株式会社H.A.S

蓮沼 綾仁

物流から暮らしやすい社会をつくる! 

”軽貨物”のイメージを変える会社 
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社H.A.S 蓮沼 綾仁社長の物語

株式会社H.A.S 代表取締役社長 蓮沼 綾仁様

軽貨物 × 車


軽貨物を中心に事業を展開し、業界に新しい風を
吹き込んでいる会社がある。株式会社H.A.S
(ヒューマンアシストサービス)の蓮沼綾仁社長に
インタビューを行った。

「今では軽貨物運送業が中心ですが、以前は中古車の
売買や修理が中心でした。その経験を活かし、車両が
故障した時のレッカーやレンタカー、代車の手配なども
同時に行なっています。

運送業をやるには営業ナンバーのある車が必要ですが、
なかなか頼んでもでてこないのが現状です。なので私たちは、
そういった点で従業員にとって安心できる環境があると
思っています。」

もちろん事故がないことが一番だが、もし起きた場合の
フォローアップ体制が整っているH.A.Sでは、働く側として
余計な心配をせず業務に取り組むことができる。


150923sep09144297106512002485 870656439691627 1182176625810636266 o

助け合いで成り立つ事業


蓮沼社長と軽貨物との出会いは何だったのだろうか。

「高校時代からバンドをやっていて、それで食べていくつもり
でした。だから就職をせず、傍らでお金を稼ぐために色々な
仕事をしました。トラックの運転手、お弁当販売、車屋などを
やりましたが、最後に出会ったのが軽貨物です。
知り合いに勧められたというのがきっかけでしたね。」

物流業界には、流行り廃りがない。コストの負担なく
始められることや、大きな将来性も感じた蓮沼社長は、
すぐに参入を決断した。軽貨物業界に携わってから、
あることを学んだという。

「それまでは主に一社で事業を行なっていましたが、軽貨物
業界に入ってから協力して何かをすることを学びました。
同業者のネットワークがとても強く、助け合いで
成り立っているのだと知りました。

例えば、仕事がたくさんあって手が回らなくなったら
協力してもらったり、逆の立場になったら人を派遣しています。
自分の利益だけではなく助け合うことが、
結果としてお互いの利益にもつながってきます。」

まずは自分から与えると、巡り巡って返ってくる。
軽貨物業を始めてわかった、大切にしている考え方だそうだ。


150923sep09144297105911872218 870656333024971 745884185384344079 o

常にいい仕事をつくる


「『満足度』がリピーターにつながります。それはお客さんに
とっても従業員にとっても同じです。

例えば、同じ軽貨物という仕事でも、給料が低かったり
やりがいが感じられない仕事なら辞めると思います。
だから私たちは、従業員にとって良い仕事を
出し続けられる会社であろうとしています。」

良い仕事をつくる上で大切にしているのは、
『+α』の部分だという。

「働く側としては、故障時などのサポートが充実しているのが
他社とは圧倒的に違うポイントですね。業務内容としても、
今後は女性の雇用促進などを切り口に、今までになかった
軽貨物を展開していきます。」

結果としてH.A.Sでは、お客様にとっても従業員にとっても
良い仕事を生み出し続けている。また、独立支援制度も
充実しており、未経験者でも1年以内に独立することが
可能である。


150923sep09144297108212031404 870656103024994 8524048019422495837 o

軽貨物業界の常識を変えたい


蓮沼社長は実際に事業を始めて、軽貨物業界にたくさんの
可能性を見出したという。

「なくなることがない仕事ですし、成熟していない業界です。
まだまだ隙間がたくさんあるので、これから面白い事業が
たくさんできると思います。」

また、軽貨物を通じて目指したい世界がある。

「最近は、お年寄りが暮らしにくい風潮があると
思います。しかし、ますます高齢者は増えていくので、
物流という観点からお年寄りが安心して暮らせる基盤を
作っていきたいですね。

そして、女性の雇用や労働環境の整備によって、
子供に愛情をもって接する時間ができる環境を
つくっていきたいです。

そういったことの連鎖が結果として、みんなが
暮らしやすい社会を実現すると思います。」

今までと違った軽貨物業を展開していくことが、
私たちの常識を変える可能性がある。

最後に、若者へ向けてメッセージをいただいた。

「軽貨物と聞くと、以前のイメージで「儲からない」とか
「初期費用がかかる」など、あまり良いイメージが
わかないかもしれません。しかしここ5~10年前ぐらいから
通販の利用が急激に増えるにつれ軽貨物の需要も高まり、
以前とは状況が全然変わりつつあります。

初期費用「0」の独立支援などの制度がすでにあり、
将来の可能性も無限にある業界です。こういう世界があることも知って欲しいですし、縁あってこれを読んで気になった人は、ぜひ一度話を聞きに来て欲しいです。」


150923sep09144297107612010551 870656483024956 5201863762667611656 o

編集後記


『助け合いで成り立つ』という部分や『軽貨物を
通じて、暮らしやすい社会を実現する』という
思いに感動しました。今まで持っていた軽貨物に
対するイメージがガラッと変わり、とても面白い
業界であると感じました。

独立支援など、ここには書ききれなかった魅力も
たくさんあるので、興味を持った人はコンタクトを
とってみたらいかがでしょうか。


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社H.A.S
http://has-ltd.co.jp

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる