株式会社フィートインデザイン

久保田 敦

足に、本来の機能を取り戻させるインソールを

三次元測定機で個々人に合わせたオーダーメイドを簡単に
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、フィートインデザイン 久保田敦社長の物語

株式会社フィートインデザイン 代表取締役社長 久保田 敦様

身体のパフォーマンスとバランスのために


「靴にはこだわりがあるんです」と語る人は、男女問わず多い。
季節ごとに買い替え、手入れも怠らず、
自分にとっての究極の靴を捜し求める
――だが、それが自分の身体に合っているかどうかを
考えている人はどのくらいいるだろうか。

私たちの足は、非常に複雑かつ大切な機能をもっている。
足元が歪めば身体全体にも歪みが生じる。

足は、歩く際の衝撃を和らげ、どんなところを歩いてもバランスを保ち、
そして私たちが前進するために体重を支えてくれている。
歩くときに受ける衝撃は、体重の5倍から7倍。
それが約320Kmのスピードで脛骨、膝、脊柱、頚部、頭部へ
伝わるという。

ぜひ、自分の靴を確かめてみてほしい。
靴のかかとが、中央や内側から磨り減っては
いないだろうか。

もしそうなら、足の機能を十分に発揮できていない
可能性がある。正しい足のポジションを取ることができていないのだ。

株式会社フィートインデザインは、長時間靴を
はきつづける現代人が直面せざるをえない
足のトラブルを、個々人にそって解決し、
適正な身体の状態である「ニュートラルポジション」に導いて、
身体のパフォーマンスとバランスをサポートしようという会社だ。
事業内容について、久保田敦社長にうかがった。

「われわれは、足の専門医がアメリカで開発し
特許をとった最先端三次足圧測定機(3DOシステム)を使って
個々人の足を測定し、機能性を持たせたインソールを
製造・販売しています。

オーダーメイドで足の骨格構造を補正するもので、
見た目はインソールですが、実はとてもしっかりした硬いものです。
そのためには、きちんとした三次元データに基づいて
作らなければなりません。

これを装着することで、身体パフォーマンスを向上させ、
疲労を軽減したり、転倒を予防したりと、
幅広い年齢層の方に喜んでいただいています。」

実際に、このインタビュー中でインソールの
検証実験をさせてもらうことができた。
一般に売られているインソールと、フィートインデザイン社の
インソールのパフォーマンスを比較するため、
履き比べてみたのだ。

上や前から力を加えられたとき、踏ん張っていても、
普通のインソールでは身体のバランスが崩れる。
ところが、フィートインデザイン社のインソールでは、
動じることがなかった。機能性は、こういう形で目に見えてわかる。



151003oct10144385419912083765 1674521359501426 1089870387 n

足の骨格を補完し、負担を軽減


「しかし、日本のみなさんはこういう足についての情報を
あまりもっておられません。そのために、無理な形で
足の機能を損ない、最終的に足の切断を余儀なくされる人もいる。

そこまでいかずとも、魚の目、タコ、マメ、偏平足、外反母趾、
アキレス腱炎などの足のトラブルを抱えている人は多いでしょう。

当時は、アメリカではそれを治療する足の専門医療技術が
随分と進んでおり、1995年頃から懇意にしていた同郷の先輩が、
ビジネスパートナーである米国のドクター(足病外科医)と
2人で日本に持ってきたんです。

すると、全国のいろいろな病院と提携関係を結ぶことができ、
それまで治りにくかったトラブルを解決するという実績を
上げていくことができたんです。」

個々人に合わせたインソールを使用することで、
本来足があるべき正常な位置に骨格が補正される。
足が機能的になれば、歩行・走行のみならず、
身体全体を支えること自体の負担が軽減されるのだ。

だからこそ、トップアスリートが愛用し、結果を出している。
話をうかがえば、ホームページやfacebook上で
愛用者として紹介されているアスリートたちは、
広告のために提供されたインソールを
使用しているわけではないというのだ。
社長の自信のほどがうかがえる。

フィートインデザイン社には、足のトラブルが軽減したと、
喜びの声が多く届く。その中でも印象的なものは、
歳を重ねて足腰が弱り、健康が損なわれがちな高齢者に
プレゼントした家族からのものだという。
杖もつかずに散歩するようになった、と。

「外に1人で出られる、というメンタルでの変化も
あるんでしょうね。そういう声は、やはり嬉しいものです。

高齢者に限らず、スポーツに励む息子さん娘さんにという
ご注文から、使用いただいている年齢層は幅広いですね。
メインは、40代からになりますが。」



151003oct10144385420812092183 1674521219501440 1618432949 n

人の気持ちに寄り添うプロフェッショナルに


それほどまでのシステムなのだから、
さぞや専門的な知識と経験が必要なのだろうと
尋ねてみると、社長の答えは意外なものだった。

「弊社の強みは、誰が計っても均一に計ることができる
システムを使用するというところです。
計測されたデータはアメリカの専用サーバで解析され、
高機能インソールの製造データに変換されます。

それをもとに、高い技術力をもった職人が一足一足手作りで
仕上げるのです。そこには人の主観が入らず、
足にきちんとアプローチするものができるんです。」

立ったり歩いたりする際の足の形や動きが
三次元で把握され、数値化される。
この計測に、専門的な知識はなくてもいいというのだ。
それだけに、社長が社員教育で心がけていることは、
「お客様目線」ということ。

「お客様の景色から物事を見て、お話をするようにと
言っています。自分が何を言いたいか、
したいかではなく、お客様が何を求めておられるかを
常に意識してほしいと。」

それは、社長の経営者としての心がけにもあらわれている。

「ご縁づくりということがまず第一ですね。
お客様はもちろん、取引先や見込み客、講演会で
お会いした人などまで。

というのも、バイトと遊びにあけくれた学生だった
私自身がここまでやってこられたのも、
いいご縁があったからなんです。

ただ、私のようなやり方は本当に寄り道をしている。
読者のみなさんは、学生時代にちゃんと行く先を見定めて、
信念をもっていたほうがいいと思います。」

しかし、人の思いに敏感である久保田社長だからこそ、
そのご縁が生まれたともいえるのではないだろうか。


今こそ足と向き合うべきとき


今後の事業展望をうかがった。

「短期的には、現在国内で60箇所ある計測地点を
100箇所にしたいと思っています。
また、ヒールの高い靴をはく女性に向けた商品開発をしており、
1年もしないうちに商品化されるはずです。

長期的には、日本を拠点にしてアジアに事業展開したいと考えています。」

足とは一生つきあっていかねばならない。
一生支えてもらわなければならない。
今、足と向き合わねば、歳を重ねてからの苦労は
目に見えている。ヒール用の商品開発は、
女性への何よりの朗報だろう。今後の展開に期待したい。


151003oct10144385433412071506 1674521456168083 1540671273 n

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社フィートインデザイン
http://feetindesign.jp/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる