“Happy”の力で、世界をもっと面白く。

スタッフ4人→80人。右肩上がりを続ける編集プロダクション
Large 455d5b76 1a51 4533 b6b8 6ee9b687ca26
株式会社ケイ・ライターズクラブ

柳澤 英子

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、ケイ・ライターズクラブ 柳澤社長の物語

160718jul071468811251eiko renchin


株式会社ケイ・ライターズクラブ 代表取締役 柳澤 英子 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1959年茨城県生まれ。
コピー・ライターを経て、1987年株式会社ケイ・ライターズクラブを設立。
生活情報系コンテンツの執筆・編集に携わる一方で、自らも料理研究家としてデビュー。
ロングセラーとなった「ひとりごはん」「ふたりごはん」(西東社)をはじめ著書多数。
「やせるおかず 作りおき」「夫もやせるおかず 作りおき」
「お弁当もやせるおかず 作りおき」「全部レンチン! やせるおかず 作りおき」の
「やせるおかず」シリーズ(小学館)は、累計165万部超のベストセラーに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


取材力で切り開いた道。


小さい頃から、紙に印刷されたものを見るのが大好き。
小学校の時には、両親からもらった辞書が特にお気に入りで、
そればかり読んでいましたね。
大学を中退し、フリーライターとなってからは、
取材・原稿作成・イラスト作成まで、幅広く手がけるようになりました。
そのうち、私の取材力を評価してくださるお客様が増えて行き、
ありがたいことに様々な取材案件を頂くようになったんです。
最初は私1人できりもりしていたのですが、ついに回しきれなくなり、
チームとして組織化する事に決めました。それが、ケイ・ライターズクラブです。
今から29年前のことになります。

始まりは新宿の小さなワンルームからでしたが、業績は常に右肩上がり。
3LDKのマンション、小さめのビル、ビルのワンフロア、ツーフロアと事務所が拡大し、
私を含めて4人しかいなかったスタッフも、みるみる80名まで増えました。
今では、独立系編集プロダクションとしてはかなり大きな事務所になったと思います。
優秀なスタッフたちと起業ができたこと、
フレッシュな発想と個性を持った、新たなスタッフを常に採用してこられたこと。
こうした、巡り合わせの運に恵まれていたからこそ、
今日まで順調に成長して来られたのだと思いますね。

いつもココロに “Happy”を。


ケイ・ライターズクラブは、出版・広告・web制作の総合プロダクションです。
私が得意とする料理や暮らしものの記事作成の他、エンタメ系の記事作成、
IT・パソコン系の記事作成という、3つの軸で事業展開しています。
私たちは、徹底した取材で新鮮な情報を集め、
価値の高いコンテンツを作り出す事に情熱を燃やしています。
文章を書くことが最終目的ではなく、読み手に感動を呼び起こし、
ハッピーな行動を起こすエネルギーを発することが目標ですから、
私たちのクリエイティブの原点には、いつも“Happy”があるんです。
「~したいな!」「こうなるといいな!」「こんなことがあったら楽しいな!」。
ポジティブな言葉で、たくさんの “Happy”を届けていけば、
みんながより幸せな社会につながっていくはずです。
また、編集とは別に料理研究家としての活動もしています。
2015年から発行している「やせるおかず作りおき」(小学館)シリーズは、
おかげさまで累計165万部(※2016年11月現在)の大ヒット。
全国各地から講演会の依頼もたくさん頂いています。
こうした印税や講演会費などの収益は、全て会社に入れています。
会社があってこそできる活動ですから、成長を支えてくれているスタッフたちにも、
少しでも多くの“Happy”を共有できたらと思っています。

160718jul071468811260seisakubutsu

密度の高い未来を目指す。


これから私たちが目指すべきことは、事業規模の拡大ではなく、
スタッフ一人ひとりの中身を充実させ、より濃度の高い企業にすることだと考えています。
そのため、会社の運営を30〜40代のスタッフたちに託し、
私は見守るスタンスをとっています。
「ケイ・ライターズクラブなら、任せて安心だ」
「ケイ・ライターズクラブなら、良い提案をしてくれる」というように、
「一緒に仕事をしたい」とクライアントから思っていただける
「密度」を大事にしていきたいですね。
今後、出版業界に入りたいと思っている人には、
「読む」と「作る」のどちらが好きなのかを考えてみてほしいんです。
「読む」ことが好きなのであれば、漫然と読むのではなく、
とことん「読み」のプロを目指して欲しい。
そして、その本をより良くするためにはどうしたらいいか。
アドバイスができるような目を持って欲しいと思います。

雑誌や書籍を作ることは、想像以上にハードなこと。
でも、人の心を動かす事のできるステキな仕事です。
「この本、一生とっておきたいな」とか、
「このライターさんに会ってみたい」とか思ってもらえたら、
私たちも最高に“Happy!”ですね。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


株式会社ケイ・ライターズクラブ
http://www.kwc.co.jp/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる