株式会社ポリスター

松野 健太郎

日本企業の中国進出支援で「日本と中国の橋渡し」を

異文化同士のコミュニケーションの難しさを解決
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、日本企業の中国進出を全面的にサポートする株式会社ポリスターの松野氏にお話を伺います。中国ビジネスの課題や支援のノウハウ、同社事業の意義などについて語っていただきました。

株式会社ポリスター 社長 松野健太郎氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

中国進出をワンストップでサポート


–株式会社ポリスターの事業内容からお伺いします。

松野氏:弊社の事業は、一言で言えば「日本と中国の橋渡し」です。具体的には、日本で商品や動画などを作っている企業の中国への事業進出をお手伝いしています。

傾向として多いのは商品の販売であり、中国国内における健康志向の高まりから日本の食品、化粧品、日用品の3つの販売が多いです。

–事業進出のお手伝いとはどのようなことでしょうか。

松野氏:日本で作った商品を中国で売りたいと思っても、中国でどうやって売ればいいのか分からないし、リスクもありますよね。しっかりと事業進出するためには、中国に適した販売方法や、中国で認知されやすい商品名などを考える必要があるんです。

中国で商品を売りたい場合は、中国における商標や権利が必要になります。たとえば商標ひとつにしても、きちんと取っておかないと中国ではあっという間に他社に取られて、挙げ句の果てには権利侵害で訴えられることにもなりかねません。

–中国市場進出をあらゆる点で支援されているんですね。

松野氏:その通りです。また、中国はオンライン店舗が多くありますが、商品を掲載するだけでは売れるはずもないので、綿密な販売戦略が必要になります。オンライン店舗の運営も含め、弊社の持つノウハウを提供し、中国進出を全面的にサポートしています。

今お話したのはほんの一例に過ぎません。弊社は参入前の市場調査から、販促施策立案、広告宣伝、サプライチェーンシステム構築までワンストップで提供できるため、過不足のないサービスでありとあらゆる課題を解決いたします。

–中国進出に関して、御社と同じようなサービスを展開する企業はあるんでしょうか。また、御社の強みを教えてください。

松野氏:部分的なサポートをする企業はありますが、弊社のようにワンストップでサポートしている企業は聞いたことがありません。

弊社の一番の強みは、日本のお客様が中国でも日本国内と同じような感覚でストレスなく事業運営ができることです。

文化や考え方、常識も違う日本人と中国人では、同じことを言われても理解が異なります。しかし、弊社の中国人スタッフは日本企業のお客様の言われることを日本人と同様に理解できるため、海外ビジネスでもっとも難しいとされる文化の違いによるコミュニケーションギャップは発生せず、お客様がストレスを感じることはありません。

–組織で大切にしていることを教えてください。

松野氏:一体感に尽きますね。私は「翻訳機能」とよく表現しますが、日中間のコミュニケーションの質を向上させるには組織の一体感が必要だと思っています。

そのために、弊社の日中双方のスタッフ間でオンラインを含むミーティングを頻繁に行い、コミュニケーションを多く取っています。

日本文化を中国に輸出するビジネスに意義


–このビジネスに携わる想いをお聞かせください。

松野氏:私はここ10年ほど、ヨーロッパや東南アジアを中心とした海外事業を手掛け、縁あってこの事業を引き継ぐことになりました。中国の市場規模の大きさには事業者として魅力を感じてはいました。

また、日本文化を中国に輸出するというビジネスモデルにも大きな意義を感じました。日中間には政治的な問題が多く存在するのは確かですが、個人と個人が政治や国境を越えてつながれるところに、このビジネスの価値を感じています。

–事業継承後、何か困ったという出来事がありましたか。

松野氏:私の海外事業の経験から言えば、どこの国との事業でもコミュニケーションの難しさは共通しています。中国も例外ではありませんでしたが、それも想定の範囲内のことで、特段に困ったということもありません。

10億人以上の巨大市場に目を向けよう


–今後の事業目標をお伺いします。

松野氏:今後はやはり取り扱う商品の幅をさらに広げたいと思っています。

また、今の中国は世界中から何でも手に入り、モノは溢れている状況です。そんな中でも日本企業本来の価値を持つ商品をしっかりと見極め、日本文化とともに中国の人たちへ伝えていきたいと考えています。

加えて、モノづくりの技術向上が著しい中国製品を日本に輸入することで、日中の相互交流を加速させたいという想いも持っています。既に始めていますが、もっと大きな事業に発展させることで、お互いの国を理解し合うためのお手伝いをしたいと考えています。

–経営者の方へメッセージをお願いします。

松野氏:日本企業のほとんどは、まだまだ日本国内だけでビジネスを展開しているように思います。しかし中国に目を転じれば、そこは10億人以上の人口を抱える巨大なマーケットがあります。

中国での小さなヒットは日本でのホームランに相当する市場規模ですから、日本ではうまくいかなかったとしても中国でなら成功する可能性があります。その意味で、今は中国市場に挑戦してみる良い機会であり、チャンスに満ちた市場だと思っています。

–学生の読者へ何かメッセージがありますか。

松野氏:勉強したり本を読んで知識を得ることはもちろん大事ですが、その知識の使い方を知らなければ、知識がないも同然です。

仕事ができる人は遊び上手です。遊ぶためには遊びの段取りを考える必要があり、その過程で知識の使い方を覚え、やがて仕事の能力にもつながっていきます。このことを理解してもらった上で、学生さんたちには大いに遊べと言いたいです。

執筆=増田
校正=米山

株式会社ポリスターの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk