株式会社アイ・ステーション

執行 健太郎

日本一営業に特化した会社を目指す!

人財育成に力を入れたアグレッシブなビジネス展開
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、代理店事業で培った営業力を駆使し、BPO受託事業を行う株式会社アイ・ステーションの執行氏にお話を伺います。アイ・ステーションならではの営業力の強みや実績、今後のビジョンまで語っていただきました。

株式会社アイ・ステーション 代表取締役 執行健太郎氏のONLY STORY

Img 2691

ノウハウと様々な販売チャネルで確実な成果を


–まずは株式会社アイ・ステーションの事業内容をお聞かせください。

執行氏:弊社はアウトバウンドに特化したBPO受託事業をメインに行っている会社です。

例えばメーカー様が商品やサービスを「拡販したい、シェアを増やしたい、マーケティングをしたい」と考えられた際、私たちがメーカー様の営業活動の一部を代行しています。

–ありがとうございます。営業活動の受託がメインでいらっしゃるんですね。

執行氏:はい。営業についてお話ししますと、弊社には訪問販売・コールセンター・Webマーケティングと対面・非対面問わず様々な販売チャネルがあるため、営業活動を行う上で重要なマーケティングやアポイントの獲得、その後のご提案、CRMまでを一貫して受託することができます。

だからこそ人材不足によって販売機会を失っている企業に対して、営業力で拡販のサポートができるんです。

複数ある内から適した販売チャネルを生かし、契約体系についても代理店なのか業務委託なのか人材の派遣なのか、サービスや内容に応じて決めさせていただいています。新規事業については、新規事業専門のチームが全てテストマーケティングをしています。

また、ただの物売りにならずに付加価値をつけられるよう、お客様の課題やニーズをヒアリングして利便性の向上やコスト削減、収益アップにつながる商材をプラスアルファで提案するなど、コンサルティングの要素も加えています。

–同業他社と比べて御社の特徴や差別化できるポイントはありますか。

執行氏:積み上げてきたノウハウがあること、販売チャネルの多さ、そして人財です。採用に力も入れているため、割ける人員も多いですし、優秀な人材を育成するために、人材が成長する環境や制度、教育にも力を入れています。

だからこそ、個人向け商材であれば月1000件、法人向け商材であれば月5000件の販売実績に繋がっています。

また常に新しい事業にチャレンジしている点や意思決定のスピードが速い点もアイ・ステーションの特徴だと考えています。後者に関して言えば、他社様では「明日からのスタートは難しい」と考える案件でも、明日からでもすぐに対応することができます。それができるのも、人財に強みがあるからです。

–人材育成に注力されているとお話しいただきましたが、どのようなことをされていますか。

執行氏:弊社には人材育成方針がありますので、それに則って教育制度や評価制度、報酬制度を作り、さらにそこから必要なものを社内に取り入れています。

具体的には新人研修や定期的な従業員へのアンケート調査。そのほかにも、半期に1度は社員全員と面談をして優秀な社員を引き上げる環境を用意したり、月に1回はテーマを決めて教育の時間を設けたりと様々な角度で人材育成に力を入れています。

–執行様が事業を運営する上で大切にしていることは何ですか。

執行氏:すべてのことに対して仮説を立てて実行し、検証すること。いわゆるPDCAのサイクルを最短で回すことを意識しています。日や週単位でサイクルを回していますね。

また物事を見る際は、クライアント様と自社と販売先という3つのステークホルダーの視点に立ち、先方のキャッシュポイントを理解することも大切にしています。

成果に繋がるからこそ喜んでいただける


–サービスを作ろうと思ったきっかけについて教えてください。

執行氏:現在、世の中には様々なサービスが溢れていますが、何が本当に便利で、何が自分に合っているのかがわからないと感じている方は少なくありません。一方で企業においては、本当に良いサービスをお持ちでいながらも、人材不足によって販売機会を失っている企業が多くいらっしゃいます。

そこから「様々なヒトとサービスを繋いでいきたい」と考えるようになり、現在の事業を始めました。

–御社のサービスを実際にご利用いただたクライアント様からはどのような反応をいただきますか。

執行氏:成果に繋がらないことが無いので、クライアント様にはいつも満足していただきます。

あるクライアント様の例を挙げると、私たちと取り組みをしていただくことで、クライアント様の目線だけでなく、弊社の目線が加わり、その結果KPIや業務プロセスの改善につながった事例があります。

このような多角的なサポートがクライアント様の成果につながり、満足度として現れていると考えています。

–全てのクライアント様に満足してもらうために何かされていることはありますか。

執行氏:まずお取り組みを始める前に、お互いにリスクを背負った状態であることを認識すること。そして、この取り組みが本質的にビジネスとして成り立つのか、中長期的に見て拡張性があるのかを見極め、私たちのノウハウや経験を活かしコミットできるもののみお受けすること。この2点です。

だからこそ、これまで不完全燃焼で終わることやクライアント様からご満足いただけなかったことが無いんです。

よりアグレッシブに事業を展開していく


–今後のビジョンについて教えてください。

執行氏:これまで世の中はインターネットや携帯電話、複合機、新電力といったライフラインによって大きく変化し、今はQR決裁など新たなサービスも始まり、さらに便利な世の中になろうとしています。

そのようなライフラインを展開しているのが「アイ・ステーションだ」と言われる会社になりたいですね。

そのためにも既存の事業を継続的に伸ばしていきたいと考えています。どれか1つに注力するということでなくを全て伸ばしていくつもりです。

–それを達成するために行っていることはありますか。

執行氏:人財育成はもちろんのこと、会社の成長スピードに合わせた即戦力のヘッドハンティングに今は力を入れています。

またこれまでは既存の事業でしっかりと土台を作ってきましたが、今後はよりアグレッシブに動いていくことをテーマとして事業を進めていきたいと思います。自ら取りに行くイメージですね。

–ありがとうございます。最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

執行氏:サービスには自信があるのになかなか売れないと悩んでいる企業様や営業力を磨きたい、成長したいと考えている学生さんは、ぜひご連絡ください。

執筆=山田
校正=笠原・大久保

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社アイ・ステーション

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる