スタンダードキャピタル株式会社

平安名 佑太郎

起業家やベンチャー企業の“最良のパートナー”

資金調達のパイオニアとして日本を支える
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回のインタビューは、起業家やベンチャー企業への投資をはじめ、多角的なサポートを行うスタンダードキャピタル株式会社の平安名氏にお話を伺いました。現在の事業に至るまでの経緯や、事業・サービスに対する想い、将来のビジョンについて語っていただきます。

スタンダードキャピタル株式会社 代表取締役 平安名氏のONLYSTORY

%e3%83%ad%e3%82%b4

企業の価値の向上を多角的にサポート


−まずは、スタンダードキャピタル株式会社の事業内容を教えてください。
 
平安名氏:弊社は、ベンチャー企業の多角的な“企業価値の向上”を目的に、資金調達のサポートを行なっています。

具体的には、会社を起ち上げる前段階や起ち上げて間もない段階での出資や資金調達に関する相談・アドバイス等をベンチャー企業に行う、ベンチャーキャピタル事業を展開しています。

また、今後は新たな資金調達の方法として注目を集めているSTO事業も本格展開していく予定です。
 
−御社の事業やサービスの、特長や差別化ポイントをお聞かせください。
 
平安名氏:出資先企業の社長の想いを尊重していることですね。
 
一般的に出資元は、どうしても事業に対してマネタイズの視点が強くなります。そういった意向によって、作ろうとしていたビジネスがねじ曲がってしまうということがあるんです。
 
ですが、起業した社長や代表の方々は、強い意志を持って経営していますので、私たちはその気持ちを尊重するようにしています。

その上で、例えば私たちのリソースやノウハウ、人脈などを頼っていただける場合には、それに全力で応え、出資先企業がさらに成長できるようなサポートをしていきます。
 
−投資をする起業家や企業は、どのように判断されているのでしょうか。
 
平安名氏:私たちはビジネスモデルではなく、訪れた方がどういう「人」であるかという点を見ています。出資先企業のビジネスモデルが、どんなに優れたビジネスモデルでも、実際にビジネスとして通用するかどうかまで把握できません。

例えば、Appleが今のような形で進化するなんて、創業当時は誰も想像していなかったでしょう。特に、AIやブロックチェーンなどの新しい技術を使ったビジネスモデルというのは予想が難かしいものです。
 
ですので、「これは100%成功する!」というビジネスモデルを構築してきた起業家に対しても、ビジネスモデルと同時に、その人がビジネスにかける熱量や想い等、様々な視点で判断するようにしています。

その中でも、最後はやはり「人」の部分が一番重要だと考えています。

強い“想い”や“意志”に投資をする


−起業に至った経緯を教えてください。
 
平安名氏:今まで個人投資家として活動する中で、起業の夢を諦めて去っていく人を何人も見てきたんですね。同時に、これから起業を目指す方を全力で応援していきたいと思うようになりました。
 
一方で、AIや仮想通貨、ビッグデータなど、ここ数年でビジネスモデルの変化というのはかなり激しくなっています。
 
だからこそ、独自性や革新性のあるアイデアはあるけれど、資金面で困っていたり、立ち止まっている起業家を応援したいという気持ちが強くなり、起業を決意するに至りました。
 
−創業時から今に至るまで、大切にしていることをお聞かせください。
 
平安名氏:“起業家の最良なパートナーになる”ということです。

実は起業という面で見ると、日本はシリコンバレーや深圳等に遅れをとっているんですね。というのも、そういった都市では、起業しやすい環境が作られているんです。投資家から「何回失敗したの?」と聞かれる程、挑戦と失敗が当たり前の環境で、その失敗を繰り返して強くなっていく起業家がたくさんいるんです。
 
それと同様に弊社でも、1回失敗しても気持ちさえ折れずに続けられるのであれば、2回、3回と挑戦していけばいいという考えをもっています。例え1回失敗しても、強い意志を持ち、2回目にビジネスモデルのアイデアを変えたりブラッシュアップした提案をしていただければ、積極的に投資をしています。
 
まず起業しやすい環境や企業が育っていける環境を作り、本当の意味で起業家を応援するような、起業家の最良なパートナーになること。この想いは創業当時から変わらず大切にしています。

新しい形の資金調達を広げるパイオニア

 
−短期的な目標についてお聞かせください。
 
平安名氏:今、国内のベンチャー企業というのは厳しい状況にあると思います。ですので、日本の新しい資金調達の形として、ベンチャーキャピタル事業やSTO事業を世の中に広めていくのが短期的な目標ですね。
 
−長期的な展望やビジョンはどのようにお考えですか。
 
平安名氏:これまで弊社では、素晴らしいビジネスモデルや強い意志を持った起業家やベンチャー企業に対して、資金調達を中心としたサポートをしてきました。

今後は、弊社独自のノウハウや経験を活かし、シリコンバレーや深圳のように、日本国内の起業家やベンチャー企業が今以上に成長していけるような場を提供し、日本の柱を支える土台として活躍していきたいと考えています。

 
執筆=SAKUMA製作所
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:スタンダードキャピタル株式会社

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる