株式会社セルフケアテクノロジーズ

宮地俊充

教育からヘルスケアへ! 社会課題を新しい視点から解決するシリアルアントレプレナー

国民皆保険がある日本で予防ヘルスケアの文化を作る方法を僕は知っている
SHARE ON

株式会社セルフケアテクノロジーズ 社長 宮地 俊充氏のONLY STORY

教育からヘルスケアへ。社会的意義を追い求め続ける

株式会社セルフケアテクノロジーズ代表取締役社長の宮地俊充は、いわゆるシリアルアントレプレナーだ。

2011年、30歳の時にベストティーチャーというオンライン英会話スクールで初めて起業した。

フィリピン人とスカイプでたくさん話す、というサービスが主流の中、自分が話したいことをまずは書いてから話す、という4技能のサービスを日本で初めてリリース。

大学入試に民間の英語の資格・検定試験を活用するという流れを呼び起こし、教育業界を席巻した。

そして、2016年8月に大手予備校に会社を売却。エンジェル投資家を経て、次のテーマを探していた2020年春、コロナという未曾有の危機が世界中を襲った。

コロナはきっかけにすぎない。デジタルヘルスはこれから10年伸び続ける

コロナにより、自分自身の健康を見つめ直す機会が増え、ありとあらゆる健康法やフィットネスを自分でも試した。

そして2020年5月、株式会社セルフケアテクノロジーズを友人の工藤CTOと共同創業。

どうやったら国民皆保険があり、予防より治療した方が安くて早い、という考えが浸透してしまっている日本で予防の文化を作れるのか、試行錯誤しながらプロダクトを作ってきた。

そして、2021年夏、デジタルヘルス分野で、予防ヘルスケアプラットフォームのセルフバンクをリリースする。

編集後記

セルフバンクへの期待

これまでベールに包まれてきたセルフバンクが、ついにこの夏、ベールを脱ぐ。詳細はお伝えできないとのことだったが、まずはB to B to Cで、企業や製薬会社、保険会社向けに提供するとのことだ。

シリアルアントレプレナーのCEOとCTOで創業し、日本を代表するエンジェル投資家が株主としてバックアップするセルフケアテクノロジーズ。これからデジタルヘルス業界の台風の目になるはず。

株式会社セルフケアテクノロジーズの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

SHARE ON

この決裁者とコンタクト

メッセージを送るためには決裁者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる