ASX株式会社

タデ沼 康之

「想いと強みの可視化」でユーザーの心を動かす

事業の成功は信用・信頼から生まれる
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビュ―は、スタートアップ企業や中小企業向けにWEB制作やWEBコンサルティングを展開するASX株式会社蓼沼氏(タデヌマ氏)にお話を伺います。

かつては利益至上主義だったという蓼沼氏。ある時に心が燃え尽きてしまった経験から、現在事業を行う上で大事にしていることを教えていただきました。

ASX株式会社 代表取締役 蓼沼康之氏のONLY STORY

Asx%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

ITを入口とした経営コンサルで企業をサポート


–まずは、ASX株式会社のサービス内容をお聞かせください。

蓼沼氏:弊社のサービスはWEBとITの活用の総合支援で、具体的にはスタートアップ企業や中小企業向けにWEBサイトの新規作成や既存サイトの最適化、運用、保守に加え、社内のITツールの最適化や運用代行、グループウェアやメールの環境なども含めてITツールのコスト削減、オペレーション代行や自動化による人件費削減など総合的に支援を行っております。

–同業他社と比べて強みや、差別化できるポイントはありますか。

蓼沼氏:一番の強みは、サイト制作ありきではなく、目標ありきで思考することです。目的、目標、強み弱み、どんなお客さんに訴求してるのか、ターゲットは誰かなどを明確にしたうえでサイト制作に入るので、その過程で「ホームページは要らなくないですか?」と伝えたこともあります。

例えばスタートアップ企業からWEBサイト制作の相談を受ける際、制作費や運用費をかけて本気で集客をやるのか、もしくは名刺交換をした人や知り合いに見てもらうためのホームページが必要なのかを突き詰めて、目的の整理をしていくんです。

またスタートアップ企業は事業内容を変更することもあると思いますが、事業が変わってもホームページが変更しやすいように、運用しやすいツールをご提案いたします。

–同業他社にはない、スタートアップ企業向けのお得なプランもご用意があるそうですね。

蓼沼氏:WEBサイトは、定期的に更新しながら中長期的に集客をしていくものなので、立ち上げる時に最低限スタンダードな形を作っておかなければ、事業が継続して伸びてきたときに広告やSEOに費用をかけて集客したいと思っても、引越しができず、ゼロから作り直しになったり、場合によってはドメインを変えたりしなければなりません。

そこで弊社では、スタートアップ企業限定で月額1500円のミニマムプランをご用意しています。こちらはワードプレスで構築したシンプルなサイトで、拡張性と凡庸性を兼ね備えたプランです。また合わせて無料のオンラインサロンに加入できるなど、そういったパッケージプランをご提案できるのも弊社の強みですね。

–サイトを作るだけでなく実際の営業とも連動させていくことができるそうですね。

蓼沼氏:実際の営業とWEBは紐づいていないとうまくいかないんです。弊社にはウェブ解析士の有資格者もおりますので、どういった企業、どういった属性のユーザーから流入があったのかを踏まえて集客につながるキーワードを検討したり、こういうところからアクセスがあったからDMを送ってアタックするように提案したり、といったこともさせていただけます。

また、SEOワードには成約にむすびつきにくいクエリ(検索結果)と具体的なアクションを引き起こしやすいクエリがあり、どのワードがどちらなのかはその業界のことを知っていないと区別できないこともありますので、お客様とも色々とご相談します。

IT部門は、中小零細企業であれば、ここまでのレベルのことを担える担当者がいるケースのほうが少ないので、アウトソーシングしたほうがいいと思います。アウトソーシングすることで他のことに回せる時間が増えます。

人としての在り方、人間性を磨きたい


–起業されてから現在に至るまでを教えてください。

蓼沼氏:起業した当時は、「とにかく儲けたい、有名になりたい、誰にも負けたくない」ただその一心でした。なぜかと言うと、以前勤めていた2つの会社では、叩き上げで営業部長になり、営業代行の会社であれば、サラリーマン以上に稼げる自信があったからです。

–その心境に変化をもたらす経験があったそうですが。

蓼沼氏:結局、燃え尽きてしまったんですね。ずっと勝ち負けでやってきましたので。お金を手にしたら自分が幸せになれるのかというと、そんなことはなく、むなしさしかありませんでした。

そんなタイミングで、ある日お客様から相談を受けた際に「お客様には、競合会社のサービスの方が合っています」と話をしました。本来なら競合サービスを勧めることってないと思うんですが、そのときは気持ちが燃え尽きていたので全部正直に伝えたのです。するとお客様からは「こんなに正直に言う営業はいない」と感動されてしまって。結果的に契約に繋がりました。

またこれまであまりデメリットになる話はしてこなかったんですが、サービスのデメリットを全部伝えても受注率は変わらず、むしろデメリットとリスクを先に話しておくことで、クレームがゼロになりました。

–その経験から現在に至るのですね。

蓼沼氏:当時はそれらが不思議だったのですが、そのうち「お客様が信用信頼してくれた結果が成約になるのだ」と気づき、それならば「もっと人としての在り方や人間性を磨いていこう」と気持ちが変わっていったのです。

もともとWEB制作やSEO対策については以前仕事で携わっていましたので、そこからブランクを埋めるように必死で勉強をやり直しました。

そしてWEB制作やIT事業がだんだんメインになってきたのを機に、今は利益至上主義よりも、お客様にお役に立てることを一番に考えるようになりました。

日本の仕事の在り方を変えていく


–今後のビジョンを教えてください。

蓼沼氏:日本の仕事の在り方を変えていきたいですね。というのも今後は「儲かる、儲からない」という話は価値が下がっていくと思うからです。

シリコンバレーの投資家によると、一昔前まではプランニングに対して儲かるか儲からないかで投資の意思決定をしていたようですが、最近はいかに人の役に立てるかというところを重要視して投資の判断をしていると言います。

お金儲けが目的になってしまうと、いずれ燃え尽きてしまう。そうではなく、社会的に求められていることや、貢献すべきことなど、自分の役目について答えられる社会になっていければと思いますね。

–いま現在、力を入れて取り組んでいきたいことはありますか。

蓼沼氏:今は目の前のお客様や案件に一生懸命尽くすことしか考えていません。

「今日が最後だと思って今日を一生懸命生きる」その積み重ねによって、人が集まったり、自分の魅力が上がったり。結果的に売上が上がって会社が大きくなれば、それだけ世の中に与える影響も大きくなり、「日本の労働の在り方」を変えていけるはずです。そのためにも毎日コツコツ、慌てず諦めずにやっていくしかないですね。

–ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

蓼沼氏:想いをもっている人同士が集まればものすごいエネルギーやデータが生まれると思っています。業種業態を問わず日本を変えていけるようなものを作っていきたいという経営者さんとぜひお会いしたいですね。

執筆=山田
校正=6483works

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:ASX株式会社
会社URL:https://www.asx17.com/ 

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk