株式会社budsence

ホームシアターで日本に元気を取り戻す!

リビングの利用価値を高め、“家族の集い”を創り出す
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、Budscene株式会社 並木 勇一社長


~株式会社 Budscene 並木 勇一社長~

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
1973年12月06日生まれ。
26歳までにバンドマンになることを志し、
その後、板金加工業に就職。

31歳の時、社内の同年代の
仕事への情熱と勢いを持っている
営業に刺激を受け、
防音室もホームシアターも
一貫体制で施工できる
株式会社Budsceneを設立し、
CEOに就任。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

151230dec121451466449 mg 2811

目立ちたがり屋から板金加工業へ

学生時代は、とにかく目立ちたがり屋でした。
目立つ=人気者=モテると思っていましたからね。

卒業式でわざと変な声で返事をして、
二時間正座させられても、
会場が湧けばオールOK!というくらい。
とにかく全力で目立とうとしていました。

卒業後は、バンドでビッグになろうと思い、音楽の道へ。
タイムリミットを26歳までと決め、
目立ちたい一心で励んでいました。

26歳の時にバンドを辞め、板金加工業に就職しました。
金物の製作や溶接を行う会社で、
防音室の部材製作も行っていましたが、
当時はまだ、現在のようなホームシアタービジネスは、
考えてもいませんでしたね。

設計図をもとに、こつこつとモノづくりに励んでいました。
151230dec121451464939img 6804

同年代の情熱に刺激され、防音室を自社開発


転機は31歳の時。自社で住宅を開発することになり、
社内の同年代の営業たちと接したことでした。

彼らの仕事への情熱と、勢いに圧倒されたんです。
プライドが高くて、向上心もあって、同年代に
こんな人たちがいるんだと…。

「俺もそういう仕事がしたい!」と本気になりましたね。
うちなら、防音室の設計からデザイン、製作、施工、納品まで、
全て自社でできるはずだと考え、住宅と同時に開発を進めました。

そしてお客様に売り込んでみたら、売れたんです!
それまで工場で製作していて、
エンドユーザーの反応を見られる機会は
ほとんどなかったので、感動しました。

相手が感動して、自分も感動できるなんてすごいと。
そこから防音室を売り込む日々が続きました。

防音室のお客様の多くはピアノ教室の先生で、
女性が中心。ご夫婦でご相談に来られても、
ご主人の反応はイマイチということがよくありました。

そこで、ご主人が喜べるような提案をしてみることに
したんです。ヒアリングしてみると、
ピアノ教室は、一週間で約20~30時間。

それ以外の時間は、防音室は真っ暗だということが
分かりました。

「防音室を、家族で使えたらいいんじゃないか?」と
思いましたね。

そこでホームシアターについて調べ上げ、
ご主人にご提案したんです。

そうしたら、ご主人が初めて前のめりになってくださって。
「防音室とホームシアターというのは
一緒に売れる」と気づきました。

以来、ホームシアター事業も進み、
2009年に、株式会社budsenceとして独立しました。

うちの強みは、防音室もホームシアターも
一貫体制で手がけられることです。

もともと工場生まれの会社ですから、
モノづくりも現場の施工も得意なスタッフばかり。

一般的に、ホームシアターの施工は外注に
発注されることが多いので、お客様とトータルで
接するのは、うちならではだと思います。

151230dec121451464915○1

全国のリビングに、楽しみと集いを届けたい


株式会社budsenceでは、
「楽しみと集いを実現する」ということを
モットーにしています。

最近は、共働き世帯が多くて、
若い御両親ほど、暮らしの中で
共有できる時間が少ないのです。

でもホームシアターがあれば、
家族で映画を観たり、音楽を聞いたり、
コミュニケーションの時間が気軽にとれる。
カラオケだって出来るんです。
食事以外でリビングに集まる理由の
ひとつになれるんです。

僕が子どもの頃は、家はいつも家族や
ご近所さんとかが集まる、楽しい場所でした。

そんな団らんの時間をもっともっと大切にできたら、
日本はもっと元気になるんじゃないかと思います。

ホームシアターを通じて、暮らしの楽しみを
提案するのが役目です。
現在は関東近辺の仕事が多いのですが、
今後は人員を増やして、全国にホームシアターと
防音室を普及させていきます。

また、地方の工務店などとタイアップして、
僕らの技術やサービスを、遠方の方にも
使って頂けるようにします。

最近は、いじめや虐待、自殺など、
悲しいニュースが多いですが、
暮らしに楽しさや集いがあれば
心強いことだと思います。

ホームシアターを通じて、家族や大切な人との
集いの場を創ることで、家庭づくり、ひいては
社会づくりに少しでも貢献できればと
思っています。

151230dec121451464926 mg 3103

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


株式会社budsence
http://budscene.jp

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる