会社カラーを引き出す採用現場のワンストップサポート

その属人的な働き方が、採用現場の失敗を生み出す。
Large 1a873be5 3bb3 477f 92b6 1873efdacd3e
株式会社アルフォース・ワン

山根 謙生

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

株式会社アルフォース・ワン・山根謙生代表取締役社長のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9 %e3%83%af%e3%83%b3 %e7%a4%be%e9%95%b7
様々な社会情勢の変化のある現在において、採用事業は柔軟、かつ的確な運営を求められています。そうした中にあって、株式会社アルフォース・ワンでは様々な採用業務をワンストップでサポートしている企業。

今回は、その代表取締役社長を務める山根氏にお話を伺います。まずは、起業に至った経緯からお聞きしましょう。

役者を志し上京、東日本大震災をきっかけに人材会社へ

私は、鳥取県の八頭郡八頭町という場所で生まれ育ちました。周りには自然が溢れていたので、外で遊び回る活発な子供でしたね。中学生のころはソフトテニス部に所属していて、今もテニス自体は続けています。

東京に出てきたのは、高校卒業後です。私は工業高校を卒業しているのですが、学校が斡旋してくれる就職先で東京の企業を受けました。東京に出たかった理由は、私が生粋のアニメ・ゲーム好きで、本当は声優や役者に憧れていたからなんです。

高校が斡旋してくれた職場でカスタマーエンジニアとして働いていたのですが、もともと好きなことをするために東京に出てきていたので、1年間で仕事を辞めて、アルバイトをしながら役者の道を志しました。アルバイト先は歌舞伎町のホストクラブと、和田アキ子さんの「わだ家」というお店の2つです。そこで生活費を稼ぎながら、役者として舞台に立っていました。

役者という肩書きではありましたが、舞台の作り方を知っているわけではないし、最初から劇団に所属することもできません。そこで演劇のワークショップに参加して技術を学ぼうとしていたのですが、その中で偶然、鳥取県出身の人に出会ったのです。彼がちょうど劇団を立ち上げたいと考えていたところだったので、2人で劇団を旗揚げしました。その劇団は今も続いていて、彼ともまだ付き合いがあります。

そんな生活がしばらく続いたのですが、私が20歳のときに東日本大震災が起き、アルバイト先が節電のために深夜の営業をしなくなってしまったんですね。私が働く時間帯は主に深夜だったので、収入が激減して非常に逼迫した状況になりました。

そのとき、立川の人材会社ディップにアルバイトとして入ったのが、人材業界で働くことになったきっかけになります。アルバイトの一期生として働くうち、営業所のリーダー格になりました。成績も上げられていたので正社員として登用されることになったのですが、その当時の営業所長が独立する際に誘われて、一緒に会社を立ち上げることになります。

しかし、その会社の方針が合わず、一年ほどで独立。SCコンシェルオフィスという屋号で一年ほど個人事業を展開していたのですが、社員として一緒に働きたいという人がいたので、アルフォース・ワンとして法人化したという流れです。

柔軟なワンストップサービスで採用現場をサポート

株式会社アルフォース・ワンのメイン事業は、求人広告の代理店です。世にあるさまざまな採用メディアを統合的に扱っています。例を挙げれば、マイナビ、an、バイトルなど。

代理店として私が大切にしていることは、その会社のカラーをきちんと見る人に伝えるという点です。それぞれの企業でもっとも差異が生まれるのは、会社の企業理念、要するに社長の考え方・想いですよね。この部分をしっかり書き起こして伝えるように心がけています。

また、ひとつのメディアにこだわらないという点も重要視しています。例えば、学生を採用したいという店が新聞折り込みの広告を出すのでは、欲しい人材は集まりませんよね。私たちは事前にクライアントと打ち合わせをし、ターゲットを設定します。

深夜帯の学生・フリーターが欲しい、昼のパートの主婦が欲しいなど把握した上で、それに合わせて媒体と情報発信の方法を組み立てていきます。そのため、常に新しいメディアへの知識を深め、正しい方法を模索しています。

例えば、最近であればフェイスブックやインスタグラムなどのSNSを活用して採用のランディングページを運用したり、エリアで求人を出している企業に関してはチラシを作ってポスティングをするなどの方法を取っています。あくまでも既存のメディアだけに頼らないというのは、私たちのひとつのこだわりと言えますね。

また、採用活動のコストダウンに関しても力を入れています。私たちは採用のワンストップサービスを行っているので、採用の要件だけ渡してもらえればすべて私たちの方で進めていきます。これまで採用のために裂かれていた時間や労力を別の業務に裂けるので会社としては大きなコストダウンに繋がることは顧客にとって大きなメリットと言えるでしょう。

採用の知識差をなくし、日本の採用の現場を変えていく

今、採用に失敗する企業は非常に多いと言えます。採用に関しての知識や経験というのは個人差があり、求人広告の営業マンでも個人によって噛み砕き方や理解度が異なります。今この業界で正しいとされる方法が、あまりに個人に依存しているのはひとつの大きな問題です。


そこで、集合知によって正しい方法の精度を上げ、営業マン一人一人のレベルを上げられるように努力を重ねているところです。株式会社アルフォース・ワンのような人材採用に特化した会社が外付けの人事部のようなポジションにおいてもらえるようになって、採用の現場を変えていきたいと考えています。


現在、株式会社アルフォース・ワンの顧客は150社ほどで、得意としている業界は広告代理店の営業や、不動産の営業など。自分自身の境遇と近いので大変なことや嬉しいことも理解できますし、その会社の特色も出しやすい。営業マンの採用に困っている人は、ぜひ一度私たちにご相談いただければと思います。


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

会社名:株式会社アルフォース・ワン

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様