給料の前払いシステムで人材確保の課題を解決!

独自ネットワークを生かしたトータルコンサルティング
Large 43d8bcb9 0ff1 4942 9940 77156cc957ac
株式会社アド給

高橋位征

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回は、コストをかけずに人材確保ができ、従業員の生活の利便も図れるという「給料の前払いシステム」を企業に提供している株式会社アド給の高橋氏にお話を伺います。
 人材確保に悩む企業、お金に不安を抱える従業員の方々、双方必見のインタビューです。

株式会社アド給 代表取締役 高橋位征氏のONLY STORY

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「日払い」は職探しの重要な検索ワード


―はじめに、株式会社アド給様のサービスの業種と、その内容をお尋ねします。
 
高橋:業種はシステムになります。給料の前払いシステムによって、人材獲得、離職率の低下、福利厚生の充実といった、人材確保に関する課題を解決します。
 
―前払いシステムが、どのように人材確保の課題解決に繋がるのでしょうか。
 
高橋:転職した場合、たとえば9月1日から働き始めて、給与の振込が翌月の25日に定めている企業の場合ですと、最大55日間も給料がもらえないことになります。そういった無給の期間が長いことに悩む人は、日払いの仕事に流れたり、消費者金融を利用することもあります。
 
そうしたことを防ぐため、弊社の立替システムを使ってもらいたいんです。キャッシュフローを考えると自社で日払いをするより、効率化も図れ、離職回避にもつながりますので。
 
職探しの検索で、日払いという検索ワードは、場所、給料に次いで3番目に高いんです。求職者の日払いというニーズに応えられれば、離職してかない環境づくりにもつながります。また、そのサービスがコストなしで導入できるのが弊社の一番の強みだと思います。
 
―システム業界の中で、他社との差別化ポイントはどういったものでしょうか。
 
高橋:システムで言うと、管理画面は手間を極力省いた仕様で、実務担当者が使いやすい設計にしており、コストも抑えたものになっています。

また、導入後のフォローに力を入れたり、使っていただくお客さんに便利なポイントの提供なども行なっています。そこは同業者との差別化に繋がっていると思いますね。
 
―具体的にどういった部分が好評なんでしょうか。
 
高橋:弊社は全国に総代理店網を構築していますから、都内はもちろん、全国どこの企業様にも直ちにフォローができます。また、人材トータルコンサルという形で、企業様のお困りごとに応じてシステム以外のサポートもしてまして、このサービスは特に喜ばれています。
 
他にも、弊社システムを導入して、銀座に新規オープンした店舗に、一気に十数人の応募があったというお喜びの声もいただいています。

給料の前払いで信用リスクを回避


―高橋様が起業に至った契機や経緯、起業に対する想いなどをお聞かせください。
 
高橋:ある銀行がこういうビジネスをやっていましたが、そこはシステムだけ貸して、前払いの費用は企業様負担なので、あまり意味のない事業に思えました。それで企業負担なしで、効率よくベンチャー化できないものかと考えたのがきっかけです。
 
消費者金融とかカードローンは便利かもしれないですが、それには信用リスクが伴い、もし信用が損なわれれば、生活する上でいろんな障害が出てきます。せっかく企業で働いているなら、確定した給料を先に出してあげれば借金しないで済みますからね。
 
―高橋様自身の大学卒業後のキャリアをお聞かせください。
 
高橋:株式会社USENに入社し、営業職に就き、のちに事業所や支店、コールセンターの立ち上げなどを任され管理職になりました。でも、7年で辞めて、レジャーホテル系の運営管理コンサル会社に入社しました。

その会社の役員時代に、不動産金融業界に触れて、そこで社内ベンチャーを立ち上げ、営業体制やシステムを整えてから独立しました。起業したいという想いは大学卒業時から持っていたんです。
 
会社を立ち上げることは大変ですが、人の想いをつかみ、関わりがより強くなれたときの楽しさを思うと、やはり自分で立ち上げた愛着を感じますね。
 
―社名の由来はなんでしょうか。
 
高橋:前払いをアドバンスって言いますが、前進、飛躍という意味もあります。「給」は給料で、先払いが生活の向上に役立って、前に進めればという想いでつけた社名です。

金融業と人材業の両面に特化した事業展開を目指す


―それでは、今後の展望を伺いたいと思います。
 
高橋:短期的目標は、導入企業数と立替金額に関して設定した数字の達成です。長期的には前払いだけではなくて、金融業と人材業の両面に特化した事業を展開したいと考えています。金融業をしていて、企業に直接お手伝いできるのでは、と思うことが多々あったので。
 
―今後、どういった会社にしたいですか。 

高橋:労働の対価として手にするお金の大切さを認識し、しっかりした使い方をすることで、お金の価値も高まり、自分の価値も上がっていきます。その一助となるようなサービスを提供していきたいですね。

 ー最後に読者へのメッセージをお聞かせください。

高橋:企業の従業員が弊社のサービスで、不安なく働けたら会社側へのメリットにもつながると思います。先払い自体の是非も言われますが、企業様には働く人の目線に立って、弊社のサービスを検討していただきたいと思います。
 
 


執筆:増田 晶嗣

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社アド給

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様