上海で受けた衝撃から生まれた自転車シェアサービス

『P!PPA』が日本の自転車に革命を起こす!?
Large e8a7dd92 e856 484c b028 b4c0f940cd52
株式会社オーシャンブルースマート

小竹海渡

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

株式会社オーシャンブルースマート・小竹海渡代表取締役のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88 %e7%a4%be%e9%95%b7

留学を通して感じた、価値観の変化

僕は高校時代、父の勧めで上海に留学していました。
実はその時の経験、そしてその後の海外生活が、株式会社オーシャンブルースマートを起業したきっかけです。
上海の高校を卒業した後は、アメリカの大学に留学することになるのですが、その二つの留学で、それまで自分が培ってきた価値観を壊されたのです。
もともと僕は、「AはAで、BはBでしょ」という日本人らしい考え方をしていたのですが、留学経験を通して、「AをCにしようよ」という考え方ができるようになりました。

各国の様々な考え方を持つ人とかかわることで、視野が広がったんです。
その想いを胸に日本に帰った僕は、社会の歯車のようになるのではなく、自分の考えや可能性を表現ができる会社に入りたいと思い、株式会社物語コーポレーションという飲食のフランチャイズを行う会社を選びました。店長や管理職という、マネジメント業務で一年半ほど経験を積んだ後、株式会社カイホウジャパンという父の会社をお手伝いすることになります。
 
カイホウジャパンに入る前に再び中国を訪れた時、学生の頃同様に衝撃を受けました。というのも、自分が中国に留学していた頃は、日本と同じように自分で買って自転車に乗るということが当たり前だったのですが、全ての自転車がシェアサイクルで、誰も自分の自転車を持っていないんです。それを見た僕は、ある種の感動まで抱きましたね。面白い!と。
この事業を日本でもできないだろうかとひたすらビジネスプランを練り上げて、たどり着いたのが現在の自転車シェアサービス『P!PPA』です。

自転車シェアサービス『P!PPA』で、日本にシェアの文化を

自転車をシェアして使う。自転車シェアサービス『P!PPA』の特徴は軽いアルミフレームに三段ギア、そしてノーパンクタイヤを全ての自転車に装備していることです。
装備にこだわった理由は、若者や女性をターゲットにしているから。
通学を始めとする様々な場面で使っていただきたいなと思っているんですよ。
デザインも赤や白を基調として、若者や女性に喜んでいただけるよう意識しています。

また、構想段階ではありますが、携帯でお支払いしていただいて、携帯で開錠し、止めるときには携帯で施錠できるような仕組みも考えています。
使い方が簡単であればあるほど便利ですし、使いやすいですよね。
 
僕はこのP!PPAを通して、日本にシェアという文化・価値観を根付かせていきたいんです。自転車は買うものという価値観から、借りるものという価値観へ変えていく。これは僕が上海で受けた衝撃を日本に広めていきたいという思いからきているんです。

ここにIoT等の最新の技術を用いることで、利便性やお客様の満足度も追求していきたいですね。会社としては、人を何よりも大事にしています。僕自身、人とコミュニケーションを取るのがすごい好きなので、人と人との関わりがオーシャンブルースマートの一つの軸としてありますね。社員は人材ではなく人財。これは前職で学んだことであり、僕が常に意識していることです。

「価値観を変えること」の大切さを広めていく

P!PPAはこれから正式に配車し始めるのですが、3年間で一都三県を対象に、10万台自転車を配車していきたいと考えています。
この数字の根拠は、上海のデータを参考にしているんです。
実は上海は、一都三県とほぼ同じ人口にもかかわらず、30万台以上配車され、300万人以上の会員がいるんですよ。僕達もその数字を目指しているので、まずは3年で10万台以上が目標です。こうして僕達が進めていくことによって、シェアサイクルそのものを広めていきたいですね。
 
そして長期的には、自分の価値観を変えることの大切さを日本に広めていきたいと思っています。というのも、高校生の頃の中国での暮らしは、何もかも分からないことだらけで、中国語もしっかりと勉強して行ったわけではありません。しかし、見よう見まねで頑張れば意外となんとかなるとわかったんです。人は環境に適応することができるんです。
 
これはビジネスでも同じだと思っています。やったことがないからこそチャンスがある。
そこで一歩を踏み出すかどうかが重要なんです。
そのことを留学の経験から学んだからこそ、今度はその考えを広めてきたいと思います。
ゆくゆくは、父を越えることが僕のゴールですね。
留学という経験も含めて、今の僕がいるのは父のおかげだと思っているので、追いつけ追い越せを個人的な目標として掲げています。
 
そんな僕達の考えに共感してくださる皆さんと、ぜひ一緒に働きたいですね。
営業マンからサポートスタッフまで、幅広い職種で皆さんからの募集をお待ちしています。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

自転車シェアサービス『P!PPA』

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様