているところが多いんです。ですがそういった体制だと、例えば私がSEOを売らないといけな営業だったとしたら、クライアントがどんな課題を持っていようと「それはSEOで解決しましょう」と言わざるを得なくなってしまうんです。

これではクライアントの課題に対して、最適な提案ができないことがあります。なので弊社ではWebに関しては何を受注しても評価される社内制度を確立しています。そういった評価の軸を立てているからこそ、クライアントに喜んでいただける提案ができていると思いますし、スタッフにとっても働きやすい環境になっていると思いますね。
 
–梁川様が事業運営にあたって、一番重要視していることを教えてください。
 
梁川氏:私たちは「永続的成長とベストソリューションで、元気に満ち溢れた社会を創造する」というミッションを掲げています。

ベストソリューションについては先ほと申し上げた通りで、クライアントに対して最適なものを弊社が抱える商材の全ての中からご提案し、相手が求める1段階も2段階上のものを提案することです。

永続的成長については、人は所属する組織が成長することで、個人も成長し、また、メンバーが成長することで上司や先輩も成長すると考えているんですね。なのでそんな永続的に成長し続ける輪を作ることで、結果的に元気な社会創造に貢献できると考えています。

苦労もあったが、彼らを雇ってよかった

01
※創業して半年後の写真

–起業の際に苦労したエピソードなどがあれば教えて下さい。
 
梁川氏:会社を立ち上げた当時は私1人でしたが、比較的すぐにお客様から発注をいただき、オフィスについても無償で間借りできるところがあり、自分だけが食べていくには問題ありませんでした。

そして立ち上げてから3ヶ月が経った頃に、どうしても一緒に働きたいと思っていた後輩に声をかけて2人になり、
さらに、たまたま掲載したインターン募集媒体で、とても優秀な学生さんが会いに来てくれて、「これはもう採らないと」ということで仲間に迎えました。

ただ人数が増えれば、間借りしていた事務所に収まりきらないので、新しいところに移転して家賃を払わなければいけない。新しいメンバーにも給与をしはらなければならない。一気に固定費が増えてしまい、銀行の残高がどんどん減っていって、精神的に辛かった時期もありました。

それでも、新しく入ってきたメンバーから学ぶこともたくさんあり、共に成長している実感があるので、あの時の選択は正しかったと思いますね。

この分野で日本を代表する会社を目指す

02
 
–今後の短期的な展望について教えてください。
 
梁川氏:これまでの平均での成長率が1.5倍で増益しているので、今後もこのペースで、引き続き成長していければと思っています。その過程でメンバーの人数も、5年後には現在の12人から50人まで増やしていきたいです。
 
–長期的な目標はどのようなものですか。
 
梁川氏:会社のビジョンとしている「日本を代表するWebインテグレーションカンパニーになる」を目指し、その過程で常に人々が成長し続けられる組織にすることを追い求めていきたいです。そのために、まずは現在やっているWebの制作事業の部分を強化していきたいと思います。

–最後に読者へメッセージをお願いします。
 
梁川氏:学生さんに向けたメッセージとしては、弊社の現メンバーは、新卒採用か第二次新卒採用の方が9割という状態です。なので業界未経験の方が入ってきても成長できる環境の整備に努めてきました。 

そんな地盤があるので、今後社員数を増やしていく中で、未経験から入ってくる学生さんであっても、とても面白い経験ができると思います。新卒、第二新卒の方には、ぜひエントリーをしていただきたいです。ご応募お待ちしています。
 
執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

06

会社名:株式会社ラヴィゴット

定額制バナー制作サービス「バナー市場」

定額10000円から始められる定額バナー制作サービス。初期費用は0円で、デザイン修正費用もかかりません。

納期は最短3営業日からで、一度の注文で複数の制作依頼が可能。


https://www.banner-ichiba.com/

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk