株式会社ネクスト

工藤 祐二

ノーマライゼーションが当たり前の社会へ

ネットでつくるリアルの世界
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社ネクスト 工藤 祐二社長の物語

株式会社ネクスト 代表取締役 工藤 祐二様

ネットで救えるものがあるのなら


Webサイト制作を始めとするWebサイトの運用、Webプロモーションの提案、
SNSサービスの提案などWebサイトに関わる全てをプロデュースすると同時に、
障がい者や外国人、高齢者が住みやすい社会の創造を目指して事業を行っている会社がある。
一見正反対にも思える、〝ネット〟と〝リアルの中のリアル〟は、
株式会社Nexttの中でどう結びついているのだろうか。


まずは、社の柱となる事業について、工藤祐二社長にお話をうかがった。


「弊社は、ウェブ事業としてホームページの制作・運用やプロモーションなどを行っています。
お客様である会社さんの近くに制作者をおくことで、商品販売の提案なども含めて、
ニーズに合わせてレスポンスよく動くことをモットーにしています。
そのため、お客様先に席を作っていただいて、スタッフを置くケースが多くなります。

また、このネットの技術・発信力をもって、障がい者や外国人、高齢者を支援していく事業を展開しています。
障がい者を身内や近くにもつ方々が互いに相談にのれる『ナレバリ』という無料のサイトを
2014年11月に立ち上げたばかりですが、これから会員数は増やしていくつもりです。」



150806aug081438862106main img03 (1)

ネットとリアルが結びついたとき


工藤社長の身内に障がいを持つ方がおられることから、
障がいを持っている方の家族と接することが多くなり、
自身の関わるインターネットの力を活用できないかと考えたのがはじまりだという。


「ナレバリ」の最終目標は、
障がい者を身内や知り合いに持つ者同士の交流によって、悩みを解決していくこと。
相談したくなれば「ナレバリ」だよね、と言ってもらえることだという。
これまで、こうした悩みは地域での交流に限定されており、
縦軸はあっても、横軸がなかった。
そのために横串の役割をインターネットが果すことになる。


 「インターネットは、困っている人を助け、便利にするためのものだと思っています。
生活になくてはならないメディアであり、リアルとも密接になっている。
これから、日本のインターネット業界も次のステージへ進み、
世の中を変えていかねばなりません。」


そう語る工藤社長の理念は、Nexttという社名にも現れている。
これは「New × Trial & Tactics」からの造語。
チャレンジャー精神をもって、ミッションを遂行する集団として社員を捉え、多様性のあるプロ集団を目指しているという。


150806aug081438862031img 0498

夢という花を咲かせるための種を撒く



「採用するときには、基本的な質問に加えて、必ず〝夢〟を尋ねます。
つらい現実に立ち向かうとき、夢をもつ人は強い。
私自身、もともと起業精神などない人間でしたが、多種多様な人が生きやすい社会をつくりたいという夢を追いかけて、今があります。

障がいをもつ人を採用することも多くなっています。
障がい者が生きやすい社会を追いかければ、それは健常者にとっても生きやすい社会になるはずです。


社員が夢を実現できる助けとなればと、現在は週に一回の英会話教室を任意で行ったり、
社外に出向している社員と社内の人間との交流のための勉強会を行っています。
活発なやりとりによって、現実社会がより豊かになる取り組みが生まれるはずです。」


一人ひとりの個性を尊重しつつ、全体として同じ方向を向き、
即座に動くという会社の雰囲気は、工藤社長のこの考えによって生まれたものだ。
最後に、若者に向けてのメッセージをうかがった。


「まず、夢をもつことです。そして、起業しろといいたい。
思い切って起業すれば、やるべきことも明確になるし、
人を雇用することやお金を稼ぐ難しさも知る。

一歩を踏み出さないことには、失敗することもできない。
まずは、夢に向かってやってみることです。」


工藤社長のまなざしは、失敗の先にある、若者の明るい未来をとらえているに違いない。
150806aug081438862081img 0708 (1)

編集後記


障がい者のための取り組みは、健常者のための取り組みでもあるという言葉に共感しました。
何かを特別視するわけではなく、全体を大きく見渡す目をもって事業に取り組んだ結果が、
ネット×リアルのインフラとなり、自由闊達な社内の雰囲気となったことがよくわかります。

まずは動くことと、その結果の失敗を失敗として受け入れる深さは、若者にぜひ学んでもらいたいと感じました。


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社Nextt
http://www.nextt.co.jp/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる