株式会社Connecting the dots

阿部 泰孝

サービスの認知拡散から新規事業のプロデュースまで

SNSを活用したマーケティングを実践する
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、InstagramとLINEを中心にSNSマーケティングを行う株式会社Connecting the dotsの代表取締役 阿部泰孝氏にお話を伺いました。
企業クライアントのサービスの認知拡散から商品プロデュースから流通戦略~流通設計、実行までワンストップで行う同社の取り組みや今後の展望について語っていただきます。

株式会社Connecting the dots 代表取締役 阿部 泰孝氏のONLYSTORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%beconnecting the dots %e3%83%ad%e3%82%b4

【経歴】

大学卒業後アントレプレナー制度に魅力を感じベンチャー企業に就職。

3ヶ月で退職し、EC店舗に特化した商社へ就職。ECの基礎、国内の流通について実践を通して学ぶ。入社後3か月で営業TOP。営業担当していた店舗の売り上げ向上に貢献。成績として平均前年度450%UPの業績提案。(担当30社)

株式会社エシックスのECの卸事業を新規立ち上げに参加。初年度7億の売り上げを構築。

退社後、友人と巨匠に特化したデザナーマネジメント事業の株式会社AGSを設立。ゼネコンとタッグを組み高齢者専門賃貸住宅の設計などにかかわる。

2008年、株式会社ファイブセンス代表取締役就任。日本の流通業においてマーケットインの重要性軸にメーカーの流通コンサル業に特化。300以上の商品企画流通にかかわる。

株式会社ファイブセンス売却後株式会社YYY設立。大手新聞グループの新規事業立ち上げに参加。初年度4億円の売り上げに。

2012年株式会社LBI(金融取引2種業)の取締役に就任。投資だけではなく投資先への業務コンサルティングを組み合わせる事業を確立。

2014年株式会社Connecting the dots設立代表取締役就任。

2017年RESALON創業

2018年atama.labo創業

机上の空論ではないマーケティング


–株式会社Connecting the dotsの事業内容を教えてください。

阿部氏:株式会社Connecting the dotsはSNSマーケティングサービスを展開している会社です。現在は主にInstagramとLINEの2つのSNSを使って、企業の事業や商品、店舗の認知拡散を行っています。そしてそこから派生し、新規事業や商品のプロデュース、流通戦略まで一貫してサポートをしています。

–ありがとうございます。続いてInstagramとLINEのそれぞれのサービスについて教えてください。

阿部氏:まずInstagram運用代行サービス「インスタバンク」についてお話しさせていただきますと、このサービスのクライアントとしまして、BtoC事業の企業、ないしは政治家やタレントになります。クライアント自身ではなく第3者からの視点から見るからこそ初めて分かる事業、サービスの魅力をマスへ発信し、Instagramでは潜在顧客を顕在化することを目標とします。

 もう1つのLINEマーケティングサービス「LINE公式アカウント運用代行サービス」に関しては、Instagramで認知獲得~顕在化の後、サービスや商品に興味を持ったユーザーを「フォロワー」から「友達」という感じで距離感を縮めます。その後LINEで顧客ごとに合った方法でコミュニケーションを重ね、顧客育成を行います。
 LINEは最も使用している時間が長いアプリなので、マーケティングの基本概念としてある時間支配の観点から、有効なのです。
 加えてこのサービスではユーザーの属性に合わせた接客ができるシステムにしています。例えば20代の女子学生と50歳のマダムでは同じ商品でも勧め方が変わってくる。そういった情報を蓄積することで、LINE上でユーザーに合わせた接客を実現し、購買まで引き上げるサービスとして提供しています。

‒他社と差別化をはかっている点や強みについて教えてください。

阿部氏:弊社ではまず仮説を立て、その仮説を自社で実行して、その結果をもとにクライアントにサービスを提供させていただく点が一番の差別化のポイントだと思います。
私は多くのマーケティングやPR、ブランディング、プロデュース等のサービスを掲げている会社は机上の空論でサービスを提供していると感じています。なぜかと言いますと、理論としては完璧でも、実際の商売として売上があがるかというと、なかなかそうならないことも多いからです。
それはなぜかと言いますと、クライアントとオファーされるマーケティング会社との認識が乖離しているから。クライアントからすると報酬を支払えば成果が出るように見えますが、マーケティングは地道な改善の繰り返しが少しずつ成果に繋がるもの。その認識の違いによって、協業が決裂する例を私自身も多く見てきました。
 弊社の場合サービスリリースの前に自社事業としてSNSマーケティングのみで、高級トリートメントサロンを開始1年で新規5年半待ちの人気店にすることを実現しています。顧客心理を踏まえた上での事業設計も功を奏し、机上の空論ではない結果を出しております。
このノウハウを駆使し、クライアントに合わせたマーケティングを提案しております。

二十代の失敗を糧にして


‒お金の概念が変わった出来事について教えてください。

阿部氏:私はこれまでいくつかの会社を起業してきました。ただ売上を作ることについては以前いた職場で営業成績がトップだったこともあり自信があったのですが、初めて起業した時には経営の知識、特に財務という概念が全くなかったので、所得をそのまま自分の給料にしていたんですね。
起業して早々にサラリーマン時代の年収が月収となり、所得を給料にしても全くなくならない程度に売上があったので、二十代半ばという年齢から考えると高所得層にいたんですが、そこで投資詐欺にあってしまい、貯金も合わせて所持金4千円になるところまで追い込まれました。
借金もあったので、そこから返済するまで社会やお金のルールなどを必死に学び、財務の知識をしっかり身につけた結果、人間の器とお金のバランス感覚も知ることができました。

‒財務の知識を身につけた後、起業された会社はうまくいったのでしょうか。

阿部氏:はい。お金の知識を得た時に、「お金をサービスにすればクライアントの成長を加速させたり、救えるだろう」と思い、金融2種の会社を立ち上げたんですが、これまでの経験もあり、その会社はうまくいきましたね。
投資詐欺に遭ったことは人生において大きな失敗でしたが、その背景があったからこそ他の人にはできない視点で社会とお金と人を見ることができるようになりましたし、大きな成長をすることができたと思います。

自社プロジェクトを手がけていきたい


‒今後の目標について教えてください。

阿部氏:実は株式会社Connecting the dotsの規模を大きくしていくことはあまり考えていないんですね。私自身がプレイヤーでいたいという理由が第一なのですが、そのほかにも既存のスタッフ全員が最大限報酬を取れるような組織でいること。
そして人生においてバランスの取れた労働環境を構築することが私の仕事だと思っています。
この考えは、私がサラリーマンとして働いていたときに、単純にそういう会社があったらいいなと思ったことがきっかけになっています。私は仕事が好きか嫌いかで言うと好きですが、でも働き詰めではイノベーションは起きないですし、高モチベーションを連続させることはなかなか困難です。だからこそ働いてる時間がすべてわくわくで満たされている環境を作っていきたいです。

‒その後の長期的な目標は何かありますか。

阿部氏:長期的には自社プロジェクトをいくつか手がけたいと思っています。
今までさまざまな業種、業態のマーケティングやPR、ブランディング、プロデュースに関わらせていただいた上で、知見やノウハウが蓄積されているので、その知見をベースに自社事業を行っていきます。
本当にいいものを拡散させる方法や根付かせる方法は見えてきているので、それを自社で実践することを今後の目標にしています。

‒ありがとうございます。最後に、読者にメッセージをお願いします。

阿部氏:まず学生のみなさんには、少人数だけれども後継者を育てたいと思っているので、本気でマーケティングを身に付けたい人からの連絡をお待ちしております。
社長の皆様には、皆様のサービスで、集客、認知コストは必ず削減できるということをお伝えしたいです。私自身が事業を立ち上げ、失敗し、その中で生み出したマーケティング方法でお手伝いできればと思います。お気軽にご連絡ください。

執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社Connecting the dots

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる