株式会社アドレクス

田代 隼人

「アフィリエイト革命」で広告業界にメスを

クライアントファーストで国内初1京円企業を目指す
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、広告運用をメインに多角的なWebマーケティング支援を展開する株式会社アドレクスの田代氏にお話を伺います。

クライアントファーストで業界ナンバーワンを目指す同社。他社との違いやサービスの強み、そして今後実現したい壮大なビジョンを教えていただきました。

株式会社アドレクス 代表取締役 田代隼人氏のONLY STORY

S  23003140

日本で最も広告運用ができる会社アドレクス


―まずは、株式会社アドレクスの事業内容をお聞かせください。

田代氏:当社アドレクスでは、運用型(リスティング、アフィリエイト、DSP、SNSなどの)広告支援やインハウスマーケティング支援、そのほかにもPR戦略など様々な施策を用いてクライアントの抱える課題解決に取り組んでいる会社です。
アドレクスの「アド」が広告で、「レクス」がラテン語で王様という意味を持っており、アドレクスの社名には、「広告業界の王様になる」という強い想いが込められています。

―同業他社と比べて、御社の強みや差別化できるポイントはありますか。

田代氏:当社の強みとしては大きく2つございます。

1つ目は少数精鋭で集まった超絶優秀なメンバーがクライアントのサポートを行う点です。

当社では、大手広告代理店のMVP受賞者や2年連続での社長賞受賞者、他にもMBAを取得しシンクタンクに入って海外のマーケティングを日本に持ち帰り、大手広告代理店のMVP受賞者にマーケティングを教えていた者など、国内でもトップマーケターとして活躍しているプロフェッショナルなメンバーのみをそろえて広告運用をしている点がアドレクスの強みになります。

2つ目は圧倒的にクライアントの成果にコミットしている点です。

現状日本で、当社よりも広告を運用できる企業は他にありません。と言うのも、日本で最も運用型広告を扱っていると言われている企業に当社が教える立場だからです。
同じくアフィリエイト広告も当社より運用できる会社は他にはないと自負しております。

―田代様が事業を運営するにあたり重要視されていることを教えてください。

田代氏:経営理念であるクライアントファーストです。
僕たちは常にクライアントにとって何がベストなのかを徹底的に追求しています。

例えば、他社に依頼していた5,000万円の広告を当社に切り替えていただいたクライアントに対して、以前よりも成果が出なかったら「5,000万円をお支払いします」と話しています。
クライアント以上にクライアントのことを考えて取り組ませていただきますのでそれほどの自信がありますし、そもそも成果が出ないのであればそこに価値がない。
価値のないものに対してお客様はお金を払う必要はないと考えています。

僕たちはこの理念の基、これまでブラックボックスになっていた広告業界を是正し、業界のナンバーワンになることを目指しています。

―具体的な実績があれば教えてください。

田代氏:アフィリエイトに関して言いますと、大手広告代理店から切り替え後、年間8,000万円の広告費削減に成功し、且つCVを140%増加させた事例があります。
リスティングに関してもその他30社程の代理店スイッチを行っていますが、前代理店さんの成果を下回ったことは過去一度もありません。

優秀メンバー集結、少数精鋭で構成


―株式会社アドレクスを立ち上げた経緯を教えてください。

田代氏:2014年にWebサイトの制作会社を立ち上げてから、広告業界やITに携わる優秀なメンバーが周囲に集まるようになりました。
そこでよく話していたのが、「広告業界自体がブラックボックス化していて、総合代理店が下請けに出した見積もりに手数料を上乗せするだけ、という仕事の仕方が横行している。」という実情についてです。

業務領域の限界やサービスレベル担保の難しさなど、広告業界には課題が多くありますが、本当にお客様のことを想うのであれば、手数料分以上にお客様の利益追求をしていくのが真の広告代理店です。
これは言うだけなら他の代理店でもできることですが、僕はありとあらゆる手段を尽くし、クライアント企業の業績向上を達成する真のパートナーになりうる会社を創ろうと心に決め、この理念に共感してくれる人材を見つけては、何度も何度も口説いて、同じ方向を向いて目的を達成できるメンバーをそろえていきました。

そして、大手代理店出身者やインターネット広告専業代理店出身など、広告領域のスペシャリストが一人、また一人と増え、ついに「ブラックボックスはお客様の為にならない。根強く残ってしまっている古い考えを持つ広告業界自体を正しい在るべき姿へ導いていく正義の味方の集団でありたい!」という強い想いの下に最高の仲間達が集まってきたことにより、2018年10月に株式会社アドレクスを立ち上げました。

―メンバーを集める際のこだわりはありますか。

田代氏:立ち居振る舞いを見ますね。
その人の生き方は、顔や服装、話し方、歩き方、履いている靴、すべてに出ると思っています。
特に国内でも優秀な人と仕事をしたいと思っていて、当社では各分野のスペシャリストのみをそろえるように心掛けています。

―御社の事業に惹かれて優秀な人が集まってくるのでしょうか。

田代氏:当社の考え方やビジョンに共感していただけたんだと思います。
人は、今いる場所よりどこを目指しているかを重視します。

例えば当社が入っているこのオフィス(パシフィックキャピタルプラザ)は、Googleやゴールドマン・サックスが日本へ入ってきたときに使っていたオフィスで、入居している企業もすべて上場していくと言われている、いわゆる出世ビルなんです。
僕たちは上場を目指し、「業界No.1になる」と決意しているからこそ、この場所を借りています。

そのように1つ1つの行動の意味を考えて実行していくと、そこに共感してくれる人たちが集まってきてくれます。

―それは素敵ですね。すでに複数の会社を立ち上げられて、たくさんの経験をされてきたと伺いましたが、田代様がこれまでの経験を通して大事にされている考え方は何かありますか。

田代氏:夢を持つことです。
簡単に諦めたり理由をつけてやらなかったりする人が多い世の中ですが、僕は実現不可能なことはないと思っています。もちろん失敗もあれば叶わない夢もあるでしょう。けれど諦めずに夢に向かって努力をすることがとても大事だと思います。

一例を挙げると、日本でも有名な翻訳家の戸田奈津子さんも当時映画の翻訳家は女性にはなれない職業とされており、実際に業界には女性が1人もいませんでした。しかし絶対に不可能と言われ続けても諦めずに努力した結果、「日本初の女性翻訳家」という新たな扉を開くことができたのです。

それはアドレクスも同じです。大手広告代理店が権力を握っているこの広告業界で、「〇〇を超える」と公言している会社はアドレクス以外にいません。
しかし私は、努力をすればそれは可能だと思っています。そう信じている自分と信じられる仲間と共に、業界ナンバーワンを実現し、広告業界の新しい扉を開いていければと考えています。


目標は国内初の1京円企業


―今後の目標を教えてください。

田代氏:直近の目標は2023年3月での上場です。
それは単なる上場ではなく、ユニコーン企業として株式時価総額1,000億以上での上場を目指しています。そこから先は自社サービスの拡充と関連サービス企業の買収をしつつ1兆円を達成し、大手広告代理店を圧倒的なクライアントの成果を持って追い越せればと考えています。

そして今すでに展開しているグループ企業をさらに多角化していき、今後20年以内に世界初の1京円企業となり、前人未到の領域へ足を踏み入れたいと考えています。

―1京円企業となるとGAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾンの4社)を見据えてるのですか。

田代氏:そうですね。僕はフェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグと年齢が同じなので、そこは負けたくないですね。

―現在、特にに力を入れていきたいことはありますか。

田代氏:現在の広告事業です。
冒頭でもお伝えしたように、これまでブラックボックスになっていた広告業界において、僕たちは「正しいことを正しくやる」ことを追求していきながら、クライアントの成果にコミットしていきます。

これからは本当に良いものしか残らない世界になっていくと思いますし、そういった世界を創るお手伝いを出来ればと考えています。

―ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

田代氏:僕はいつか世界を変えられる存在になります。
それがたとえ今は叶えられない夢だとしても、『一生追い続けられるほど、情熱を注ぐことができる夢を持つこと』これが何よりも大事だと考えています。

『叶わない夢を持ち続け、誰もが成し得なかったことにチャレンジし続けましょう』
そう皆さんに伝えたいです。




住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会アドレクス
会社URL:https://ad-rex.com/ 

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

Ee6a10b8 46c5 4417 b6e1 dbf42fbc9de0 0
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる