人事業務を専門家へアウトソースし、生産性・業績向上

志を胸にキャリコン千人と共に見据える未来のキャリア
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、HRラボ株式会社を創業した若き女性起業家、塚田氏にお話を伺う機会を頂いた。HRラボ株式会社の事業内容から人事コンサルティングサービス立ち上げの経緯、今後の展望まで詳しくお話を伺う。

HRラボ株式会社 代表取締役 塚田 亜弓氏のONLYSTORY

Hr%e3%83%a9%e3%83%9c%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be

国家資格を持ったスタッフが人事業務にワンストップで対応


– HRラボ株式会社の事業はどのようなものなのでしょうか。

塚田氏:HRラボ株式会社の事業をひと言で説明すると、人事コンサルティングサービスです。メインとなるお客様はBtoB企業で、採用や社員教育、社員の定着など様々な点でサポートをしています。

HRラボ株式会社を設立して2年になりますが、顧問としての採用労務サポートから社員との面談など、クライアントによってさまざまな業務を受け持っています。特に、企業内キャリアコンサルティングの導入支援は、1千社を超え、おそらく日本一の数ではないでしょうか。

– HRラボ株式会社の強みや特徴はどのようなところにあるのでしょうか。

塚田氏:HRラボ株式会社の強みとしては、人事業務に関わる部分をワンストップで、幅広くサポートできるという点があげられます。採用と教育を行っている他社は多いのですが、HRラボ株式会社のように労務のサポートまでカバーしている企業はそう多くはないと思います。

さらに、全国各地に[※1]キャリアコンサルタントという国家資格を持ったスタッフがいますので、私たちが拠点とする関東以外でも活動が可能である点もまた強みだと思っています。実際に、北は北海道(旭川)から南は沖縄(石垣島)まで実績があります。


– 実際にご利用されているお客様からはどのようなお声があがっていますか?

塚田氏:クライアントは中小企業が多いので、何かひとつだけピンポイントに解決したい問題があるという会社は少ない。例えば、採用施策を進めているうちに労務問題が浮かび上がるということが珍しくありません。そういった時、幅広く、すべての問題に対応できるという点はお客様にとても喜んでいただいています。

また、人事部門をアウトソーシングする企業も増えてきているので、外部人事部として一括で任せてもらうこともあります。中小企業だと、社内にいる人が一から人事を学んで採用活動をはじめるよりも、キャリアコンサルタントの資格を持ち、ノウハウのある人事のプロに丸投げする方がかえって効率が良いことも多いです。

– 今、企業はそうした人事・採用業務もアウトソースし、業務の生産性向上や業績向上を図っておられるのですね。

塚田氏:そうですね。あるIT系上場企業様では、採用担当はいるけれど全体管理をできるリーダーが育っていないということで、その会社の社員と相談しながら戦略を考え、新卒採用事業を深くサポートさせていただきました。その当時、採用目標人数が25名程度だったのですが、必要なタイプの人材を必要な人数採用できたときは、社員さんと共に嬉し泣きしましたね。

また、飲食店を経営する中小企業様では、顧問としてスタッフとの面談を行い、第三者だからこそ話せる本音を吸い上げ、残業時間の計算から就業規則を見直すといったことも行いました。従業員の入れ替わりが激しい企業が、どうすれば人を定着させられるのかという問題を解決するために、経営者と人事担当と一緒に取り組むということも行っています。

特に経営者は、採用や人材育成は苦手なものです。なぜなら経営者は人事のプロではないから。本来専念すべきコア業務に取り組めるよう人事の部分はHRラボ株式会社に任せていただきたいと思っています。

– 任せる企業にとって、HRラボ株式会社は非常に心強い存在ですね。

塚田氏:私たちは、みなさんがそれぞれ専門としている分野に集中した方が、結果的に会社の業績をプラスにすることに繋がっていくと考えています。

そして、私たちは外部の顧問として離れた場所から携わるのではなく、その会社の問題を自分事として向き合う姿勢を大切にしています。きちんと現場で社員と同じ汗を流して、その会社の一員として、業務を行っています。

相談できる大人がいなかった。自身の経験からこの業界へ


– もともと、経営者や起業家を志していらっしゃったのですか?

塚田氏:学生時代から、いずれは自分で事業を立ち上げたいという想いを持っていたのですが、転機となったのは高校生の進路相談でした。そのとき、生まれてはじめて自分のキャリアを真剣に考えたのですが、本気で相談できる人は、まわりには誰もいなかったんです。

親世代は終身雇用が当たり前だったので、学校の先生含め、大手企業に入れば安泰と思っている人が多かったのですが、私はその考えには簡単にうなずくことができなかった。もっと自分に寄り添ったアドバイスがほしいと思っていました。そして、これから先自分のように進路に迷い、誰に相談して良いかわからない人が減るように、自分が相談に乗れる大人になりたいと考えるようになったんです。それが、現在のようなキャリアに携わる仕事に就こうと思ったきっかけに。

– その後、どのような経緯から創業に至ったのでしょうか。

塚田氏:その後、大学に進学してからは、世の中にどのような職業が存在するのか知りたく、1年生のころから積極的に社会人との異業種交流会に参加しました。そのときに出会ったひとりが経営コンサルタントに携わっていたんです。私はその人の仕事への姿勢や人柄に惹かれ、インターンを申し込み、その影響でコンサルの道へ進むことになりました。

その人から会社を経営するためには、企業で雇われて働く経験を絶対にするべきだとアドバイスを受け、大学卒業後に人材サービスの会社に2社勤めて経験を積んだ後、HRラボ株式会社を立ち上げました。

仲間を増やして、オーダーメイドのキャリア支援に注力していきたい


– 今後の目標や展望を伺ってもよろしいでしょうか。

塚田氏:HRラボ株式会社は、3期以内に年商1億円を達成し、働き方改革にも力を入れていきたいと考えています。副業や在宅ワークなども含め、従業員一人一人が活躍しやすい環境制度づくりを人事顧問として行っていきたいです。

また、会社としてできることを増やすために、優秀な仲間も増やしていきたいと考えています。10月1日からキャリア関連の有資格者を集めたオンラインサロン「[※2]キャリコンサロン( https://career-salon.jp/ )」を立ち上げたのですが、今はまずその仲間を100人、1,000人と増やしていきたいです。ここには、会社勤めの方、フリーランスの方、専業主婦の方、会社経営者など、キャリア支援をしたいという共通の想いを持った、意識の高いメンバーが全国から集まっています。

月例のディスカッション他、メンバーの個性や強みを活かした、新規サービス開発等も行っているため、それぞれの企業様の状況に合わせた環境整備と、そこで働くひとりひとりに合わせたキャリアサポートをしていきたいと思います。

– 最後に、読者に対して伝えたいことはありますか?
 
塚田氏:私たちは、まだまだ発展途上の企業です。サロンメンバーの経験や知識をお客様に還元していくことで、お客様の会社と一緒にHRラボ株式会社も成長できると考えています。人事に関するお悩みをお持ちの企業様、一緒に課題解決させてください。

また、キャリコンサロンのメンバーとして一緒に活動いただける方も、募集しています。メンバーが増えることで、それぞれの強みや個性を活かして、利益追求だけでない、真のキャリア支援活動を行いたいと考えています。想いを同じくする方々がいらっしゃったら、ご連絡をいただけると幸いです。

[※1]キャリアコンサルタント…平成 28 年4月より国家資格化。個々人の適性や職業経験に応じて職業設計を行い、これに即した職業選択や能力開発を効果的に行う専門家。

[※2]キャリコンサロン…キャリアコンサルタント(キャリコン)が集まるオンラインサロン。
全国のキャリコンが繋がりを持ち、仕事の共有とキャリコン普及を目的に活動している。HRラボにて実施した面談ケースを用いた事例共有会と懇親会を毎月開催。サロン内で、新規事業の立ち上げ等も行う

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:HRラボ株式会社

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる