最終更新日: 2023.09.01

新規事業の立ち上げに必要なリソースが足りない、販路開拓営業を行っているが上手くいっていないなど、自社サービスの営業を展開する方法に悩む企業は多いのではないでしょうか。

こうした課題を解決するには、ビジネスマッチングがおすすめです。ビジネスマッチングは、ニーズの一致する企業と企業をつなぐサービスを指します。

しかし、サービス導入後のイメージが湧かず、利用に踏み出せない方も少なくないでしょう。この記事では、ビジネスマッチングの成功事例13選を紹介します。事例に似た課題を抱える企業は、ぜひ参考にしてビジネスマッチング導入をご検討ください。

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

Table of Contents

ビジネスマッチングとは

ビジネスマッチングとは、ビジネスパートナーを求める企業同士をマッチングする活動を指します。取引先を探す場合も協業相手を探す場合も利用でき、人材派遣や製造、IT・情報通信、医療など、さまざまな業界の営業課題の解決を支援します。

例えば、大手自動車メーカーが展開するビジネスマッチングサービスでは、整備事業者が設備入替をスムーズに行えるように支援しています。自動車整備工場で使用する設備や工具の出品販売や購入の他、メカコミの中古設備専門業者に買取依頼も行えるため、整備工場の設備投資にかかるコストを軽減できるでしょう。

このような専門の業界に特化したサービスのほか、決裁者とのアポイント獲得に特化したプラットフォームやサイト、あるいはビジネス交流会などもビジネスマッチングと呼びます。

ビジネスマッチングによって解決できる3つの課題

ビジネスマッチングによって解決できる課題は、主に3つあります。

  1. 新規販路の開拓
  2. 休眠顧客の掘り起こしやリピーターの獲得
  3. コストの見直し

それぞれ解説します。

1.新規販路の開拓

ビジネスマッチングの利用によって、自社サービスの新しい販売先を見つけられます。ビジネスマッチングでは、決裁者とマッチングできたり、営業顧問を紹介してもらえたりするためです。

例えば、企業の責任者のみが登録するビジネスマッチングのプラットフォームを利用すれば、決裁者アポイントの獲得を図れます。営業担当者と商談を重ねる必要がないため、営業工数を減らして効果的な営業展開が可能です。

また、ビジネスマッチングには様々な企業が登録しているため、自社の商材と親和性の高い企業に出会える可能性もあります。

2.休眠顧客の掘り起こしやリピーターの獲得

ビジネスマッチングで出会った企業の支援によって、休眠顧客の掘り起こしやリピーターの獲得につながる可能性があります。

ビジネスマッチングプラットフォームでは、特定の業界や地域、サービスなどを指定してマッチングを行えます。ノウハウを持つ企業とマッチングすることによって、自社の課題解決をサポートしてもらえるでしょう。

休眠顧客の掘り起こしやリピーターの獲得方法、顧客の行動データの分析方法、営業支援ツールの効果的な利用方法などを、自社のみで学ぶのは時間がかかります。

3.コストの見直し

ビジネスマッチングを利用し、新たな原材料や部品の調達先とつながることによって、コスト面の課題を解決できます。

既存の仕入先よりも低価格で原材料や備品を確保できれば、コストを抑えられるためです。また、企業との出会いによって新たな素材を利用でき、品質の向上につながる可能性もあります。

売上が上がっていても、コストが嵩めば利益は得られません。コスト面を見直し、利益を増やすことはビジネスの成功につながります。

ビジネスマッチングの成功事例13選

ここでは、ビジネスマッチングの成功事例13選を、成功パターン別に紹介します。

  1. 決裁者とマッチングに成功したケース
  2. 業務の委託先を見つけられたケース
  3. ノウハウの蓄積に成功したケース
  4. 新規顧客の開拓に成功したケース

決裁者とマッチングに成功したケース

この項目では、決裁者とマッチングした事例を紹介します。

1.ターゲットの多いサービスの活用で商談数が向上

オンライン展示会を軸にセールス・マーケティング支援を行う企業は、購買意欲の高い見込み客(ホットリード)の減少に悩まされていました。

Web広告や問合せフォームからのアプローチなど、さまざまなオンライン施策によって、顕在層にはある程度アプローチ済みだったことが原因です。成果につながらずにCPA(顧客獲得単価)も高騰していました。

そこで、当社がターゲットとする企業の登録が多いビジネスマッチングサービスを利用したところ、利用から10ヶ月で決裁者との商談アポをおよそ70件獲得し、そのうち12件が受注に至りました。

プラットフォーム内では、決裁者と直接のメッセージのやり取りを行えました。先方の持つ課題をヒアリングした上、オンラインイベントの必要性についてディスカッションをするなど、先方が求めているであろう情報を提供したことが成約に至った要因です。

商談数が増えることは、営業活動において非常に重要です。その場ですぐに受注に至らなくても周りの経営者を紹介してもらえる場合や、半年以上前に提案を行った顧客から改めてサービスを導入したいと依頼を受ける場合があります。

2.決裁者との商談で営業・サービスの品質が向上

製品やメーカーのブランディングやアウトドア支援など、新規事業の立ち上げから営業課題の解決をサポートする企業は、オンライン交流の主流化に伴いビジネスパーソンとの接点や新しい出会いが減少しており、売り上げが伸び悩んでいました。

そこで、決裁者専用のビジネスマッチングプラットフォームを利用したところ、150社とマッチングに成功し、受注数が増加しました。

決裁者との商談を重ねる中でサービスの伝え方や提案のタイミングを学び、アドバイスを受け、資料や料金体系の見直しなどを行ったことが、受注につながった要因です。

クライアントとの信頼関係を構築する、同社のようなビジネスモデルの企業にとっても、ビジネスマッチングサービスが有効だとわかる事例です。

業務の委託先を見つけられたケース

ここではマッチングサービスを通して業務の委託先を見つけた事例を紹介します。

1.大手企業と中小企業のビジネスマッチングにより新分野に進出

大手非鉄金属メーカーは未開拓の分野への進出を目指していましたが、新分野に必要な樹脂加工のノウハウや設備が不足しており、プロジェクトが進んでいませんでした。

そこで、自社にはない技術を持つ企業との共同開発を模索し、ビジネスマッチングのプラットフォームを利用しました。その結果、求めていた樹脂加工ノウハウを持つ中小企業とのマッチングに成功し、新製品を開発できました。

プラットフォーム上では大手企業が試作品を募り、樹脂加工ノウハウを持つ中小企業が提案を行う形式で加工能力を証明しました。これにより、相互の技術力や信頼性を確認し、共同開発に前向きな姿勢で臨めたことが成功の要因です。

新しい商品の開発に挑戦する企業にとっても、ビジネスマッチングのプラットフォームは有用とわかる事例です。

2.最適なアウトソーシング先の選定に貢献

自動車の電動化・軽量化・知能化などに使用される機能材を取り扱う企業は、製造委託先を見つけることに悩みを抱えていました。

従来は、独自のネットワークや過去の取引先からの情報収集、Google検索などさまざまな方法で情報を集めていましたが、製品の特性上限られた範囲でしかアプローチすることができない状況でした。

そこで、ビジネスマッチングサービスを利用し、新たな製造委託先を発見できました。マッチングした企業は高いスキルや蓄積したノウハウを持つものの、情報が少なく、Google検索に引っかからなかったと考えられます。

ビジネスマッチングサービスの利用は、従来の情報収集方法では見つけることが難しかったアウトソーシング先を発見する手段としても有用です。

3.スキル継承と効率的な生産計画立案を実現

治工具を製造する企業は業務の多くが熟練作業者に集中することによって起こる、スキルの属人化に悩みを抱えていました。

そこで、ビジネスマッチングを利用し、企業向けのハードウェア機器の開発・生産からシステムソリューションの提供を行う企業のサポートを受けたところ、スキルの標準化による安定した生産を実現できました。

それだけでなく、属人的だったスキルのシステム化や生産計画立案の自動化に成功し、設備稼働率の15%向上、生産計画立案工数の90%削減を実現できました。


ビジネスマッチングで出会った企業のシステムを導入し、自動化を促せたことが要因です。

4.短納期でキャンペーンサイトの立ち上げを実現

とあるアパレル企業は、方針変更により短期間でキャンペーンサイトの立ち上げが急務とされていました。しかし、既存の取引先からは納期の問題で断られ、短納期に対応できる依頼先を見つけなければならない状況でした。

そこで、過去に成功した経験があるビジネスマッチングを利用したところ、アパレルのサイト制作に特化した企業とスムーズにマッチングできました。熟練したコンシェルジュのサポートにより、アパレルの言語では伝わりづらい魅力をスムーズに理解してもらえ、短期間で発注先を決定することができたのです。

制作したキャンペーンサイトは販売促進に効果的でした。前回のサイトと比べてPV数は約2倍、プレスリリースからの転載数は約1.7倍に増加し、多くのメディアに取り上げられ成功を収めました。

5.新しい採用パンフレット制作会社を導入し採用活動に成功

ドラッグストア・保険調剤薬局を展開する企業は、採用に活用するパンフレット制作において、既存の取引先では他社との差別化が難しいと懸念していました。新しい制作会社を探すために利用したのがビジネスマッチングサービスです。

従来は薬学部の新卒者を採用対象としており、薬学部生の情報発信に慣れている制作会社に依頼していましたが、今回は新しいアプローチとして雑誌や企業広報誌の制作実績を持つ企業も対象に加えました。

そこで、ビジネスマッチングを利用し新たな制作会社と関係を築いた結果、斬新なデザインのパンフレットが完成し、昨年よりも多くのエントリー者が会社説明会に参加しました。

新しい制作会社の導入により、パンフレットの魅力が向上し、採用活動に成功を収めた事例です。

ノウハウの蓄積に成功したケース

この項目では、他社のノウハウを自社に蓄積できた事例を解説します。

1.価格競争を乗り越えて競合との差別化を実現

人材派遣を行う企業は、競合他社との価格競争に苦しんでいました。価格競争において過度に価格を下げれば利益率が下がり、企業経営を圧迫するリスクがあります。

そこで、ビジネスマッチングで出会った企業から経営戦略をサポートしてもらうことを決めました。結果、コンサルティング企業と出会い、スキル向上の定期的な研修を受けたところ、コミュニケーション能力が向上し、顧客満足度が高まりました。顧客からの要望に迅速かつ的確に対応できる人材が増えたこが要因です。

加えて、研修によって派遣人材にも自信がつき、仕事に対するモチベーションが高まりました。

2.ISO認証を取得し大手メーカーとの契約に成功

精密機械加工企業は、大手メーカーの契約を獲得できずに悩んでいました。

競合他社が多い中で、大手メーカーとの取引を実現するには、製品の品質や安全性、機能性の標準化を目指すISO認証の取得が一般的には必要となります。しかし、同社にはISO認証を取得するためのノウハウや経験が不足しており、これが障壁となっていました。

そこで、ビジネスマッチングプラットフォームを利用して、ISO認証取得支援実績のある経営コンサルティング企業のサポートを受けました。専門家による指導の下、同社は社内の意識改革を推進したところ、ISO認証取得の意義と重要性が社内に浸透しました。全社員が取り組む姿勢を持った結果、同社はISO14001(環境マネジメントシステム)とISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得することに成功しました。

その後は商材の品質の高さが決め手となり、同社は大手メーカーとの成約に至りました。

新規顧客の開拓に成功したケース

マッチングサービスを通して、新規顧客の開拓に成功した事例を紹介します。

1.旅行会社のさまざまな新規開拓を効率化

とある旅行会社は、法人向けに出張支援やSDGs事業支援の事業も行っていました。しかし、新規開拓のためのリソースが不足しており、より効率的に新規開拓できるようにビジネスマッチングを活用しました。営業担当者にとって成約数はもちろん、アポ獲得、商談、成約までのプロセスをいかに短縮できるかが大きな課題です。

サービス内で「SDGs」に関する商材・パートナーを募集したところ、60件の閲覧があり、8件の商談に結びつきました。ビジネスマッチングサービスでは互いにニーズが可視化されているため商談までのスピードが早く、顧客との心理的な距離の近さが大きなメリットとなります。

企業の海外進出を支援する専門サイトなどでもマッチングを募集しているものの、ニーズが限定されてしまいます。今回は、特定のニーズに縛られないサービスを利用したことによって、多種多様なサービスを訴求できました。

2.新規サービス提供企業がマーケティング施策の課題を解決

法人向けにショートメッセージを送付するサービスを提供する企業は、新規顧客の獲得に悩んでいました。

スマートフォンのSMS機能を使って企業にショートメッセージを送信するというサービスの特性上、営業相手に導入メリットをすんなりと理解してもらえない場合もあります。そのため、他社の登録しているニーズに対して提案できるビジネスマッチングを利用しました。

ビジネスマッチングでは、企業のニーズがわかった状態で商談を行えます。地方創世を掲げる企業に提案を行う際、事業課題に対しての解決案の1つとして法人向けメッセージングを説明することによって理解を得られました。

ビジネスマッチングのプラットフォームは、さまざまな業界の企業が活用しており、その動向を伺えるため、新規事業者にもおすすめできます。

3.導入意欲の高い企業とのスムーズな接点を確立

オンライン営業システムを提供する企業は、小売業や製造業などのアプローチしづらい企業の開拓に課題を抱えていました。

これらの業界では、独自の営業スタイルが確立されている場合があります。特に対面営業が主流の企業は、オンラインシステム導入に対する懸念や疑念を抱く可能性もあるでしょう。

そこで、オンラインへの理解が高いであろうターゲット企業が集まるビジネスマッチングを通じて、小売業や製造業の企業にオンライン営業システムを提案したところ、複数の成約を獲得できました。ビジネスマッチングによって、オンライン営業システムを導入したい顧客との接点を確立できたのです。

このようなオンラインサービスを展開する企業と、ビジネスマッチングサービスの親和性は高いといえます。利用することによって、新たな成長機会の創出につながるでしょう。

4.銀行のビジネスマッチングを利用して新たな取引先を獲得

無線機(トランシーバー)の販売やレンタルを行う企業は、利用シーンに応じて低価格な商品ラインナップが欲しいという顧客からの要望を受け、利用距離は短いものの低価格な特定小電力無線機をまとめて仕入れました。メーカーから大量に仕入れをすれば、コストを抑えられます。

ところが、導入後に利用距離が短いとの理由で既存顧客に取扱してもらえず、残った特定小電力無線機の販売先の確保が急務となったため、ビジネスマッチングのサービスを展開する取引先の金融機関に相談しました。

金融機関の担当者に過剰在庫について相談したところ、パチンコ店やカラオケ店などの顧客対応や施設内での業務連絡などで特定小電力無線機の需要があると提案を受け、新たな販路を開拓できました。

銀行のビジネスマッチングは、銀行と取引のある企業の中から仕入先や販売先、ビジネスパートナーなどを探すのに有用です。

ビジネスマッチングプラットフォームの基本的な利用手順

ビジネスマッチングプラットフォームの基本的な流れは以下の通りです。

  1. ビジネスマッチングサービスに登録する
  2. 企業情報を掲載する
  3. ニーズに合った企業を探す・依頼を受ける
  4. メッセージなどやり取りを行う
  5. 商談する
  6. 相手と合意する

ビジネスマッチングプラットフォームの利用時は、まず企業名や業種、事業内容やサービスなどを記載しアカウントを作成します。運営者によって登録内容には違いがあり、金融機関の場合は法人口座番号の登録が求められることもあります。

アカウント作成後は、自社のページの詳細を記載して内容を充実させることが重要です。マッチングの目的や希望する業界、サービスなどを細かく記載してより多くの企業に興味を持ってもうらえるような、視認性・可読性の高いページを作成するといいでしょう。

その後はプラットフォームから、メッセージやチャット機能などを使って接触を図ります。企業情報の詳細を確認してニーズに合った企業を探すか、あるいは依頼を受けてアポを獲得し、アポ獲得に成功すれば次は商談、成約という流れで進みます。

ビジネスマッチングならチラCEOがおすすめ

サービス内容決裁者へのメッセージ送信決裁者へのプレゼン会への招待
自社に合う決裁者の選定
強み決裁者とつながれる
公式HPhttps://onlystory.co.jp/

成約につながる可能性の高いビジネスマッチングを図るならチラCEOをご活用ください。

チラCEOは、成約に最も重要なキーパーソンである決裁者とのマッチングを実現するプラットフォームです。

気になる決裁者がいればメッセージを送ってアプローチでき、自社に合う決裁者をカスタマーサクセスに見つけてもらうことも可能です。ITや金融、飲食など幅広い業界の決裁者が6,000名以上登録しているため、求める人材を見つけられるでしょう。

編集部のおすすめポイント

決裁者とのアポイントによって成約までの営業工数を削減し、効率的な営業が行えます。地方企業が都市部の企業とつながることによって事業を拡大した事例を持つなど、利用方法もさまざまです。

ビジネス交流会でもマッチングできる

オンラインではなく、ビジネス交流会などのイベントで希望する企業と出会える可能性もあります。ビジネス交流会とは、ビジネスの紹介またはサービスを求めるビジネスマンが集まり、交流する場のことです。

例えば、民間企業や自治体が主体となって開催する商談会や展示会では、企業や個人事業主が参加してサービスについてプレゼンテーションを行ったり、展示ブースを設けて情報を発信したりします。

参加者同士が直接コミュニケーションを取って、新しいビジネスチャンス、パートナーシップを構築できます。多くの企業やビジネス関係者が集まる交流会に参加すると、業界の専門家やパートナーとの出会いによって、幅広くビジネス展開できる可能性もあるでしょう。

ビジネスマッチングに関するよくある質問|Q&A

ここでは、ビジネスマッチングに関するよくある質問を紹介します。

  • ビジネスマッチングは信頼できる?
  • ビジネスマッチングはどのように機能する?
  • ビジネスマッチングの料金体系は?
  • ビジネスマッチングの参加資格は?
  • 個人事業主・フリーランスは参加できる?

ビジネスマッチングは信頼できる?

A.より信頼できるサービスを選ぶことをおすすめします。

基本的に、ビジネスマッチングのプラットフォームはセキュリティ対策を施し、個人情報の保護や取引の安全性を確保しています。しかし、信頼性の高いプラットフォームの選定、成約後のトラブルには注意が必要です。審査制度のあるサービスなら、より安心して利用できます。

ビジネスマッチングはどのように機能する?

A.登録者同士のニーズを照らし合わせ、マッチングします。

ビジネスマッチングのプラットフォームでは、自社の求めるソリューション、または提供するサービスを掲載し、データベースが構築されています。データベース内からサービス側で引き合わされる、または利用者が検索し、ニーズが合う企業同士が引き合わされる仕組みです。

マッチングを成立させる方法は、いいねを送ったりメッセージで直接やり取りできたりと、機能は各プラットフォームによって異なるため、事前に確認しましょう。

ビジネスマッチングの料金体系は?

A.プラットフォームによって料金体系は異なります。

料金体系には、月額固定や反響課金、成果報酬などの種類があります。一部のプラットフォームは無料で利用できますが、より高度な機能を利用する場合には有料プランが用意されていることがあるため、確認が必要です。

ビジネスマッチングの参加資格は?

A.プラットフォームによって、条件があるものとないものがあります。

民間企業が提供するプラットフォームには「決裁権を持つ者」など、一定条件が設けられている場合があります。一方、商工会議所や金融機関が提供するものには、基本的には要件が定められていないため、誰でも参加できます。

ビジネスマッチングを利用して営業課題を解決しよう

本記事では、ビジネスマッチングについて以下の内容を解説しました。

  • ビジネスマッチングは、ニーズの一致する企業同士をマッチングすることである
  • ビジネスマッチングによって、新規販路の開拓、休眠顧客の掘り起こしやリピーターの獲得、コストの見直しができる
  • ビジネスマッチングのプラットフォームに登録したら、自社情報を掲載してニーズに合った企業を探す

ビジネスマッチングの利用によって、リソースやノウハウ不足などさまざまな営業課題を解決できます。導入を検討されている方は、紹介した事例をぜひ参考にしてください。

「チラCEO」は決裁者と商談を行えるプラットフォームです。幅広い業界の登録決裁者との的確なマッチングをサポートします。成約プロセスを効率化したい、新しいビジネスを展開したい方は、ぜひ「チラCEO」にご相談ください。

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問