最終更新日: 2024.02.13

営業プロセスが複雑化する中、営業代行サービスを利用して効率的にアポイントを獲得したい担当者は多いでしょう。

営業代行は営業代行会社のほかフリーランス人材に依頼する方法もあります。リモートワークや副業を解禁する企業が増えはじめ、副業をする人は増加しています。フリーランスとして独立し、営業代行で活躍する人材もいます。

そこでこの記事では、フリーランスの営業代行とマッチングするメリットやマッチングする方法、マッチングできるサービスの紹介、注意点などを解説します。

▼営業代行全般についてや、おすすめの営業代行会社について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
営業代行おすすめ17社を徹底比較!費用相場やメリット・成功事例についても解説!

本記事経由で商談になった方には、10億円BtoBマーケ投資した秘伝の資料をプレゼント!商談時に「この記事を見た」とお伝えください。
https://onlystory.co.jp/

Table of Contents

フリーランスの営業代行とマッチングするメリット

フリーランスの営業代行とマッチングするメリットとして、以下の4つがあります。

  1. 即戦力となる人材に依頼できる
  2. 自社にないノウハウやスキルが得られる
  3. ミスマッチが起こりにくい
  4. 柔軟な対応が可能

以下で1つずつ解説します。

1.即戦力となる人材に依頼できる

フリーランスの営業代行とマッチングが成立すると、即戦力となる人材に依頼できます。

フリーランスは、専門知識や高いスキルを活かして企業にサービスや成果物を提供して報酬を得ています。得意な業界であったり、アポイント獲得や受注獲得など自分の経験豊富な業務に絞って活動していたりすることが多く、高い成果が期待できます。

自分の強みを活かして他のフリーランスと差別化しており、質の高い人材と出会えるでしょう。

2.自社にないノウハウやスキルが得られる

フリーランス人材は業種や業界を問わずさまざまな分野で経験を積み、営業スキルやノウハウを蓄積しているため、新しい発想を得られる可能性があります。

客観的で専門的な視点から中立的な意見を得られることもあります。顧客の新規開拓で自社の手法に限界を感じているときなどに、新しい視点を取り入れることができるでしょう。

フリーランスの存在が刺激となり、組織の営業力が強化されることも期待できます。

3.ミスマッチが起こりにくい

営業代行会社を利用する場合、実際に業務を代行する担当者は営業代行会社が決定します。しかし、フリーランスの営業代行では業務を依頼したい人材を自社で選びます。

そのため、依頼前に実務を行う本人と直接やりとりができ、相性などの確認が可能です。面談で、営業活動に必須のコミュニケーション能力も確認できるため、業務がスタートしてからのミスマッチが起こりにくいといえます。

4.柔軟な対応が可能

担当業務やルールは企業によって異なるため、さまざまな企業から依頼を受けるフリーランス人材には柔軟性のある人が多くいます。交渉次第では、企業に合ったスタイルで営業活動を依頼できるでしょう。

短い期間やプロジェクト単位での依頼も可能で、営業代行会社ではカバーできない小型の案件の相談もできます。営業プロセスのボトルネックとなっている箇所に対して、ピンポイントの依頼ができます。

フリーランスは社内承認など間接業務がなく、対応がスピーディなことも多いのが特徴です。

営業代行は決裁者に対してアポが取れるかが重要

営業代行は決裁者に対してアポが取れるかどうかが重要になってきます。

そこで重要なのが、決裁者の購買行動への理解です。

オンリーストーリーでは、決裁者の購買フローを「ICTBの法則」と名付け、アポ獲得につなげています。

ICBTの法則に基づけば、課題(Issue)があって、そこから相談(Consult)、実際に信じて(Trust)、買う(Buy)というフローが想定されます。

オンリーストーリーが提供する「チラCEO」では、こうした決裁者の購買フローを念頭に、決裁者のマッチングサービスを行っています。

アポ獲得の効率に悩んでいる方は、一度ご検討ください。

フリーランスの営業代行と出会えるマッチングサービス13選

ここでは、フリーランスの営業代行と出会えるマッチングサービスを紹介します。

  1. チラCEO
  2. kakutoku(カクトク)
  3. 複業クラウド
  4. セルチョク
  5. Waris(ワリス)
  6. Workship(ワークシップ)
  7. Craudia(クラウディア)
  8. Anycrew(エニィクルー)
  9. HiPro Direct(ハイプロダイレクト)
  10. カケハシ
  11. ビズアシ
  12. Saleshub(セールスハブ)
  13. SHARES MARKET(シェアーズマーケット)

1.チラCEO

チラCEOは、決裁者へのメッセージ送信やプレゼン会への招待、自社に合う決裁者の選定などが行える、決裁者マッチングサービスです。

チラCEOは自分でメッセージを送って決裁者にアプローチすることもできますが、より良い決裁者をカスタマーサクセスに見つけてもらうこともできるため、営業代行を利用しようと考えている企業にもおすすめです。登録されている業界も幅広く、6,000名以上の決裁者が登録しているため、多くのビジネスチャンスがあります。

チラCEO

特徴意思決定権を持った決済者と直接コンタクトが可能な国内最大限の決済者マッチングプラットフォーム
サポート決裁者へのメッセージ送信やプレゼン会への招待
サービスの利用費用初期費用30万円、利用料金は要問い合わせ
運営会社株式会社オンリーストーリー
URLhttps://onlystory.co.jp/

【BtoB営業の総合商社オンリーストーリーに興味がある方はこちら】

本記事経由で商談になった方には、10億円BtoBマーケ投資した秘伝の資料をプレゼント!商談時に「この記事を見た」とお伝えください。
https://onlystory.co.jp/

2.営業代行チームを作りたいなら【kakutoku(カクトク)】

特徴専任のプロディレクターが1万名の営業人材と600社の代行会社から自社の営業代行チームを構築する営業代行プラットフォーム
サポート営業課題に合わせて最適なマッチングの提案が受けられる
サービスの利用費用要問い合わせ
運営会社カクトク株式会社
URLhttps://kakutoku.jp/lp/client

kakutokuには、営業代行会社とフリーランスの両方が登録しており、1名から数百名単位の営業チームを構築できます。営業課題に合わせた最適なマッチングを提案するため、営業戦略からマネジメントまで依頼できます。また、テレアポやフィールドセールスなど営業活動における特定のプロセスのみの依頼も可能です。

編集部のおすすめポイント

kakutokuに登録する多くの人材と出会えるため、営業活動を行う人材が足りず、複数のフリーランスとマッチングを希望する場合におすすめです。商材に自信があり、拡販するリソースを一気に確保したい企業に向いています。

3.即日導入できる【複業クラウド】

特徴採用手数料0円で上位5%の即戦力人材を何名でも採用できる
サポートマッチングデータを基にして生まれたAIによる人材リストアップを利用できる
サービスの利用費用複数のプラン料金あり詳しくは要問い合わせ
運営会社株式会社Another works
URLhttps://cl.aw-anotherworks.com/

複業クラウドは、即戦力となる人材を何名でも採用できるサービスです。スタートアップや大手企業、自治体などを幅広く支援しています。また、営業職にかかわらずデザイナーやエンジニアなど、さまざまな職種の人材とのマッチングが可能です。

マッチングデータを基にして生まれたAIが適切な人材をリストアップするため、求める人材にアプローチしやすいです。業務委託としてスタートしたのちに正社員として受け入れることが可能で、その場合も費用はかかりません。

編集部のおすすめポイント

複業クラウドは即利用できるのが特徴です。当日中に求人の掲載からマッチングまで可能です。1週間程度で即戦力の人材を採用できます。簡単な質問に答えていくだけで求人を自動生成できるため、採用に関するリソースを削減したい場合におすすめです。

4.営業代行会社も気になるなら【セルチョク】

特徴営業フリーランス・営業代行会社と「チョク」で契約できるマッチングプラットフォーム
サポート営業代行会社・営業フリーランス両方に案件掲載できる
サービスの利用費用要問い合わせ
運営会社リンクスロー株式会社
URLhttps://sellchoku.site/

セルチョクには実績のある営業フリーランスや営業代行会社が複数登録しており、自社に合ったプロの営業担当者を見つけられます。週3日だけ稼働してほしい、契約後すぐに稼働してほしいなど、自社の要望に応えられる人材を探せます。

編集部のおすすめポイント

セルチョクはフリーランスと営業代行会社の双方と出会えるマッチングプラットフォームです。フリーランスに依頼するかどうかは決めかねている、条件が合えば営業代行会社も検討したいといった企業に向いているでしょう。

5.コストパフォーマンスを重視するなら【Waris(ワリス)】

特徴必要なときに 必要な期間、課題に合わせて経験豊富で専門性の高いプロ人材を紹介するサービス
サポート・独自の審査を通過した人材を企業の課題にあわせてアサインしてもらえる・依頼する内容の整理などきめ細やかなサポートを受けられる
サービスの利用費用要問い合わせ
運営会社株式会社Waris(ワリス)
URLhttps://waris.jp/index.html

新規事業を立ち上げたい、売り上げや認知を拡大したい、専門領域のコア人材が欲しい、採用の仕組みづくりを依頼したい、などさまざまな課題に対して、経験豊富な専門性の高いプロ人材を紹介してもらえます。

編集部のおすすめポイント

Warisには、実務経験10年以上、30〜40代前半の幹部候補者やリーダー以上の経験者が登録しています。登録面談ではスキルなどの確認がされるため、即戦力として活躍が期待できる人材が豊富です。正社員での年収600〜1,500万円の人材を月20〜30万円程度(週2〜3日想定)で活用できるため、コストパフォーマンスを重視したい場合におすすめです。

6.丁寧なサポートを求めるなら【Workship(ワークシップ)】

特徴フリーランス・副業人材専門の採用支援 プラットフォーム。
サポートニーズに合わせたマッチ度の高い候補者の提案求人の代行作成無料のセミナーを定期的に開催
サービスの利用費用月額4万円〜
運営会社株式会社GIG
URLhttps://enterprise.goworkship.com/

Workship(ワークシップ)では、46,000人以上のフリーランスが登録するデータベースから、職種・地域・スキル・働き方・報酬額などの軸で登録者を検索し、直接アプローチすることが可能です。

独自のAIによるスコアリング技術を用い、プロフィール・スキル・過去に携わった仕事などからフリーランスとの適合性をひと目で確認できる機能により、ミスマッチが起こりにくいように工夫されています。

編集部のおすすめポイント

Workship(ワークシップ)では、フリーランスに求める条件や契約期間などの要件を決めるところからサポートしてもらえます。フリーランスからの要望も吸い上げ、両者のニーズがマッチするよう折衝してもらえるため、マッチングにおいて丁寧なサポートを求める場合におすすめです。

7.さまざまな方法で依頼したいなら【Craudia(クラウディア)】

特徴クライアントの手数料が無料のクラウドソーシング
サポート請求書(後払い不可)、領収証、その他必要書類(要相談)の発行が可能
サービスの利用費用0円
運営会社株式会社エムフロ
URLhttps://www.craudia.com/

Craudiaでは、「ワーカーを募集する」「スキルから探す」「プロフィールから探す」の3つの方法でフリーランスとマッチングできます。営業だけでなく、事務作業やライティング、デザイン制作などさまざまな業務を行うフリーランスと出会えます。仕事の報酬の支払いもシステム上で行うためトラブルが発生しにくいといえるでしょう。

編集部のおすすめポイント

Craudiaでは、プロジェクト方式、タスク方式、コンペ方式、時間制方式といった複数の方法から自社にあった依頼方法を選べます。さまざまなアイディアを集めたい時はコンペ式、中長期的に仕事を依頼したい場合はプロジェクト方式など、案件ごとに依頼方法を変更する可能性がある場合に利用しやすいサービスです。

8.信頼できる人材を見つけやすい【Anycrew(エニィクルー)】

特徴信頼できる人材に仕事の依頼・発注ができるフリーランス・副業マッチングサービス
サポート有料プランで募集・選定の代行を依頼でき、人材提案を受けられる
サービスの利用費用案件投稿やスカウトが無料のプランと、有料プランがある有料プランについては要問い合わせ
運営会社エニィクルー株式会社
URLhttps://app.any-crew.com/business

Anycrewでは、週1日からOK、在宅・リモートOK、一部リモートなど、働き方を指定した募集が可能です。また、起業や短期プロジェクトメンバーの募集などさまざまな用途で利用できます。

編集部のおすすめポイント

Anycrewでは、アカウント登録時にFacebookのアカウントを利用します。それによってフリーランスの人脈が可視化されます。初めてのマッチングの場合は、受注者の詳細がわからないまま案件がスタートすることも少なくありません。しかし、Anycrewは人脈がわかることにより、フリーランスの信頼性を判断しやすいサービスです。

9.スポットコンサルなら【HiPro Direct(ハイプロダイレクト)】

特徴事業課題とプロをつなぐマッチングプラットフォーム
サポート成果報酬型のベーシックフルサポートではマッチング支援を受けられる
サービスの利用費用・成果報酬型 1回5万円〜・月額30万円
運営会社パーソルキャリア株式会社
URLhttps://direct.hipro-job.jp/lp/company/

HiPro Directは簡単な質問に答えていくだけで自動的に案件を作成でき、即日マッチングできます。事前準備も不要で導入しやすいプラットフォームです。

登録者の70%が現職の第一線で活躍するプロフェッショナルで、マーケティングや管理などさまざまなビジネススキルに特化した人材に出会えます。

編集部のおすすめポイント

HiPro Directは自社の課題に応じて中長期的なコンサルの依頼もできますが、最短1時間のスポットコンサルの利用も可能です。そのため、「誰かに相談したい」「業界情報を知りたい」といったスポット的な利用を求めている企業にもおすすめです。

10.充実のサポートを受けるなら【カケハシ】

特徴ビジネスを紹介したい「人」とビジネスに関わりたい「人」をつなぐ「架け橋」として、「縁」を取り持つマッチングサイト
サポート・専用オンライン相談機能付き・営業目線から見た掲載方法や、売るための営業ノウハウを提供
サービスの利用費用要問い合わせ
運営会社SANGO株式会社 (SANGO Co.,Ltd)
URLhttps://www.kkhashi.com/about

カケハシは新規開拓営業の専門会社が運営するマッチングサイトです。世の中に広めたいビジネスモデルを案件として掲載できます。フリーランスはもちろん代理店募集やフランチャイズ募集も可能です。

編集部のおすすめポイント

カケハシは、売るための営業ノウハウの提供、相互チャット機能、運営によるマッチングサービスなど、ビジネスを拡大するためのサポート機能を順次提供予定です。営業に対してしっかりサポートを受けたい企業におすすめです。

11.営業事務の代行依頼なら【ビズアシ】

特徴500万人から最適な人を提案するオンラインアシスタントサービス
サポート提案だけでなく稼働開始時のサポートを受けられる
サービスの利用費用契約までは費用は発生しない
運営会社株式会社クラウドワークス
URLhttps://bizasst.jp/client/

ビズアシは、事務作業を優秀なフリーランスのアシスタントに業務委託できます。国内最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」のデータベースから、経験やスキルがマッチする人材を提案してもらえます。営業事務のほか、カスタマーサポート、広告運用、デザインなどさまざまな業務の依頼が可能です。

編集部のおすすめポイント

ビズアシでは、営業リストなど各種資料作成、スケジュール調整、メール代理対応といった営業事務業務を依頼できます。訪問営業などのコア業務の時間を生み出したい、デスク業務の効率化を図りたいといった場合におすすめです。

12.紹介営業なら【Saleshub(セールスハブ)】

特徴新規開拓営業のお悩みを解決する顧客紹介マッチングサービス
サポート「Saleshubコンシェルジュ」により事業のターゲット層に見合った人とマッチングできる
サービスの利用費用初期費用55万円月額費用7.7万円(12ヶ月契約の場合)
運営会社株式会社Saleshub
URLhttps://saleshub.jp/lps/client

Saleshubは、顧客紹介マッチングサービスです。接点を持ちたい企業名や役職を指定すると、その条件の企業や役職と繋がりのある「サポーター」と呼ばれる顧客紹介を支援する人材とマッチングできます。それによってピンポイントで紹介を依頼できる仕組みです。

サービスの利用を継続することにより、事業に共感したサポーターが次々に企業を紹介してくれるようになります。

編集部のおすすめポイント

紹介営業は、テレアポや飛び込み営業と比べて紹介によるアポイントは成約率が高いといわれています。BtoB営業において、フリーランスからの紹介営業を通して各分野の専門家などと出会いたいという企業におすすめです。

13.広告宣伝費を削減したいなら【SHARES MARKET(シェアーズマーケット)】

特徴商材を掲載することによりさまざまな人材から顧客紹介の提案を受けられる
サポート商品掲載ページの作成ーをサポート
サービスの利用費用月額費用詳しくは要問い合わせ
運営会社シェアーズマーケット株式会社
URLhttps://shares-market.jp/static/exhibit-entry

SHARES MARKETは、商材があっても営業や顧客開拓ができずプロモーションまで手が回らないといった悩みを解決します。自社商品を掲載すると、興味を持った個人を含むエージェントから顧客紹介の申し込みを受けられます。広告宣伝費を削減しながら効率よく売り上げを伸ばすことが可能です。

編集部のおすすめポイント

SHARES MARKETは、売り出したい商材がありプロモーションなどの広告宣伝費をかけられないケースにおすすめです。SHARES MARKETに商材を掲載するだけで、興味を持ったフリーランスのエージェントの目に留まる可能性があります。さまざまなメディアに広告することと比べて宣伝費を大きく削減できるでしょう。

フリーランスの営業代行とマッチングする前に知っておくべきこと

ここでは、フリーランスの営業代行とマッチングする前に知っておくべきことを2つ紹介します。

フリーランスの営業代行に依頼できる業務

フリーランスの営業代行に依頼できる業務は複数あります。例として、以下のような業務が挙げられます。

  • テレアポ営業
  • 飛び込み営業
  • ルート営業
  • リファラル営業(紹介営業)
  • インサイドセールス
  • カスタマーサクセス
  • MA・SFA・CRMといった営業ツールの運用支援 など

営業活動にはリード(見込み顧客)の獲得、リードへのアプローチ、商談、契約、アフターフォローといった複数のプロセスがあります。また、リード獲得にはテレアポ営業、飛び込み営業などいくつかの方法があるように、それぞれのプロセスにおいて方法もさまざまです。

営業代行を依頼する際は、自社の弱点や強化したい営業プロセスなどを整理し、考えられる対応策も洗い出しておきましょう。それによって、自社にとって必要な営業代行を判断できます。

また、営業活動全体を見直すために、営業顧問や営業コンサルティングを受けることも可能です。

フリーランスの営業代行の報酬形態は3つ

フリーランスの営業代行の報酬体系は以下の3つがあります。依頼する際は、自社にとってどの報酬形態が理想かを確認しておきましょう。

  1. 成果報酬
  2. 固定報酬
  3. 複合報酬

1.成果報酬

成果報酬は、依頼する業務の成果に対して支払いが発生します。アポイントの件数や商談成立の件数、あるいは設定したKPIをクリアした場合などに、一定の報酬を支払います。

成果が発生した分だけ報酬を支払うため、無駄なコストを抑えられます。一方で予想以上に成果を獲得できた際、予算以上のコストがかかる可能性があります。

複雑な商材であったり、商材単価が高いなど難易度の高い営業活動と相性がよい報酬形態です。

2.固定報酬

月額で報酬を支払うのが固定報酬です。支払う報酬が一定のため予算を決めやすい報酬形態です。成果を多く上げても支払い額が変わらない一方、成果が上がらなくても支払いが発生する点がデメリットです。

営業組織が人手不足で業務全般のサポートを得たい、中長期的に成果をあげたいといった場合におすすめです。

3.複合報酬

成果報酬型と固定報酬型を組み合わせた複合報酬もあります。毎月発生する固定報酬に加えて、成果を獲得できた際の成果報酬も発生します。フリーランス側からすると固定報酬を安定して得られる上に成果によって報酬も生まれるため、結果を意識して活動してくれる可能性が高まります。

成果報酬か固定報酬か決めかねている場合や、安定して成果をあげたい場合に向いているといえます。

フリーランスの営業代行とマッチングする際の注意点

ここでは、フリーランスの営業代行とマッチングする際の注意点を2つ紹介します。

仕事量に限界がある

フリーランスは個人で業務を請け負うため、発注できる仕事の量に限界があります。

また、業務を継続して依頼できる保証がありません。自社の営業活動にマッチしたフリーランスと出会えたとしても、優秀な人材ほど他の企業との取り合いになり、自社の依頼を優先的に受けてもらえないことがあります。他の企業で好条件を提示された場合は、継続発注を断られる可能性があるでしょう。必要であれば報酬アップなどを考慮することをおすすめします。

情報漏洩などトラブル対策をしておく

外部リソースを利用すると、自社の情報が流出する可能性があります。複数のフリーランスと契約するほどそのリスクが高まります。

営業活動においては、相手企業の情報など個人情報にあたるものも多く共有します。守秘義務契約書を結んで情報漏洩について対策しておかなければなりません。また、依頼内容や条件、契約期間や報酬などについても契約書を交わし、トラブルを避けられるよう対策しておきましょう。

フリーランスの営業代行とのマッチングについてよくある質問

ここでは、営業代行フリーランスとのマッチングについての質問を紹介します。

サービスの利用以外でフリーランスの営業代行とマッチングする方法は?

サービスの利用以外では、知人や友人からの紹介、フリーランスで活動している人材のSNSに、ダイレクトメッセージを送る方法などがあります。

フリーランスに営業代行を依頼したことがないので不安です

マッチングサービスの中には、フリーランスとのマッチングやサービスに掲載する原稿内容についてサポートが整っているサービスがあります。不安な場合は、サポートが充実している、自社に合った人材の提案を受けられるなど、進行を任せられるサービスを選ぶとよいでしょう。

フリーランスの営業代行と営業代行会社の違いは?

営業代行会社の場合、業務担当者の人選は営業代行会社が行います。一方フリーランスの営業代行に依頼する場合は、実際に業務を行う人材を自社で決定できます。

ただし、フリーランスは仕事量に限界があるため、短期間で多くのアポイントを獲得したいといったように、多くのリソースを活用したい場合などは営業代行会社の方が適しています。

まとめ:自社にあった営業代行サービスを利用して営業活動を効率化しよう

自社にあった営業代行サービスを選ぶには、以下の点を把握しましょう。これにより、営業代行サービスを選びやすくなります。

  • 自社の弱点やさらに伸ばしたい営業プロセス
  • 営業代行に費やせる予算

また、営業代行のマッチング相手としては、フリーランスだけでなく営業代行会社や決裁者などもあります。営業を行う人材が不足していて大量のリソースを確保したい場合は営業代行会社、新規顧客の開拓や専門的な知見を求めている場合は決裁者とのマッチングが有効です。

決裁者同士のマッチングサービス「チラCEO」でマッチングが成立すると、新規営業先の開拓から経営課題の相談など、営業活動全般のサポートを受けられます。営業代行の依頼先選びに苦戦している場合、マッチングした経営者の人脈により自社にあった会社やフリーランスの紹介を受けられる場合もあるでしょう。

BtoB営業においてつまずいている場合は、利用を検討してみてください。

(本文執筆・編集:オンリーストーリー編集部)

弊社の直近3年で約10億円、btobの投資をしてきました。また、弊社自体が営業代行会社として、多くの会社様の案件を受けてきました。その中で、再現性のある営業手法がないという話や、1社だけで満足できる営業支援の会社はなかなか見つからないという声を多く聞いています。本記事や、10億円のまとめを記載したホワイトペーパーを用意していますので、少しでも皆様の営業の一助になりましたら幸いです。

コメント:代表平野

無料メルマガ登録
経営者向けの最新情報やイベント情報をお届けします。 弊社代表平野と、取締役川角を中心に、ここだけでしか話さない内容を日々投稿

    お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

    お電話でのお問い合わせ
    03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
    よくあるご質問