最終更新日: 2023.09.26

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

1. はじめに

成功するビジネスにはさまざまな要素が必要ですが、その中でも特に重要なのが価格戦略です。商品やサービスの価格は、消費者の購買決定を大きく左右するため、その設定は企業の成功に直結します。しかし、価格戦略とは一体何なのでしょうか?どのような考え方や方法が必要なのでしょうか?ここでは、価格戦略の基本をわかりやすく解説し、効果的な価格戦略を構築するためのポイントを具体的な例を交えて紹介します。

2. 価格戦略とは?

価格戦略とは、企業が商品やサービスの価格を設定し、維持、または変更するための戦略的アプローチです。適切な価格戦略は企業の売上高と利益を最大化することを目指し、その製品が消費者にとってどの程度の価値があるかを反映します。それはまた、ブランドイメージの形成や市場内での競争力確保にも寄与します。

しかし、適切な価格戦略を導き出すためには、企業が自身の商品やサービスの価値を正確に理解することが求められます。また、競合他社の動向や市場の需要なども詳細に分析する必要があります。これらの情報をもとに、価格を設定することで、自社の利益を最大化し、競争力を維持することが可能になります。

3. 価格戦略のタイプ

市場のニーズ、競争状況、製品の生命周期、そして自社の目標と能力に基づいて、適切な価格戦略を選択します。価格戦略には様々なタイプが存在します。ここでは、主な価格戦略のタイプとその特徴を紹介します。

  • ペネトレーション価格戦略:新商品を低価格で市場に投入し、市場のシェアを急速に確保する戦略です。この戦略は、大量の顧客を獲得し、競合他社の参入を阻止することを目指しています。
  • スキミング価格戦略:新商品を高価格で市場に投入し、製品の高品質や独占的な位置付けをアピールする戦略です。この戦略は初期の利益を最大化することを目指しています。
  • 競争対応価格戦略:競合他社の価格に基づいて自社の価格を設定する戦略です。自社の製品が競合他社の製品と類似している場合や、市場の価格感度が高い場合に採用されます。
  • 価値ベースの価格戦略:製品が提供する価値に基づいて価格を設定する戦略です。この戦略は、消費者が製品に対して持つ価値の認識に焦点を当てています。

4. 価格戦略の設定方法

価格戦略を設定するためには、まず自社の製品やサービスが提供する価値を理解することが重要です。それには、製品の製造コスト、競合他社の価格、顧客の価格感受性などを考慮に入れる必要があります。

次に、その価値を最大限に活用するための戦略を選択します。この選択は、市場環境、企業の目標、競争状況などによって異なります。例えば、新製品を速やかに広めたい場合は、ペネトレーション価格戦略が適しているかもしれません。一方、高品質な製品の価値を最大化したい場合は、スキミング価格戦略や価値ベースの価格戦略を検討すると良いでしょう。

5. 価格戦略と他のマーケティング戦略との関係

価格戦略はマーケティングミックスの一部であり、製品、プロモーション、プレイス(配布)とともに重要な役割を果たします。価格戦略はこれらの他の要素と連携し、製品の価値を消費者に伝え、販売を促進します。例えば、高価格戦略は高品質や独占的な製品を強調するプロモーション戦略と組み合わせることで、製品のブランドイメージを強化することができます。

また、販売チャネル(プレイス)も価格戦略に影響を与えます。例えば、高級品を取り扱う専門店では、価格が高くても消費者は製品の高品質を期待します。そのため、そのような場所で製品を販売する場合は、価格を適切に設定することが重要です。

6. 価格戦略の評価と調整

価格戦略は一度設定すれば完了というものではありません。市場の状況や競争状況、消費者のニーズなどは常に変化するため、価格戦略もそれに応じて調整する必要があります。

価格戦略の評価と調整の一環として、以下のようなことを考慮します:

  • 顧客の反応:顧客からのフィードバックを収集し、価格設定が適切であるかどうかを評価します。価格が高すぎると感じる顧客が多い場合、価格を見直す必要があるかもしれません。
  • 競合他社の動向:競合他社の価格変動を定期的にチェックし、必要に応じて自社の価格を調整します。
  • 市場の動向:経済状況や消費者の購買力など、市場全体の動向も価格戦略に影響を与えます。市場環境が変化した場合、価格戦略の再評価が必要になるかもしれません。

7. 具体的な価格戦略の例

ここでは、具体的な価格戦略の例をいくつか紹介します。

  • Apple:Appleはスキミング価格戦略を用いています。新製品を高価格で市場に投入し、製品の高品質や独特のデザインをアピールしています。その後、製品の生命周期が進むにつれて価格を徐々に下げ、更なる顧客を獲得しています。
  • Amazon:Amazonは競争対応価格戦略を用いています。競合他社の価格を定期的に調査し、自社の価格を競争力のあるレベルに保つよう努めています。この戦略により、Amazonは一貫して消費者に対して最低価格を提供するイメージを維持しています。
  • Tesla:Teslaは価値ベースの価格戦略を採用しています。電気自動車市場の先駆者として、Teslaは製品の革新性と品質に基づいた価格を設定しています。消費者はTeslaの車が提供する独特な価値に対して高い価格を支払う準備があります。

8. まとめ

価格戦略はビジネス成功の鍵となる要素です。適切な価格戦略は、製品の価値を最大限に活かし、売上と利益を最大化することを可能にします。価格戦略を設定する際は、製品の価値、市場環境、競争状況などを考慮に入れ、最適な戦略を選択しましょう。そして、価格戦略は一度設定したら終わりではなく、常に市場の動向を観察し、必要に応じて調整することが重要です。

以上が「価格戦略とは?知っておきたい考え方【具体例付き】」の内容です。この情報があなたのビジネスの成長に役立つことを願っています。

最後に

弊社は、決裁者向けのマーケティング支援に特化して9年以上事業展開している会社です。

決裁者マッチング支援サービス「チラCEO」を提供しています。

チラCEOを通して『BtoBだと、担当者に営業しても中々契約につながりにくい』

そんな悩みの解決に寄与できます。

またそれだけでなく、パートナー獲得や資金調達先探しなど、様々な経営課題解決にも活用できます。

【マッチングについて】

登録決裁者数6,500人以上(審査通過済みの数、2023年1月時点)の

国内最大の決裁者マッチングプラットフォームを基軸に、

決裁者とのマッチング機会を創出しています。

具体的には

  • 会いたい決裁者を探して、メッセージでつながる「メッセージ機能」
  • 毎日のおすすめ決裁者に会いたいリクエストを送る「会いたい機能」
  • 日々決裁者のニーズがタイムラインで投稿される「掲示板機能」
  • 決裁者に直接プレゼンできる「決裁者限定イベント」
  • CS(カスタマーサクセス)があなたに合う決裁者を「直接ご紹介」

の5つの導線より決裁者同士のつながりを創出します。

【実績、問い合わせ】

実際にご利用いただいた決裁者様のなかには、

  • 導入後2ヶ月で6件の受注ででた
  • 10か月毎月受注&費用対効果8倍を実現した

等多数実績がございます。

▼事例一覧

https://onlystory.co.jp/service/case/

▼サービス詳細について

https://onlystory.co.jp/

お問い合わせ、資料請求は、こちらからお気軽にお問合せ下さい。

無料メルマガ登録
経営者向けの最新情報やイベント情報をお届けします。 弊社代表平野と、取締役川角を中心に、ここだけでしか話さない内容を日々投稿

    チラCEO

    \ 決裁者アポは当社にお任せください /

    • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
    • 登録決裁者6,500名以上
    • 年間マッチング数10,000件以上
    • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
    資料ダウンロード

    お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

    お電話でのお問い合わせ
    03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
    よくあるご質問