最終更新日: 2024.02.14

営業効率化ツールは営業活動の効率化に欠かせません。しかし、さまざまな種類のものが提供されており、どれを選べばよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。導入効果を得るためには、自社に合った営業効率化ツールを選ぶ必要があります。

そこで本記事では、営業効率化ツールの種類や種類別のおすすめツールを紹介します。営業効率化ツールの選び方についても解説しているため、営業活動を効率化したい方はぜひ参考にしてください。

▼BtoBの営業代行に関する記事はこちら
営業代行おすすめ17社を徹底比較!費用相場やメリット・成功事例についても解説!

本記事経由で商談になった方には、10億円BtoBマーケ投資した秘伝の資料をプレゼント!商談時に「この記事を見た」とお伝えください。
https://onlystory.co.jp/

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

営業効率化ツールの種類

一口に営業効率化ツールといっても、種類はさまざまです。導入目的を達成できるように、目的別に営業効率化ツールの種類を確認しましょう。

リードの獲得なら「MAツール」

MAツールとは「Marketing Automation」の頭文字を取ったもので、マーケティング活動全般を自動化するツールです。

主な機能には、以下のようなものがあります。

  • ランディングページの作成
  • フォームの作成
  • リードの管理
  • メール配信
  • シナリオ作成
  • Web行動解析

メールやランディングページによる見込み客の獲得を自動化できるため、担当者の業務負担を大幅に削減できます。

顧客の育成なら「CRMツール」

CRMとは「Customer Relationship Management」の頭文字を取ったもので、顧客情報を一元で管理するツールです。

主な機能には、以下のようなものがあります。

  • 顧客情報の管理
  • メール配信
  • 問い合わせ管理
  • 営業進捗管理
  • 分析
  • レポート

顧客情報を一元管理することによって、顧客とのコミュニケーション品質を高められます。

営業プロセスの最適化なら「SFAツール」

SFAとは「Sales Force Automation」の頭文字を取ったもので、営業活動を効率化できるツールです。

主な機能には、以下のようなものがあります。

  • 顧客情報の管理
  • 案件の管理
  • 商談の管理
  • 営業担当者の行動管理
  • 売上予測

営業チームの活動状況や商談の進捗状況をリアルタイムで把握でき、適切な営業戦略を立てられます。

ミーティングの効率化なら「Web会議ツール」

Web会議ツールとは、インターネットを利用して、離れた場所にいる相手とリアルタイムにコミュニケーションを取れるツールです。

主な機能には、以下のようなものがあります。

  • 録画
  • 録音
  • ビデオ通話
  • 音声通話
  • ファイル共有

Web会議ツールを活用すれば、場所や時間に制限されることなく、効率的にセミナーや商談を行えます。移動時間や交通費を削減できる点も魅力です。

顧客情報の整理なら「名刺管理ツール」

名刺管理ツールとは、名刺情報をデジタル化して整理・管理できるツールです。

主な機能には、以下のようなものがある。

  • 名刺の取り込み
  • 情報の検索
  • 名寄せ

名刺の情報をスキャンまたは撮影によって読み取りデータ化できるため、SFAやCRMツールに手動で顧客情報を入力する手間を省けます。

迅速な情報共有なら「ビジネスチャットツール」

ビジネスチャットツールとは、リアルタイムでメッセージやファイルのやり取りができるツールです。

主な機能には、以下のようなものがあります。

  • チャット
  • ファイル共有
  • メッセージ検索
  • タスク管理

従来のコミュニケーション手法であるメールや電話よりもスピーディーなコミュニケーションが可能になります。

本記事経由で商談になった方には、10億円BtoBマーケ投資した秘伝の資料をプレゼント!商談時に「この記事を見た」とお伝えください。
https://onlystory.co.jp/

アポ獲得には「チラCEO」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%81%E3%83%A9ceo.webp

ビジネスでは営業活動が不可欠ですが、なかなか商談に繋がらずにお悩みの企業も多いでしょう。

オンリーストーリーの「チラCEO」は、企業の決裁者限定のビジネスマッチングサービスです。80%以上の登録者が取締役以上の役職であり、自社が求める条件に合う企業の決裁者にオンライン上でアプローチできるのが特徴です。年間マッチング件数は10,000件を超えています。

決裁者限定のオンラインイベントも開催され、多くの経営者と接触する機会があります。インサイドセールスや営業チームの成果がなかなか上がらない場合、ぜひ利用してみてください。

本記事経由で商談になった方には、10億円BtoBマーケ投資した秘伝の資料をプレゼント!商談時に「この記事を見た」とお伝えください。
https://onlystory.co.jp/

リード獲得に効果的な営業効率化ツール2選

リード獲得に効果のあるMAツールを厳選して2つ紹介します。

b→dash

「b→dash(ビーダッシュ)」は、DataPaletteという機能によって、ノーコードでデータの取得から活用まで行えるMAツールです。基幹システムや他のアプリケーション内のデータを取得したい場合も、難しいコーディングは不要で取り込めます。施策や業種業態に応じたテンプレートが豊富に用意されており、テンプレートを選ぶだけで施策や分析を行えます。

また、マーケティングに必要な機能が網羅されている点も魅力です。具体的には、以下のような機能が搭載されています。

  • データの取込、加工、統合
  • メール配信
  • SMS配信
  • LINE連携
  • Push通知
  • 顧客の行動ログの管理
  • 広告やアクセスログなどの分析
  • ユーザーごとに適したポップアップの表示
  • フォーム作成

無料で体験できるデモを提供しているため、興味がある場合は公式サイトから無料デモに申し込みましょう。

b→dash

List Finder

「List Finder(リストファインダー)」は、無理なく使える機能と価格によって、継続率98.7%を誇るMAツールです。導入実績は1,600アカウントを超えており、導入のしやすさが高く評価されています。

必要な機能を厳選して搭載しており、ITツールに苦手意識がある人でも操作しやすいシンプルさが特徴です。搭載されている機能は、以下の通りです。

  • 名刺データ化
  • 企業属性付与
  • フォーム作成
  • メール配信
  • アクセス解析
  • PDF閲覧解析
  • スコアリング
  • 優先リード通知
  • リード管理

また、専任コンサルタントによる6ヶ月間のサポートを受けられる点も魅力です。「どのような成果を出したいか?」をヒアリングしたうえで、ツールの活用方法を確認したり、定例ミーティングで進捗を確認したりします。

月額39,800円から利用できますが、無料で企業や個人の解析、メール配信などを行えるフリープランも提供されているため、いきなりお金を払うことに不安がある方はフリープランを利用するとよいでしょう。

List Finder

顧客育成を行える営業効率化ツール2選

顧客育成を行えるCRMツールを厳選して2つ紹介します。

Zoho CRM

「Zoho CRM(ゾーホ・シーアールエム)」は、世界で25万社以上の導入実績を誇るAI搭載型のCRMツールです。AIが見込み客や案件の確度を自動で予測し、最適なアプローチのタイミングを算出するため、成果につながらない不要なアプローチを減らせます。また、顧客情報や活動ログのパターンを学習して、非効率な業務を改善できるように提案するため、生産性を向上できる点も魅力です。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 見込み客管理
  • 取引先管理
  • 連絡先管理
  • 案件管理
  • 顧客管理
  • 営業プロセス管理
  • リードスコアリング
  • 顧客属性の算出

15日間無料お試しプランが用意されており、すべての機能を利用できます。期間が終了すると無料プランに自動で移行するため、「気づいたら有料プランになるのでは?」といった心配は不要です。

Zoho CRM

Synergy!

「Synerygy!(シナジー)」は、約7,000件の導入実績があるCRMツールです。必要な機能のみを厳選して搭載することによって、操作性の高い管理画面を実現しています。マニュアルを読まなくても、短時間で効率的に使用できます。

搭載されている機能は、以下の通りです。

  • データベース
  • 外部システム連携
  • フォーム
  • アンケート
  • メール配信
  • LINEへの配信
  • 広告連携
  • ターゲティング

「データベース・フォームのみ」「データベース・フォーム+メール配信」といったように、使用したい機能を組み合わせて申し込めるため、すべての機能の料金を支払う必要がありません。

Synergy!

営業プロセスを最適化できる営業効率化ツール2選

営業プロセスを最適化できるSFAツールを厳選して2つ紹介します。

Salesforce Sales Cloud

「Salesforce Slaes Cloud(セールスフォースセールスクラウド)」は、AIを活用したSFAツールです。全商談の進捗と達成状況を時系列で管理できるため、商談の進捗を追いやすいです。AIによって提供された顧客ニーズから最適なアクションを導き出せるため、成約数の増加を期待できます。

また、ワークフロー機能を活用すれば、案件の規模が一定額以上になった際にメールで通知が来るように設定することも可能です。

その他には以下の機能が搭載されています。

  • 商談管理
  • 営業支援
  • 売上予測
  • 音声通話
  • スコアリング
  • メールアラートの自動送信

Salesforce Sales Cloudでは、30日間の無料トライアルを提供しているため、興味がある方はぜひ利用してください。

Salesforce Sales Cloud

Kintone

「Kintone(キントーン)」は、必要な分だけアプリを追加できる業務改善ツールです。豊富に用意されたアプリの中から営業活動に必要なアプリを追加することによって、SFAツールとしても活用できます。アプリ内に蓄積したデータ一つひとつに対してコメントを書き込めるため、関連した情報が分散しにくくなっています。

また、エクセル管理を脱却できる点もKintoneの特徴です。散在しているエクセルファイルを読み込むだけで、Webブラウザ上で編集 、共有、管理できます。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 顧客管理
  • 案件管理
  • 問い合わせ管理
  • 通知
  • API連携

Kintoneでは30日間の無料お試しを提供しています。無料期間が終了しても自動で課金されないため、実際に操作してからSFAの導入を検討したいという方は利用してみるとよいでしょう。

Kintone

ミーティングを効率化できる営業効率化ツール2選

ミーティングを効率化できるWeb会議ツールを厳選して2つ紹介する。

Zoom

「Zoom(ズーム)」は、ミーティングやチャット、ホワイトボード、電話などでやり取りできるWeb会議ツールです。無料プランも提供されており、多くの企業が導入しています。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • ビデオ会議
  • 画面共有
  • 録画
  • 録音
  • チャット
  • ホワイトボード
  • カレンダー連携

プランによっては最大1,000名まで同時に参加できるため、社内会議だけではなく、セミナーなどでも使用可能です。

Zoom

Google Meet

「Google Meet(グーグルミート)」は、Googleが提供しているWeb会議ツールです。アプリケーションをインストールしなくてもブラウザで利用できるため、利用までの工数が少ないです。また、他のGoogleアプリケーションと連携可能で、Googleカレンダーからメンバーを招待できるなどの機能があります。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • ビデオ会議
  • Googleアプリケーションとの連携
  • 画面共有
  • 自動字幕生成
  • 録画

Googleアカウントを保有していれば、無料で使用できます。アンケート機能や挙手機能、ドライブへの保存機能などを使用したい場合には、有料プランに登録しましょう。

GoogleMeet

顧客情報を整理できる営業効率化ツール2選

顧客情報を整理できる名刺管理ツールを厳選して2つ紹介します。

Sansan

「Sansan(サンサン)」は、名刺管理市場シェア82%を誇る名刺管理ツールです。100万件以上の企業情報があらかじめ搭載されています。

名刺交換やメールのやり取り、企業情報を組み合わせて活用することによって、顧客が抱える課題について精度の高い仮説を立てられる点が特徴です。それにより、顧客に合わせた質の高い提案を行えます。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 名刺管理
  • 名刺のデータ化
  • 名刺のスキャン
  • 多言語対応
  • 名刺の検索
  • グルーピング
  • リストの作成

Sansanでは顧客の課題に応じて最適な料金プランを提案してもらえます。無料トライアルも提供されているため、興味がある方は無料トライアルを利用するとよいでしょう。

Sansan

メイシー

「メイシー」とは、社内で溜まった名刺を郵送するだけで、スタッフによって名刺がデータ化される名刺管理ツールです。名刺を郵送するのが面倒な場合には、出張によるスキャンにも対応しています。

自社で名刺をデータ化する手間がかからず、データ化にリソースを割けない方におすすめです。月額料金は2,178円(税込)と安く、ユーザー数も無制限であり、名刺管理のコストを抑えることも可能です。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 共有機能
  • 名刺データ化
  • コンプライアンスチェック
  • グルーピング
  • ユーザー管理
  • メール送信
  • リスト作成

メイシーの公式サイトでは、会員登録なしにデモを操作できます。すぐに操作性を確認できるため、名刺ツールの導入を検討している場合は一度操作してみるとよいでしょう。

メイシー

迅速に情報共有を行える営業効率化ツール2選

迅速に情報共有を行えるビジネスチャットツールを厳選して2つ紹介します。

Slack

「Slack(スラック)」は、世界的な大企業も活用しているビジネスチャットツールです。コミュニケーションの取りやすさにより、チームの連携を深めることを期待できます。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 音声通話
  • ビデオ通話
  • 画面共有
  • ファイルの共有
  • API連携
  • スレッド

プロジェクトやチームごとに専用のチャンネルを作成でき、仕事ごとに会話を分けられます。仕事別に会話に集中できるため、見落としが起こりにくい点も魅力です。

Slack

chatwork

「chatwork(チャットワーク)」は、導入企業が386,000社を突破しているビジネスチャットツールです。シンプルな操作性によってシステムが苦手な人でも操作しやすく、導入後、社内に浸透しやすくなっています。

搭載されている機能には、以下のようなものがあります。

  • 音声通話
  • ビデオ通話
  • 画面共有
  • ファイルの共有
  • API連携
  • タスク管理

大企業や官公庁にも導入できるほどセキュリティ水準が高く、送信したデータを厳重に保管できる点も魅力です。第三者機関によるセキュリティ監査も実施しており、安全に情報管理が行われています。

chatwork

営業効率化ツールを選ぶ際のポイント

さまざまな営業効率化ツールがあるため、どれを選べばよいか悩んでいる方もいるでしょう。そのような場合には、料金と実績、サポート体制を確認したうえで選ぶことがおすすめです。

料金

営業効率化ツールの使用で発生する費用は、初期費用、月額費用、オプション費用の3種類です。初期費用はツールの導入にかかる料金のことで、月額費用は月々の利用料金のことを指します。オプション費用は機能を追加する際などにかかる費用のことです。

初期費用が安くても月額費用は高いツールがあるため、注意が必要です。また、必要ない機能は利用しないようにして、オプション費用が高くならないようにしましょう。

また、料金は低くても、チームで利用するとなると高額になる場合もあります。特に利用人数が多いと料金が高くなる場合があります。利用人数と使用期間を考慮したうえで、ツールの料金が適切か検討しましょう。

導入実績

営業効率化ツールを選ぶ際は、自社の業種や規模に似ている実績を持つツールを選ぶことがおすすめです。導入件数が十分にあるツールも信頼できます。実績があるツールを選ぶことで、成果を出すために必要な機能が揃っていたり、ノウハウが蓄積されていたりする可能性が高く、導入後の高い効果を期待できます。

多くの企業では、実績を公式サイトで公開しています。実績を確認できない場合や詳細な実績を知りたい場合は、資料請求や問合せをしましょう。

サポート体制

どれだけ効果的なツールでも、社内で浸透しなければ導入効果を期待できません。導入効果を得るためには継続的に運用する必要があるため、スムーズに導入・運用できるようサポートが手厚いツールを選ぶことが重要です。

サポート体制はツールによって異なり、電話やチャットでリアルタイムで相談できるツールがある一方、レスポンスに時間のかかるメールでしか相談できないツールもあります。また、ツールによってはオペレーターがツールの導入方法や使い方をレクチャーしてくれる場合もあります。どんなサポートを受けられるのか確認しておきましょう。

営業活動の効率化なら営業代行サービスもおすすめ

これまでおすすめの営業効率化ツールを紹介しましたが、営業活動を効率化したい場合には、営業代行サービスの利用もおすすめです。

営業代行サービスとは、企業の営業活動を営業のプロに依頼できるサービスです。依頼できる内容はサービスによって異なり、アポイントの獲得からクロージング、顧客フォローまで依頼できるサービスも存在しています。

費用はかかるものの、リソース不足を解消できる点が魅力です。また、プロが営業を代行するため、アポ獲得率や成約率の向上が期待できます。自社のリソースが不足している場合や成果を挙げたい場合は、営業代行サービスを活用し営業力を強化して、ビジネスの拡大を図れます。

自社に合った営業効率化ツールを選ぼう

営業効率化ツールを活用すると、顧客管理や営業活動などを効率化できます。料金の安さや「有名だから」といった理由だけで選んでしまうと、導入目的を達成できない可能性があるため、導入時には実績やサポート体制を確認しておくことが重要です。

また、営業活動を効率化したい場合には、営業代行サービスの利用もおすすめです。即戦力となる人材を確保できるため、自社で人材を育成する手間や費用を削減できます。営業リソース不足にお悩みの場合は、営業代行サービスの利用も検討してみてください。

(本文執筆・編集:オンリーストーリー編集部)

弊社の直近3年で約10億円、btobの投資をしてきました。また、弊社自体が営業代行会社として、多くの会社様の案件を受けてきました。その中で、再現性のある営業手法がないという話や、1社だけで満足できる営業支援の会社はなかなか見つからないという声を多く聞いています。本記事や、10億円のまとめを記載したホワイトペーパーを用意していますので、少しでも皆様の営業の一助になりましたら幸いです。

コメント:代表平野

無料メルマガ登録
経営者向けの最新情報やイベント情報をお届けします。 弊社代表平野と、取締役川角を中心に、ここだけでしか話さない内容を日々投稿

    チラCEO

    \ 決裁者アポは当社にお任せください /

    • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
    • 登録決裁者6,500名以上
    • 年間マッチング数10,000件以上
    • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
    資料ダウンロード

    お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

    お電話でのお問い合わせ
    03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
    よくあるご質問