株式会社g-wic

豊島愛華

女性の強みを活かしたBtoBの新規開拓営業支援

女性が楽しく成果をだし、生涯働ける職場を作る
SHARE ON

今回のインタビューは、女性による営業支援サービスを展開する株式会社g-wicの豊島氏にお話を伺いました。なぜ男性ではなく女性が行う営業支援なのか。なぜ女性だけの会社を立ち上げたのか。そこには豊島氏の実体験から生まれた想いがありました。

株式会社g-wic 代表 豊島愛華氏のONLY STORY

本音を拾う女性スタッフによる営業支援

-株式会社g-wicのサービス内容をお聞かせください。
豊島氏:弊社は女性によるBtoB企業の新規開拓における営業支援を行なっています。
よく誤解されるのですが、当社が営業代行をおこなうのはいわゆる「女性向け商品・サービス」に対してだけではありません。あくまで営業支援、営業代行を行うのが女性であるだけですので、商品・サービスはBtoBであれば、どんなものでも対応可能です。実際、当社のクライアント様の業種は幅広く、これまでシステム開発会社様、WEB制作会社様、コンサルティング会社様、デザイン会社様、建築会社様、研修会社様、食品卸会社様、サーバのメーカー様、など幅広く取引させていただき、実績に繋げてまいりました。企業の規模としても、中小企業様から大手企業様まで、幅広くご対応しております。
具体的には、営業戦略から、アポイント獲得、同行営業、単独訪問までワンストップで実施することができます。交流会への同行営業や展示会での営業といったケースにも、柔軟に対応させて頂いております。
-ありがとうございます。続いて御社のサービスの特徴である“女性”が行う営業支援の強みについて教えていただけますか。
豊島氏:一概には言えないのですが、男性の方のプレゼンって、ロジカルで素晴らしい一方で、なかなか本音を聞き出しづらかったり新規開拓の場合は警戒されてしまうというお話もよく聞いたりするのですが、女性って、割と相手の話に共感しながら傾聴できると考えており、そういった女性の強みを活かして、しっかり相手のニーズを捉えて提案できるということを、コンセプト(強み)に営業支援を行っております。

-豊島様が事業を運営する上で、大事にしていることは何でしょうか。
豊島氏:女性にとって働きやすく成果を出しやすい職場環境を整えることです。現在の日本の中小企業の中で、まだまだ女性営業が出産や育児等を理由に、長期的にキャリアを形成するのが難しく、継続的に活躍できる場がないように感じたのが、創業のきっかけです。また男性営業のマネジメントに比べ、女性営業をマネジメントするに当たっては、独自の工夫が必要だとも感じました。女性スタッフだけが所属する営業支援会社であれば、女性が働きやすい独自のマネジメントを実施でき、長期的に営業職として活躍したいと考える女性にとっても、女性営業を必要としている中小企業様にとってもメリットがあるのではないかと考えております。

26歳で起業。34歳で2人目を出産。


-就職してからどのような経緯で起業されたのですか?

豊島氏: 私は起業までに2社経験しており、1社目が通信系の営業会社、2社目は営業支援の会社でお世話になりました。営業支援の会社で働く中で、「女性だからこそできる営業もあるのでは」と思うことがあり、その時に女性ならではの営業支援をプランとして作って、社内ベンチャーチームとして立ち上げたんです。やってみた結果、お客様からの反応も良かったので、独立しようと決め、起業しました。

-結婚や出産でハードルになったことはございますか。
豊島氏:私は29歳で結婚し、35歳までに2人出産したいということを目標にしていました。 30代前半で出産を終え、体力があるうちに早々に復帰し、仕事をしたいと考えていたからです。
31歳の時に1人目を出産しましたが、やはり子育てをしながら、会社の売上を安定させるというのは、難しく、売上が停滞しておりました。ちょうど、2人目を妊娠したタイミングで、信頼していたメンバーの体調不良等が相次ぎ、退職するメンバーが続出、ほぼメンバーが入れ替わる事態となり、もうダメかと思いましたが、、
残ってくれたメンバーや新しく採用できたメンバーが、うまく立ち上がってくれたおかげで、予定日の1週間前までお腹を抱えながら同行営業などで飛び回り、マタニティ期間を乗り越えることができました。笑
2人目の出産をお盆休み中に終え、その翌週からは家で授乳しながら電話やパソコンを使って対応するなどし、2週間後にはオフィスに出勤していました。現在は、黒字化し、無事売上を回復させることができました。

今回経営者という立場で、2人の出産に挑戦し思ったことは、まだまだ日本の制度に課題があるということです。雇用されている場合、出産して最長2年間は育児休業給付金が出るのですが、代表者や役員、フリーランスなどの女性には育児休業給付金はございません。パートナーがいなかった場合を考えると、やはり女性が安心して独立起業できるような環境はほとんどないのではと思います。これは大きな課題だと実感しました。現在、この課題を解決できるようなスキームづくりを進めており、是非形になりましたら、オンリーストーリーさんを通してリリースしたいと思っています!笑

女性が生涯活躍できる社会を目指して


-今後の展望をお聞かせください。
豊島氏:弊社では「女性が生涯、真に活躍できるリーディングカンパニーとなる」というビジョンを掲げており、その実現に向けて、現在の営業支援という事業をベースに、あらゆる領域で、女性が生涯活躍できるような組織にしていきたいと考えております。

現在、出産を機に離職する方は20万人、GDPで言うと1.2兆の損失があるようです。またシングルマザーである方は110万人、貧困問題も相対的とは言えど深刻になっております。さらに世帯年収も年々減少、現在世帯年収の平均は500万程度だそうです。
ここを解決できる取り組みを考えており、ビジョンまた社会課題の解決に向けて、走っていきたいと考えております。

-先ほど御社のビジョンを教えていただきましたが、社名の由来についても教えていただけますか。
豊島氏:「g-wic」とは「Generator of women’s innovation & creativity」の単語の頭文字4つからできており、

革新的かつ創造的な女性を生み出すところ。
ということを表しています。
-本当に女性のことを考え事業に取り組まれているんですね。最後に、この記事の読者にメッセージをお願いいたします。
豊島氏:はい、経営者の方が多いかと思いますので、PRも兼ねてですが、まずBtoBモデルの企業でアウトバウンドセールスをしている企業は、全体の10%と言われており、それ以外の企業様は社長の人脈や問い合わせなどに頼っているケースが殆どです。もちろんご紹介などで、長年経営されていらっしゃるような企業様は素晴らしいですが、理想としては再現性のある営業活動ができるかということが、盤石な経営基盤をつくると考えております。理想としては、2割は新規のクライアント様という状態と言われており、その2割の部分を私達がサポートさせて頂くことができれば、 きっとより強固な経営基盤を構築できるのではと考えております。
また前述させて頂きました通り、弊社は女性が生涯、活躍できる基盤づくりに取り組んでおります。弊社のクライアント様も、ビジョンやコンセプトに共感していただき、ご依頼頂ける企業様もいらっしゃいまして、是非ご共感頂けた方は、一度ざっくばらんにお話させて頂けると幸いです!! ご連絡お待ちしております^^

株式会社g-wicの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓

ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。


SHARE ON

この決裁者とコンタクト

メッセージを送るためには決裁者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる