株式会社POSSO

川村 智也

介護施設や保育園への食事提供で健康づくりをサポート

一人ひとりに合った食事で、北海道から「食育」を発信
SHARE ON

今回のインタビューは、札幌市で「トマト麺 Vegie」というラーメン店を経営する株式会社POSSOの川村氏にお話を伺います。現在、介護施設や保育園へのフードサービス提供事業に力を入れる同社。事業の取り組みやラーメン店を経営するに至った経緯、これからのビジョンについて語っていただきました。

株式会社POSSO 代表 川村 智也氏のONLY STORY

見た目も美味しさも評判の嚥下食を提供


–まずは、株式会社POSSOの事業内容をお聞かせください。

川村氏:弊社は、介護施設や保育園へのフードサービス提供事業と、北海道食材を使った札幌市のラーメン店「トマト麺 Vegie(ベジィ)」の経営をしています。

–現在、介護施設や保育園へのフードサービス提供事業がメインでいらっしゃるとのことですが、具体的なサービス概要を教えていただけますか。

川村氏:介護施設に入所されている方100床分の食事に加え、デイケアで通いに来られる方々の食事や、隣接する保育園、病児保育園の子どもたちの離乳食や幼児食など、合わせて400食程度を毎日提供しています。

介護食と離乳食は基本的に似ていますが、介護食においては形状やとろみ具合を個々のニーズに合わせ、一口サイズに切ったもの、蒸して柔らかくしたもの、細かく刻んだもの、飲み込みができるようにとろみをつけたものなどを提供しています。

–他社サービスと比べて、御社の強みや差別化できるポイントはありますか。

川村氏:介護施設で提供している嚥下食(飲み込みやすい食事)は、嚥下食部門でグランプリを受賞した料理人の方に監修していただいておりますので、他の委託業者と比べて見た目が良く味が美味しいとご好評をいただいております。

また現在、介護施設で使える食事の商品化をOEMで進めています。というのも、施設ごとに魚や煮物などの味付けが変わるので、美味しさをそのままに真空パックにして、冷凍から温めるだけで食事が提供できるよう、一次加工の工場と打ち合わせて商品化に向けて準備をしています。

–食事を提供する上で何かこだわりはありますか。

川村氏:トマト麺のラーメンに関しては、北海道の野菜を使ったり、オーガニックを取り入れて、健康志向な食事の提供を心がけています。

介護食に関しては、現在食事を提供している施設が秋田県にありますので、地元の食材や調味料を使ったり、現地の意見を取り入れながら、これまで慣れ親しまれてきた味や懐かしい味にこだわって食事を提供しています。

ベンチャー企業からラーメン店の経営者に


–どのような経緯でラーメン店を始められたのですか。

川村氏:初めは競走馬のサプリメントを作るベンチャー企業を当時の社長と2人で創業しました。その後、馬だけでなく人用のサプリメントをドラッグストアや通販で展開し、営業統括として東京と行き来するようになった頃に、あらためて北海道の食の魅力に気づいたんですね。

「北海道の食材を使って何かしたい」と独立を考えていたところ、もともと既存であったトマト麺のラーメン店の当時の店主にお子さんが生まれるタイミングで、事業を縮小するか、事業自体を誰かに譲るかと考えられていたんです。

そのお店に3年ぐらい客として通っていた僕が退職する話をたまたますると、「君と話が合うから事業を引き継がないか」とお話をいただき、せっかくチャンスなので挑戦してみようと2016年に事業を承継しました。

–ラーメン店を始められてから、今の介護施設や保育園のフード提供の事業につながっていったのですね。

川村氏:そうですね。現在、日本スポーツ協会で指導者を育てるコーチの仕事も請け負っているんですが、そのつながりで今年の4月から介護施設へのフード提供の仕事をいただいたんです。

スポーツにおいても体作りは食事が基本なので、介護施設や保育園でも食事での健康づくりをご提案しながらやっていきたいです。

–事業を運営する上で、大切にしていることはありますか。

川村氏:人との出会いやつながりを大切にしています。自分には何もできないので、周りの人や環境にこれまで何度も助けられてきました。

また、相手の気持ちを「察し」、「思いやり」を忘れないようにしています。スタッフを含め、見返りを求めるのではなく、相手のことを思ってしたことが自然と返ってくるような人とのつながりを大切にしていきたいですね。

北海道から「食育」を発信していく


–短期的な目標を教えてください。

川村氏:介護施設や保育園へのフードサービス提供事業においては、現場でエビデンスを取り、利用者のヒアリングを行いながら、他の施設でも均一したサービスが提供できるようマニュアルを構築していきたいと思います。

–長期的な目標を教えてください。

川村氏:これからの時代、店舗経営だけではなかなか難しいので、オンラインを活用しながら一人ひとりに合ったサービスを提供していくことが課題になると考えています。

また今は食事の提供がメインですが、サプリメント業界の経験を生かして、食事に足りないビタミンなどをサプリメントで個別にサポートする事業も始めていきたいです。

トマト麺のラーメンは、イタリアンのトマトソースと日本のラーメンが融合したものなので、例えばイタリアに逆輸入をして、日本の食文化を北海道から世界に発信していくのも面白いかもしれませんね。

–社会的にはどういった影響を与えていける企業になりたいとお考えですか。

川村氏:管理栄養士さんの協力のもと、セミナーや試食会を通じて地域の方々に食の大切さをお伝えしていける企業になりたいです。

例えば保育園の食事に関わらせていただいておりますと、アレルギーのお子さんが今とても多いんですね。

もちろんアレルギー体質に配慮することが大事ですが、小さい頃からいろいろなものを食べて「食事から体を作る」環境を作ってあげられるような「食育」に力を入れていきたいと思います。

–ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

川村氏:弊社は北海道の食材に関していろいろなチャネルがありますので、ご協力できることがあると思います。ぜひいろんな方とお話ができれば幸いです。

執筆=山田
校正=米山

株式会社POSSOの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる