株式会社ユーロフパートナーズ

本多 遼太朗

従業員1名から導入できる企業型確定拠出年金

社会保険料が下がり、企業の魅力が上がるサービスとは
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、企業型の確定拠出年金の導入・運用サポートを行っている株式会社ユーロフパートナーズの本多氏にお話を伺います。

元々ファイナンシャルプランナーとしてお金や資産に関するアドバイスを行っていた本多氏。より多くの人にお金について考えるきっかけを作りたいと立ち上げた同社の取り組みや今後のビジョンについて語っていただきます。

株式会社ユーロフパートナーズ 代表取締役 本多遼太朗氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%ba %e3%83%ad%e3%82%b4

【経歴】

1994年埼玉県生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。専攻は不動産市場分析。大学在学中からWeb開発やメディア運営の経験を積む中、個人の金融教育の重要性をより強く感じ、同大学院を中途退学して現在の株式会社ユーロフにジョイン。お金のオンラインスクール「カネスタ」では、1000人以上の受講生に資産運用の考え方を教える。24歳で1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)を取得。企業型確定拠出年金の導入コンサル事業を行う株式会社ユーロフパートナーズをスタートし、現在代表を務める。 

投資教育オリジナル動画で運用サポート


––まずは、株式会社ユーロフパートナーズの事業内容をお聞かせください。

本多氏:弊社は中小企業に対する企業型確定拠出年金の導入及び運用のコンサルティングサポートを行っている会社です。

この制度は主に大企業が利用しているものなのですが、弊社はこの大きなメリットがある制度を従業員1名の中小企業や零細企業のみなさまにも導入できる仕組みをつくりました。
実際には、まず中小企業の経営者様に対し制度の概要とメリットを提示させていただきます。その後、導入を決めていただいた場合には提携金融機関を紹介させていただき、その従業員様に対して弊社が投資教育を行っていきます。

結果として、企業様にとっては限りなく負担がなく、従業員自らが将来の資産を備えることができるようになります。

––ありがとうございます。「メリットを提示している」とのことですが、企業型確定拠出年金のメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

本多氏:この確定拠出年金という制度は特殊なものになっておりまして、実は導入すると企業の人件費が下がります。

なぜなら従業員は自分の給与から退職金を積み立てていく形になるので企業からすると従業員の給与は下がることになります。すると、社会保険料は給与に応じて決定される仕組みなので、企業が負担する社会保険料も下げることができるのです。

つまり、弊社にお支払いいただくサポート代金や金融機関への運用費用と比べてもコスト削減の効果の方が圧倒的に大きいので、企業は実質的に無料、もしくは大きな削減効果を得ることができます。そういったメリットもあり、多くの企業様たちが安心して導入されております。

––導入すると企業側にはコスト削減のメリットがあるんですね。従業員側のメリットはありますか。

本多氏:従業員は一見手取りが減ったように見えますが、投資を行うことでトータルで考えると収入が増えていきます。そして確定拠出年金という制度上、非課税である点も大きいですね。

また弊社の投資教育によって資産運用のノウハウや知見が得られるだけでなく、将来に向けて資産が積み立てられる安心感も大きなメリットだと思います。

つまり、企業様も従業員様も双方よしのサービスとなっているわけです。

––企業型確定拠出年金ではなく、そのサポートを行う御社のサービスには、他にどのような特徴があるのでしょうか。

本多氏:導入された企業の従業員向け投資教育ですね。なぜなら、確定拠出年金は運用者、つまり従業員が自ら運用しなければならない仕組みになっているからです。

例えば、他社では従業員に対して説明会や面談を行っているところもありますが、金融知識がない人にとっては一回話を聞いただけでは十分に投資を理解できないですし、運用をしていくと当然いろいろな疑問が生じてきます。

一方、弊社ではオリジナルの動画コンテンツを提供することで様々な年代の人が自分の必要な時に必要な情報が得られるような学習体制を整えています。このように投資教育のコンテンツを持っていることが弊社の強みになります。

––動画コンテンツは御社の中で大きな強みになるんですね。

本多氏:そうですね。なかには金融機関が動画コンテンツを提供していることもあるんですが、自分たちの商品を動画で紹介するとなるとどうしても公平性に欠けてしまうと思います。

現在、私たちは金融機関とは一線を置いて投資教育、金融教育を行っています。そのため第三者の意見として、客観的な分析から商品を選んで運用できる、というのは他にはない弊社ならではの強みです。

お金を学ぶ重要性を伝えていきたい


––事業を立ち上げたきっかけを教えてください。

本多氏:私は元々、ファイナンシャルプランナーとして個人にお金や資産に関するアドバイスを行っていました。その活動を続けていく中で、「日本ではお金を学ぶ重要性がなかなか広まらない」という実情に悩まされていたのです。

しかし、2019年に年金2000万円問題が社会的な話題となり、「重要性は広まらないものの将来に対して不安を感じている人は少なくない」と思ったのです。そこで、企業にも従業員にも大きなメリットがある企業型の確定拠出年金の制度を通じて、より多くの人が金融について考えるきっかけになればと思い、本事業を立ち上げました。

––事業を運営するにあたって大切にしていることはありますか。

本多氏:導入すれば企業にはコスト削減というメリットがありますが、私たちにとって、決してそれだけがゴールではありません。なぜなら、なにより導入した先の従業員の満足度や将来の不安解消を大事にするべきだと考えているからです。

そして従業員のみなさんが満足されることによって、企業価値やブランドが上がったり、従業員の労働意欲が向上したりすることは、結果的に企業にとって大きなプラスになるのです。

このようなビジョンから、私たちは事業運営を通して企業も従業員も大事にしていきたいと思っています。

運用サポートで業界ナンバーワンを目指す


––今後の目標を教えてください。

本多氏:提携した企業との関係をしっかりと保って、皆さんに気持ちよく運用していただくことが一番だと考えています。

そして最終的に、より多くの企業に「売上だけではつくれない安心」を届けたいと思っています。だからこそ、「従業員様に一番満足できるコンテンツを提供できる」企業として、業界トップを狙っています!

またこれからの時代に重要視される人材の確保という点でも、従業員想いの本制度を活用し、一社でも多くの企業様の魅力アップのお手伝いができれば冥利に尽きますね。

––ありがとうございます。では最後に、読者へメッセージをお願いします。

本多氏:これからは、企業が従業員のために安心できる将来を提供することが当然の時代になってきます。

例えば退職金が有るか無いかで、求人に載せられる情報は大きく違います。もちろん、求職者から見る企業のイメージも変わっていきます。他の施策では決して削ることができない社会保険料のコストに対して見直しができるのも企業型確定拠出年金ならではの特徴です。

以上のように、ここで取り上げただけでも企業型確定拠出年金は様々なメリットがある制度です。まずは、弊社の無料シミュレーションで導入効果をチェックできるのでお気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。ご連絡をお待ちしております。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社ユーロフパートナーズ

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk