株式会社LUCE

佐々木 純一

「話を聞く」ことでサロンを生活の一部に

確かな技術と高いカウンセリング力を持つ魅力ある美容院
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社LUCE 佐々木 純一社長の物語

株式会社 LUCE 代表取締役 佐々木 純一様

美容業界の「一番」を目指して


株式会社LUCE。イタリア語で「光」という意味を
持つこの会社は、美容院経営がメイン事業だ。
高校生のときに出会ったある美容師に背中を押され、
佐々木純一社長は美容業界に足を踏み入れる。

「とてもおしゃれで、こういう大人になりたいと
思わせる美容師さんでした。高校のとき、彼に
進路相談をしたら『美容師って面白いよ』と
勧められたので、美容学校に進学することを
決めたんです。今思えば、私の人生はそのときに
決まったんでしょうね。」

佐々木社長のモットーは「やるんだったら
とことんやる」こと。このときも、美容業界で
一番になるという決意を胸に山梨から上京した。

就職先を決めるときも、担当教諭に「一番厳しい
美容院を紹介してください」と頼んだほど、
その情熱は熱い。

30年以上続く老舗の美容院に就職し、技術を
学びながら7年間勤めた。30人以上の同期が
居たが、7年後も勤め続けていた同期は
佐々木社長を含めてたったの3人だった。

「来店してくれるお客さまに一番いいものを
提供するためにはどうすればいいか、と
考えた結果、独立を決意しました。」

美容業界のてっぺんを目指すという情熱と、
こつこつと培った確かな技術を携え、
佐々木社長は自分の店を構えた。

151113nov111447380640施術風景

スタッフからもお客さまからも「話を聞く」


佐々木社長はかつて「俺についてこい」という
タイプの社長だった。しかし壁にぶつかってしまい、
方針を改める。スタッフを引っ張っていくのではなく、
一緒に並んで歩いて行くようにしたのだ。

「そうすると、スタッフのことをよく知りたいと
思うようになりました。何が得意で、何をしたいと
思っているのか。いろいろ話しているうちに
スタッフから学ぶことも多いですね。」

そしてたどり着いたのが、人としての価値を
大切にしたスタッフ教育だ。その人の個性を
生かし「あなたが居れば大丈夫」と思える
ようなスタッフを育成している。

街なかに美容院があふれ返る現在では、技術や
商品で他社との差を付けることが非常に難しく
なっている。そこで佐々木社長は、来店した
お客様の話をよく聞くようスタッフに指導している。

「お客さまの話をよく聞き、お客さまが本当に
望んでいるものをご提供するよう努力して
います。自分たちから発信するのも大切ですが、
それ以上に聞くことが重要です。

最近ではこのサロンが生活の一部になっている
お客さまが増え、とてもうれしく思っています。」

以前は自分がいいと思ったものをお客様に
提案することが多かった佐々木社長だが、
それでは深く長い関係が作れないことに気づいた。
この手法に切り替えてから、来店しなくなる
お客様が減ったという。

「また行きたいと思うサロン」という
コンセプトどおりの美容院となっているのだ。


151113nov111447380617お客様

いろいろな場所で活躍するスタッフを応援したい


現在株式会社LUCEで働いているスタッフは、
いずれ独立したり転職したりしてサロンを
離れていく。佐々木社長はスタッフが巣立って
いくことについてどう考えているのだろうか。

「少し寂しい気持ちもありますが、どんどん
旅立っていってほしいと思います。その後は
オーナーと従業員という関係ではなく、対等な
いい関係を築いていくのが理想です。
いろんなところで活躍してほしいですね。」

佐々木社長が人としての価値を大事にして
育て上げたスタッフは、今後さまざまなところで
活躍するだろう。その活躍を見守ることが、
佐々木社長の喜びの一つである。


151113nov111447380647社員旅行

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社 LUCE
http://damia-lulu.com/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる