再現性の高いセールスノウハウで企業の売上アップ!

徹底したリサーチとPDCAによるセールスの仕組み化
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、独自のセールスノウハウで企業の営業活動をサポートする株式会社キントウンの渡邉氏にお話を伺います。誰でも使える営業の仕組み化で利益を生み出す同社の取り組みや、今後の展望について語っていただきました。

株式会社キントウン 代表取締役 渡邉政良氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%b3 %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

実践で生まれたセールスノウハウ


–株式会社キントウンの事業内容を教えてください。

渡邉氏:弊社は、実践して効果の出たセールスの「ノウハウ」、つまり再現性の高いうまくいく方法を商品として販売している会社です。

具体的には代理店事業とマーケティングツールでの営業支援の2つを柱として事業を展開しています。

–まずは、代理店事業について、詳しく教えていただけますか。

渡邉氏:はい。代理店事業で言いますと、弊社がクライアントの一次代理店となって、市場やターゲットなどに対して徹底したリサーチを行い、その後PDCAを繰り返して、KPI指数を最大化し、セールスを仕組み化していきます。

セールスノウハウを構築するまでに、早くて3カ月から半年ほどかかりますが、1つの仕組みが出来上がると再現性が高く、展開しやすいため、弊社のノウハウを利用していただいた代理店様は、結果的に売上1位になるケースが多いです。

–業界内での強みや差別化のポイントはありますか。

渡邉氏:一番のメリットは、仕組み化することによって経費削減や時間短縮ができることです。また、訪問販売やテレマーケティングのようなアウトバンド型の営業ではないため、クレームがあまり出ず、結果的にクライアント企業様のブランディングを守っていることも弊社の強みとなっていますね。

加えて、契約内容にもよりますが、セールスのノウハウの研修を行うこともできます。こういったノウハウの提供は営業力自慢の会社様とは違う点と考えております。

マーケティングツールで効果を出す


–マーケティング事業について、詳しく教えていただけますか。

渡邉氏:マーケテイング事業に関しては、マーケティングツールとツールを使用するノウハウを用いて企業のサポートをしています。

例えば、ノウハウを知らなければ、健康障害といったデリケートな問題を抱えた人たち1万人のリストを作ろうとした時に、情報を集めるのには数カ月かかると言われています。

しかし、ノウハウを持っている弊社であれば2~3日で10万人分のリスト作成が可能です。先ほどの代理店事業と同じく、ノウハウを使うことで予算や時間が短縮できるのが一番大きいメリットだと考えています。

–マーケティングツールにはどういったものがありますか。

渡邉氏:最近はInstagramツールへの需要が高まっています。SNSの中でも趣味嗜好の合う人がフォロワーになってくれるので、発信が効果的になりやすく、BtoCの商材を持っている企業のマーケティングツールとして強いんです。

ここで重要なのはフォロワーからの反応率で、一般的にインスタグラムの「いいね」の数は、フォロワー数に対して1割くらいだと言われています。

しかし、なぜ1割にしか「いいね」がつかないのかというと、インスタグラムのアルゴリズムの問題などで、発信した情報がちゃんとフォロワーに届いていないため。

そこで弊社では、発信した情報が一人一人のフォロワーに届く仕組みを構築し、フォロワー数が2500程でも反応数は1000「いいね」がもらえるようなアカウントにすることができました。

–御社の代理店事業とマーケティングツールは、相場からするといかがでしょうか。

渡邉氏:相場と同じくらいの価格だと思います。というのも弊社は他社とは異なる独自の商材・手法を扱っているため、代理店事業もマーケティング事業も価格に関しては他社比較が難しいのですが、基本的には他の企業様と変わらないと思います。

若い人たちが希望を持てる社会に


–今後の事業展開を教えてください。

渡邉氏:日本で仕事をしていて思うことは、将来に暗いイメージを持っている日本人がとても多いということです。私は毎月、仕事でフィリピンへ行くのですが、フィリピンの人たちは、貧困の差があってもみんなとても明るいんですね。それはなぜかと言うと、みんなが将来に希望を持っているからなんです。

なので私は、若い方たちの将来に対する不安をなくし、希望が生まれるものを作りたいと思っています。

そのために、日本だけではなく海外でもビジネスをして、例えば発展途上国であったり、経済が盛り上がっているところをマーケットにしていきたいと考えています。今、種をまいておけば、通貨格差が少なくなった時に利益を生み出せるのではないでしょうか。

また、弊社はこれまでBtoB向けのサービスを提供していましたが、今後はBtoC事業を展開していきたいですね。

そうやって、私たちの取り組みにより若い人たちが希望を持てるような、将来的に楽しい人生を送れるような、そんなサービスを提供したいと思っています。

–最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

渡邉氏:将来、若い方たちが希望を持てるような仕組みづくりをするため、動き始めています。もしそういった方向に興味を持つ方がいらっしゃいましたら、ぜひ一緒に活動したいと思います。ご連絡お待ちしております。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社キントウン

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる